左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株と為替】株高とドル安のトレンドは崩れず?根拠のない発言は無視!【8月11〜14日の週間相場展望】

【株と為替】株高とドル安のトレンドは崩れず?根拠のない発言は無視!【8月11〜14日の週間相場展望】
今週も基本的には何も変わりません。株高とドル安のトレンド継続と見るしかないでしょう。最近は暴落厨があーだこーだYouTubeなどで騒いでるようですが、3月からずっと見てきた光景。半年、1年叫び続けて下がるのを待ち続けるのでしょうか?馬鹿の極みですねwww

右肩上がりの相場は存在しませんし、これだけ株価が上がればダウンサイドリスクは当然高くなります。しかしながら、いつ下がるかというのは誰にも分かりませんし、そんなのを正確に予想して先回りできるなら、その人は億万長者どころか世界有数の誰もが知る金持ちになってないとおかしいです。まぁユーチューバー()はもちろん、エコノミストらの根拠のない発言は無視するに限ります( -з)ムシムシ

世界No.1の投資家と言えば誰もがバフェットを挙げると思いますが、バフェットのスタイルは超長期投資、その企業が良いと思ったら、何があろうとトコトン買っていく、握り続けて安くなれば喜んで買うと、これが1つの王道の形ということになります。

というわけで、とにかく株は買い続けなさいという話ですね。売るのは下げトレンドが始まってからで十分。何度も繰り返しているように一気に買うと下がった時に辛くなって握力が下がりますから、何回かに分けてエントリーしましょう。

\ゆきママも使っているIG証券はFXから米国株、ゴールドなどの商品CFDもできるオールインワンの総合口座!/

それでは、いつものように今週の株価、為替の展望について簡単に解説しておきたいと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ


株:ナスダックのポジション調整下落はチャンス!グロース株を買え!!

ここ数年問題になってますが、目先でも大問題なのは低金利・低インフレ・低成長の常態化ですからね。そんな中で成長性の高い企業、グロース株はより魅力なわけで、だからこそナスダックは史上最高値を更新し続けています。まぁバリュエーションどうこうよりも、単純に決算が良くて成長性の高い、魅力的に映る企業の株を買えば良いと思います。ズームとかズームとかズームとか…(震え声)。

ダウ平均株価指数(日足):TradingView

ダウは6月の高値である27,500〜27,600ドルに迫ってきました。まぁ調整を思わせる場面もあるのですが、なんだかんだ底堅いです。度々、鍵となっているのはワクチン期待で、これが高まると循環物色で買い戻されがちです。

しかしながら、昨日の記事でも書いたようにスーパーワクチンでも出てこない限りコロナは終わらないわけで、失業保険、給付金パワーでどこまで消費が維持できるのかも気になります。米指標は今後も厳しそうで、そういった意味でダウを買う理由はあまりないように思います。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

買われまくるハイテク株。先月下旬にナスダックが10,200〜10,300ドルに下げた時、調整が始まるといった大合唱でしたが、蓋を開けてみれば最高値更新と。私は買いって言いましたよねぇ(ニチャア…)。まぁ200〜300ドルの急落があれば、すかさず押し目を拾いたいというのが本音でしょうか。今なら10,500〜10,700ドルレベルは値頃感での買い場。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・指数トレードはナスダックを中心、大きな調整下落があればすかさず拾う
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込めないので今はひたすら様子見
トレード戦略は何ヶ月も変わっていません。とにかく買われている株を買うというのが王道です。コロナで散々売り込まれた株が少し反発したからといって飛びつくのは情弱の極みですね。コロナ次第でまた死ぬわけですから。

というわけで、同じことを繰り返しいってますが、コロナ禍でも決算の強い企業、成長性の高い企業の株を買っていきましょうということで。要は持続的に買われれる株を買うと。指数ならナスダック、FANG指数(`・ω・´+)キリッ

為替:ドルの上昇は迫力不足、引き続きユーロの買い戻しとドル安継続

雇用統計が事前予想値を上回ったので、もう少し反発するかなとも思ったんですけど、そこまで買い戻しは進みませんでしたね。全体としては雇用統計をきっかけにして利益確定が進んだといった感じでしょうか。

ドルインデックス(日足):TradingView

もっとも、ドルインデックス(主要通貨に対するドルの強さを指数化したもの)を見ると、そろそろ下落一服の調整模様なので、過度なドル売りというのは一旦ストップかもしれません。94.0ポイントラインを超えてくると、ドル買い戻し機運が高まるかもしれません。

それでも、とりあえず過度なドル売りの想定は一旦避けつつも、トレンドは継続と見ておきたい、そんな感じでしょう。トレンドの変化については、やはりユーロ売材料が出てくるかどうかだと思います。欧州ではにわかにコロナの感染者が拡大していますから、経済活動に具体的な悪影響が出た際には、トレンドの変化に気をつけたいところでしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは1.19ドル台に乗せる場面があるも伸ばしきれずの展開でした。今は1.190ドル前後がレンジ上限といった感じでしょうから、この前後が目先の目標、1.18ドル台半ばから後半にかけては利食い水準ということになるでしょう。もちろん、1.190ドル台に定着すれば、1.20ドルの大台節目ブレイクへの期待が高まる。

一方、1.170ドルを割り込む水準、1.169ドルを損切りとすれば、今の1.17ドル台半ば前後は買いたい水準。1.170ドル台を明確に割り込めば、次の下値のターゲットは21日移動平均線(1.16426ドル)の絡みとなりそうで、ここを防衛できる確認して再度ロング

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

雇用統計の強さの割りに、ドル円も案外伸びない展開。やはり21日移動平均線(106.226円)は遠く、ここから106円台半ばにかけてはレジスタンス(上値抵抗)ゾーンとなりそうで、損切りは早めなら106.60円レベルにとりあえず置いておきたい

一方で下値余地もそれほど大きくはなく、やはり株高といったリスクオン商状も円買いには結びつきにくいといった状態。株安への確信がないと手が出ないか。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルについては、先週も買いた通りでドル安を頼りに上がってきた感がある。そこそこタカ派的なBOE(英中銀)イベントを受けても伸ばしきれなかったのを見ると、一段の経済指標の良化など、直接的なポンド買い材料が必要なのは明らか

売れとは言いませんが、極端なドル安の動きがやや一服している今、あえて買う通貨ペアでもなさそう。秋冬にはブレグジットも佳境に入るため、その辺がクリアになってからでも十分でしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円は戻り売りだが軸足は様子見、通貨ペアによって対応が難しい
■ユーロ米ドル
・基本的には買い一択、短期的には1.17ドル割れまで買い続ける
■ポンド米ドル
・強いドル安の支えが一巡しつつある今、あえて買う必要はない
■豪ドル米ドル
・RBAイベントは無難にこなしたが、上値は期待しにくいか
■NZドル米ドル
・オセアニア通貨を買うなら豪ドル米ドル、売りならこっち
ドル安トレンドそのものに変化があるとは思いませんが、過度に進んできた分、軸足をややニュートラル方向に向けることは必要でしょう。ユーロドルの押し目を狙いつつ、ダメそうなら一旦撤退して材料や底を確認してまた入れば良いでしょう。

先着4万名の激アツキャンペーン!LINE FXで1回取引で5,000円!!

きたああああ!というわけで、LINE FXでは1周年記念キャンペーンとして、口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。対象期間は8月31日までですが、先着4万名限定なのでお急ぎください(((((っ・ω・)っイソゲイソゲ-!
LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■キャンペーン開催期間
 口座開設申込対象期間:2020年7月15日(水)〜2020年08月31日(月)23時59分
 取引対象期間:2020年7月15日(水)〜2020年09月4日(金)NYクローズ

■対象者
 口座開設対象期間中に口座開設後、取引対象期間中に新規1Lot以上の取引を完了したお客様
 *先着4万名様限定

■1Lot取引するために必要な資金
 LINE FXでは1Lotを1万通貨としているため、「1ドル=100円」のレートであれば、1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。しかし、レバレッジの仕組みによって、資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 ただし、為替の急激な変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ現金5,000円を入金します。

■特典の付与時期
 2020年9月中旬〜下旬頃に特典付与します。
 ※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
とりあえず、4万円突っ込んで1回取引すればOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンは、もはや絶滅危惧種!数年に一度レベルですから、ぜひこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!


※トップ画像(swissmacky/Shutterstock.com)

ここだけは絶対に持っておきたい口座&やっておきたいキャンペーンまとめ

専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!このブログだけ現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひどうぞです(*・∀・)从(・∀・*)win-win↓

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の米国株投資Wレポート
 
LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設
 
外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で2,000円キャッシュバック(対象期間:口座開設月から翌々月末まで)
 
LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX
 
アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート
 
マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX
 
DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込
 
みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX
 
FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK