左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【君子は豹変す】アライ銘柄もテスラも大幅高!バフェットもついに金鉱株に手を出す…【8月18〜19日のトレード戦略】

【君子は豹変す】アライ銘柄もテスラも大幅高!バフェットもついに金鉱株に手を出す…【8月18〜19日のトレード戦略】
君子豹変 小人革面(易経、革卦)

タイトルにもあるように、ついにバフェットも金鉱株(バリック・ゴールド)に手を出しています。バフェット率いるバークシャー・ハサウェイはゴールドマン・サックスの株式を全て売却し、JPモルガンやウェルズ・ファーゴなど銀行株の持ち株を急激に減らしたことが分かりました( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

バフェットは以前から本質的な成長のない金(ゴールド)に投資するのは機会損失につながると公言していましたが、それを覆すことになりました。真意は定かではありませんが、コロナ禍でかつてないぐらい見通し不透明というのは繰り返し強調していましたし、それだけ確信を持って投資したいものがないということなのかもしれません。

あとは、何度も繰り返しているように、これだけ世界的に中央銀行、そして政府がお金を印刷しまくれば、最終的に相当なインフレ、現金そのものの価値毀損は間違いないと見ているのかもしれません(*・ω・)*-ω-)ウンウン

いずれにせよ、バフェットすらも金に投資し始めたということは大きいと思いますので、安定感を好むのであれば、長期前提でETFなどを購入していただければと思います。

そんなこんなで、今日はゴールドから株、為替について簡単に解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。


金&原油:金は強気、長期はコツコツ買って下げた時に大きく買い

ドル安の影響もあって金は堅調。基本的な投資方針は下記の記事を見ていただければと思います。まぁデイトレレベルでも基本的には押し目買い・ロングという戦略がベターでしょう。

【Gold】金価格暴落もまだまだ強気で買い?上昇の背景と今後の展望解説!【まとめ】

ちなみに金鉱株について聞かれるのですが、実質的にレバレッジ効果があるのでリスクをとってでも金価格の上昇にかけるというのであれば良いと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

このレバレッジ効果については、例えば現在の金相場は1オンス=2,000ドルぐらいの水準ですが、仮にある会社の採掘コストが1,900ドルだとすると、1オンス掘って得られる利益は100ドルということになります。

しかしながら、金相場が1オンス=4,000ドルになったとすると、採掘コストが据え置きなら利益は1オンスあたり2,100ドルまで増えることになります。

このように金相場は2倍にしかなっていませんが、会社が得るリターンは21倍にまで増えることになります。このことから、金鉱株というのは大きなリターンを得ることができます。

一方で、下がると損失は無限大のところがありますし、機関投資家などの売り買いによって大きく振らされることもあるわけですから、しっかり利食い・損切りができない、トレードがあまり得意でない方は金鉱株よりも現物ETF(1540か1326)で投資をした方は良いでしょう。

それから、原油についても質問があるのですが、昨日のOPECの減産順守率95-97%という高水準はプラスですし、今日に延期されたJMMC(共同閣僚監視委員会)もおそらくは無難にこなすように思います。

ただ、米国の製油所稼働率を見てもまだまだ7〜8割の運転でやっているのが現実ですし、本質的には需要が伸びてこないと、いくら減産を続けても上昇は難しいでしょう。秋冬の第2波前提なら見通しは暗いと言わざるを得ません(ヾノ・ω・`)ムリムリ

株:アライ銘柄絶好調!1日で500万円以上増えちゃいました!!

ズムズムズーム(・∀・)zoomzoom♪ 私、買えって言いましたよねえええええ!!昨日はズームが21ドル以上の上昇となり、1,600株ホルダーのゆきママ大勝利!まぁこんなもんです。正義は勝ぁつ!そして、上昇の背景はZoom Phoneの評判の良さと決算期待ですね。

Zoom Phoneはクラウド電話サービスで通話記録を聞く・見ることで一元管理がしやすくなるやつですね。ちょうど昨日、新プランとサービス地域の拡大発表があったようです。まぁ自動書き起こし機能などもあるので、テレワークとも相性が良いんですよね。営業サボってる奴は干されるで!!ビデオチャットで知名度が上がったことで導入する企業が増え、コールセンターなどでも導入が広がって可能性は無限大!

あとはクレジットカードの支払い履歴から、Zoomの決算がコンセンサス予想よりも高いとのエコノミストのレポートで期待感先行で大きく上がりました。中小企業で有料顧客を増やしているようです。

テスラ(日足):TradingView

あとは、ご覧のようにテスラ(TSLA)も狂い上げ。売り豚逝ったぁ!!さすがに上がりすぎで、1,300〜1,500ドルぐらいまでの調整は全然あると思いますね。ゆきママも30株買ってますが、買うなら1,500ドルぐらいに下がっても余裕を持って喜んで買い増しぐらいのお金を残して買う方が良いと思います。

ごく短期、デイトレレベルなら関係ないですが、数ヵ月、半年1年持ってそれなりに値幅を稼いでいこうというのであれば、余裕残しじゃないとワンショックで死んでしまいますΩ\ζ゚)チーン

まぁ株に関しては、コロナ後の米国のマネーフローの増加は戦後以来、過去75年で最大ということで、歴史的な年です。まだまだ上昇余地はあるでしょうから、ある程度は買わなければ話になりません。全資金の2〜3割ぐらいのポジションは常に持っておき、短期的に訪れる5〜20%の調整で喜んで拾えるようにしておきましょう。

あとは、何度も言っている通り割安な株を買うのではなく、買われている株を買いましょう。循環物色で航空株、銀行株が買われていますが、バフェットがほとんど切っているという事実は無視すべきではありません。コロナ禍でも決算の良かったハイテク株を中心に買い進めていくのが重要です\(`・ω・´+)コレダイジ!

\ゆきママも使っているIG証券はFXから米国株、ゴールドなどの商品CFDもできるオールインワンの総合口座!/

先週はピーク時から含み益が−1,700万円減少という悲惨な場面もありましたが、週末に一気に+700万円回復、そして昨日+500万円、この間に200万円ぐらいの利益確定も行っていますから、実質+1,400万円、差し引きで−300万円にまで戻しました。ほぼ億り人復活へ!!

為替:ドル安が加速中!ドル安の割りにはユーロドルは迫力ない印象

追加経済対策法案が暗礁に乗り上げたというか、株価が大きく下げない限りは、おそらくトランプも簡単には妥協しないんでしょうね。これでダウが一段と下がれば別なんでしょうが。

というわけで、追加の経済対策法案については、チョロチョロ交渉はしているんでしょうが、やはり株価が大きく下落しない限りは上院再開の9月初旬ぐらいに決まりそうで、これに対する不透明感、米長期金利(10年債利回り)の低下も手伝ってドル安が加速しているといった状況です。

ドルインデックス(日足):TradingView

ご覧のようにドルインデックス(主要通貨に対してドルを指数化したもの)は、再び下げに転じています。まぁドル安そのもののトレンドというのは、引き続き普遍でしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルに関しては、1.190ドル台の高値をつけています。ただ、個人的には迫力不足。あくまでドル安の恩恵を受けての上昇なので、短期的なトレンドとしては、見かけよりも強くないと考えています。

欧州でもコロナの感染拡大が見られますし、週末には欧州PMI(購買担当者景況指数)の発表がありますから、今の高値でわざわざ買って追いかけたくはないですね。

短期的には1.20ドルの大台を一度ぐらいはためしそうなので、1.17ドル台で仕込めているのであればホールドで良いでしょうが、追っかけ買いはNGということで。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は予言通り107円が天井でしたね(*`・_・´*)ドヤ♪ やや株安の流れによる円高、週末のトランプ発表による中東情勢の不安定化懸念、あとは安倍首相の辞任説なども上値を重くしているでしょうか。

もっとも、直接的にはドル安の影響の方が大きいわけで、極端な円高を想定してというのは難しいと思います。トレンド的には弱いですが、まずは106円台までの戻りを待って、そこを叩いていきたいところでしょう。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドもドル安の恩恵をフルに受けて高値圏へ。まぁこちらも追っかけ買いは避けたいところでしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円なら戻り売り、クロス円(ポンド円やユーロ円)は株高のリスクオンに確信があるならロング
■ユーロ米ドル
・基本的には押し目買い・ロングですが、米国の政治的な動きには注意
■ポンド米ドル
・ユーロドルと同様で押し目買い・ロングだが、米国の情勢に警戒
■豪ドル米ドル
・米中対立、ロックダウンなど悪材料が漂う、少なくとも今は買いではない
■NZドル米ドル
・あえてトレードするなら売り方向で
目先は米国の不透明さを意識してのドル安トレンドは継続でしょうが、共和党と民主党で電撃合意という話になってくると、急にドルが切り返してくるパターンも考えられるので、特に株価が大きく下がってきた場合はポジションを利食いしてより慎重になった方が良いでしょう。

\お急ぎください!LINE FXで先着4万名限定で1回取引5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!/
LINE証券 FX口座開設

【株の買い方について】IG証券はレバレッジをかけれるのもメリット

ゆきママは米株のトレードにIG証券を使っていますが、レバレッジをかけられるメリットがあるからですね。まぁメリットとデメリット、買い方のイメージについて簡単に解説しておきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

ちなみに、ゆきママはとりあえず3割ぐらいの資金で買って、下がった時に3割の資金で買い増し、残りの4割は暴落用資金として余裕残しの投資法を推奨しています。

具体的には、100万円の資金があるとすれば、とりあえず買うのは30万円までですね。これはレバレッジをかけずにで、30ドルの株なら100株程度までのポジションにとどめるということですね。残り30万円は下がった時にコツコツ買う用の資金、残り40万円は温存です。

まぁこれぐらい慎重にやっていても、本当に暴落が来るとポジがパンパンになるか資金は足りなくなりがちなので、レバレッジをかけられるIGを使っている感じですね。もっとも、株の場合は2倍以上のレバレッジは危険なので、入金しているお金の2倍以上のポジションを立てないように、100万円口座にあるとすれば、200万円以上の株を買うと結構危険です。

ちな、ゆきママは合計で40万ドル(6,000万円)ぐらいの買いポジションを建てているのですが、これで大体1日4,000円以上コストになります。1日だと0.007%満たないコストですが、30日で0.2%ぐらいになってしまいますし、1年とかだと2%かかるので長期保有には向いていませんが、レバレッジがかけられる、言い値で気軽に売買できるのは大きいと考えてます。

CFDのメリット・デメリット

■メリット
・レバレッジがかけられる
・スピーディで簡単に売りからも入れる
・スプレッドが狭く取引コストも減にも
■デメリット
・長期保有には向いていない
配当を狙うために5年、10年先を見据えて買うのであれば、楽天証券やマネックス証券を活用すると良いでしょう。一方で、長くても数ヵ月レベル、2枚程度のレバレッジをかけて瞬発力を高めて値幅を取っていくなら、CFDが良いでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
今後、治験失敗でバイオ株が全滅するような相場にも向いてるのだ!絶対に滑らないノースリッページ注文や購入額以上の損失が発生しないノックアウト・オプションもオススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料など無料▼
レバレッジをかけて短期勝負もできるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Roman Samborskyi/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK