左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【為替】アベノショックも値動きは限定的!ドル安継続の鍵はユーロ?【8月31日〜9月4日の週間相場展望】

【為替】アベノショックも値動きは限定的!ドル安継続の鍵はユーロ?【8月31日〜9月4日の週間相場展望】
二階派が菅氏支持の方針固めると報じられていたので、次の首相はガースー当確ですね。まぁ無難というか、最も波風の立たないパターンかと思います(´・ω・`)=з

為替相場に関しては、やはり一過性の値動きに終わる可能性が高そうですね。週明けもほぼヨコヨコ。先週末にもツイートで述べた通り、極端な円高の値動きというのはなかなか想定しにくいです。


というのも、そもそも何故リスクオフ(回避)、世界で問題が発生すると円高になっていたかと言えば、リスクオン(選好)時に資金調達の一環として売られた円、超低金利の円がキャリートレード(金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買う)に使われていた反動によるところが大きいです( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

単純に言えば円売りで建てていたポジションを一旦手仕舞うことによる反動です。この巻き戻しの動きがパターン化することで、リスクオフになれば円高となっていました。まぁ低成長のデフレで低金利がずーっと続いてきましたから、これが1つの鉄板パターンだったわけです。

しかしながら、世界的な経済の停滞でここ数年はユーロなどもキャリートレードの対象になってきましたし、そういう流れもあって極端な円高というのは発生しにくくなっていますので、今回も一気に100円割れを目指すとか、そういう値動きには結びつきにくい気がします。

ただし、先週はパウエルFRB議長が掟破りの2%以上のインフレ容認となったわけで、これによるドル安もありますから、ドル円の上値は重くなるでしょう。もっとも、これはこれで米国株高にもつながって資金が還流するわけですから、極端なドル安という話でもないんですけどね。

というわけで、今週の為替の注目点や展望、具体的なトレード戦略について解説していきたいと思います。


根底にあるドル安トレンドは継続しやすいが、やはりEUの経済が鍵!

近年、売られ過ぎていたユーロの反発が根底にあるドル安という大きなトレンドそのものは引き続き継続すると考えています。EU復興基金・共同債という枠組みも非常に大きいですからね。

しかしながら、ゼロ金利政策の長期化によって、これだけ米国の株が上昇する、将来的な経済が強そうという話になってくると、ある程度の米国資産への回帰というのは当然の流れですし、それによって債券が売られて10年債利回りが上昇するのであれば、短期的なドル高というパターンも十分です。

なので、やはりユーロの本質的な強さ、経済は大丈夫かということが大きなポイントとなるでしょう。今週は雇用統計週ということで米国の重要指標発表も相次ぎますが、欧州も消費者物価指数などが発表されますので、その辺の数字、米欧の経済格差というのは意識して見ておきたいところでしょう|ω'*)ジー

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルに関しては、やはりドル安に支えられている印象が強く、先週ドンピシャだった1.17ドル台、1.176〜1.178ドルではしっかり拾って損切り浅めに1.174ドルというトレードならできると思いますが、追っかけ買いは厳しいのかなという印象です。

ユーロ自体がかなり反発してきたこともありますし、EU復興債といった好材料はほとんど織り込まれていますからね。あとはEU圏の経済がどれだけ米国を上回るかという話なのですが、ここ最近はEU圏でのコロナの感染拡大も目立ちますし、経済指標も米国同様に低調ですからね。

チャート的には目先高値の1.1965ドルを上回るようであれば、もう一段、1.200ドルの大台節目チャレンジといった感じですが、そうならないとダブルトップ気味で反落しやすい形に見えます。

まぁ今は押し目待ですね。ドル売りに一定レベルの安心感はありますが、先週末に金利の上昇でドル買い戻しが進んだように、短期的には反落リスクが結構あるかなと思います。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は、はっきり上値が重いのでトレードするなら戻り売りでしょう。特にユーロが買えなくなった場合、EUに悪材料が出た場合にドルもユーロも買えませんパターンで円買いが進むパターンが一番下落しやすいと思います。それ以外だと、暴騰でも解説したように極端な円高相場というのは想定しにくいです。

今のところは、下げても105.00円、上げても107.00円と言ったレベルなので、トレードするのであれば、やはり106.00〜106.20円ぐらいに反発してきた辺りから軽く叩いて、106.60〜106.70円で厚めに売り、損切りは107.20円ぐらいに置いておけば良いでしょう。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンド最強という相場…まぁ昨年末高値の1.35133ドルも超えちゃいましたしね。まぁEU離脱問題で売られ過ぎたということなのか。爆弾はたくさん抱えているように思いますが、英大手企業の買収報道もあり、ポンドそのものも買われる流れです。

トレンドフォローという意味で、とりあえず1.350ドル割れに損切りをおいて買い続けるしかなさそうです。損切りだけしっかりおいて、利益は伸ばすだけ伸ばすというのがポンドのトレードスタイルでしょう。


すみません…1.35ドル超えてませんでした…疲れで目が腐ってました。まぁ1.335ドル割れに損切りを置いてロングの間違いです。すでに割ってるw まぁポンドドルはしっかり浅めの損切り、利益追求が大事だと思ってます。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円なら戻り売り、クロス円(ポンド円やユーロ円)は株高を確信ならロング
■ユーロ米ドル
・コロナ感染拡大や欧州PMIの下振れで上値は重は重い、押し目をじっくり待つ
■ポンド米ドル
・ドル安の恩恵を素直に受ける、ユーロの上値が重くなっているのとは対照的
■豪ドル米ドル
・ドル安が支えだが、米中対立などあからさまなリスクがあるので様子見
■NZドル米ドル
・同様にこちらも様子を見たい
とりあえず、まずはユーロドルの押し目を待てば良いでしょう。先週も十分引きつけてトレードできるタイミングがあったので、ユーロ買いがいまひとつでレンジ気味ですから、今週も待ちです。どうしてもトレードをしたい場合は、ポンドルを軽くロングしてどこまで伸びるのかを見守る感じで。

というわけで、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この後、夕方ごろに株価展望記事も書いていきたいと思います。明日未明にはズーム(ZM)の決算発表もありますからね。ちなみに、興味がある会社・サービスがあれば、ぜひぜひゆきママのブログのバナーを活用ください。更新意欲がアップしますΣ(☆∀☆〃) キラーン!!

【ノースリッページ注文】海外FXよりも魅力的!絶対に滑らない注文

激しく急騰・急落する相場では約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、139.90円に逆指値として損切りを設定していたのに、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということがFXの世界では頻繁に起こります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります_:(´`」 ∠):_グハッ!

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を利用すれば、絶対に指定した逆指値で約定します!海外FXで追証のないゼロカットなどを採用していて、それをウリに勧誘してくる人もいますが、ほとんど詐欺なので海外FXの利用は止めましょう。

【完全に詐欺】メリットゼロの海外FXとバイオプの闇を暴く!紹介者は全て巨額の報酬に群がる詐欺師です

しかも、このノースリッページ注文は、仮に取引のできない土日、クリスマス、元日といった休場の時に大きな材料が出て窓開けになったとしても、必ず指定レートで逆指値が約定します。きっちり損切りを置いてリスクコントロールが可能なのは大きいです。IG以外の他社は窓開けはガード不可の損失になりますからねd(´ー`*)ネッ!

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
上記は豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

\IG証券のノースリッページ注文なら相場の急騰・急落、窓開けも安心!/
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

※トップ画像(ViewFinder nilsophon/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【4月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

外為ジャパンFX】最大23,000円キャッシュバック
【外為ジャパンFX】申込

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK