左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【悲報】米株大暴落でロビンフッターがイナゴの佃煮に!雇用統計の戦略は?【9月4〜5日のトレード戦略】

【悲報】米株大暴落でロビンフッターがイナゴの佃煮に!雇用統計の戦略は?【9月4〜5日のトレード戦略】
ダウ平均株価が1,000ドルを超える下げを記録、ナスダック総合指数も−5%近い下落となるなど、米国株は大きく下落。とりわけロビンフット銘柄、 米国のロビンフット証券が提供するスマホアプリで売買する若者たちがコロナ禍の給付金でトレードしているハイテク銘柄が大きく値を下げました


全セクター下げましたが、特にキツかったのはアップル(AAPL)テスラ(TSLA)などですね。イナゴタワー崩壊…(´・ω・`) バイオテクノロジーやエネルギー、銀行株はまずまず底堅い値動きを続けています。

下落の背景は、米国レイバー・デーの連休に向けての利益確定の動きや、連休明けから再スタートする経済支援策の与野党協議が難航するとの見方などが重なったとされています。マコネル上院院内総務が米大統領選前に合意するのは不可能だろうと述べたことなどが強く影響してます。

まぁ基本的には絶好の押し目の認識ですが、今日の雇用統計の数字にも影響を受けるでしょうね。展望記事にも書いたのですが、経済支援策の効果が薄れる中で雇用市場の回復が停滞しているとすれば、やはり強気な相場というのは描きにくいですからね。

米株急落はナイアガラの兆候か?今夜の米8月雇用統計が分水嶺に=ゆきママ(外部サイト:MONEY VOICE

2日水曜日に発表されたADP雇用報告が市場予想を大きく下回った際は、労働市場の停滞=金融緩和策の継続という解釈で株価は全戻しからの大幅上昇となりましたが、流石に今日本番の雇用統計の数字も予想をしっかり下回ってくるようだと、もう一段の調整を覚悟しなければならないように思います。

なので、まずは雇用統計の数字を確認してということになります。良ければ押し目の認識で、悪ければもう一段の下落に備えてさらなるおしめを待ちましょうということで。


昨日はズームとテスラを100株ずつ追加したのだ!まぁコツコツやってくのだ!!相場のリアルタイム解説、トレードはアライさん(@pawhara_arai)が担当しているのだ!!!

アライさん(ゆきママ)も絶好の押し目の認識ではありますね。ただ、雇用統計の結果は水物ですから、さらなる下げに備えつつも少しは買っていくスタイルです。実際、今現在、雇用統計前にダウ先も結構反発していますからね。

なんだかんだ、FRBの緩和マネーが相場を支える格好は継続しやすいですから、下がれば下がったで買い続けていれば良いかなと。不安なら少しゴールドも買っておけばOKでしょう。

そして、こういう時に買えるように証券口座をぜひ用意しておきましょう。何度も繰り返しているように、相場は上がったり下がったりするので、下がった時に動けるように準備しておくことこそが重要です(`・ω・´+)キリッ

\ゆきママも使っているIG証券は米個別株CFDで少ない資金でもズームやテスラなどで勝負ができます!/

それから、為替に関しては、例の展望記事で書いた通り、ドル円は106円台では少し売って発表を待つ感じでしょう。良ければ損切りして天井確認、悪ければ105.50円ぐらいまでの下げを見込んでホールドでしょうか。

ユーロドルはこれまでと変わらず、1.180〜1.182ドルで軽く買うか、1.176〜1.178ドルで厚めに、損切りは浅めに1.174ドルに置いておけば良いでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

【株の買い方について】IG証券はレバレッジをかけれるのもメリット

ゆきママは米株のトレードにIG証券を使っていますが、レバレッジをかけられるメリットがあるからですね。まぁメリットとデメリット、買い方のイメージについて簡単に解説しておきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

ちなみに、ゆきママはとりあえず3割ぐらいの資金で買って、下がった時に3割の資金で買い増し、残りの4割は暴落用資金として余裕残しの投資法を推奨しています。

具体的には、100万円の資金があるとすれば、とりあえず買うのは30万円までですね。これはレバレッジをかけずにで、30ドルの株なら100株程度までのポジションにとどめるということですね。残り30万円は下がった時にコツコツ買う用の資金、残り40万円は温存です。

まぁこれぐらい慎重にやっていても、本当に暴落が来るとポジがパンパンになるか資金は足りなくなりがちなので、レバレッジをかけられるIGを使っている感じですね。もっとも、株の場合は2倍以上のレバレッジは危険なので、入金しているお金の2倍以上のポジションを立てないように、100万円口座にあるとすれば、200万円以上の株を買うと結構危険です。

ちな、ゆきママは合計で40万ドル(6,000万円)ぐらいの買いポジションを建てているのですが、これで大体1日4,000円以上コストになります。1日だと0.007%満たないコストですが、30日で0.2%ぐらいになってしまいますし、1年とかだと2%かかるので長期保有には向いていませんが、レバレッジがかけられる、言い値で気軽に売買できるのは大きいと考えてます。

CFDのメリット・デメリット

■メリット
・レバレッジがかけられる
・スピーディで簡単に売りからも入れる
・スプレッドが狭く取引コストも減にも
■デメリット
・長期保有には向いていない
配当を狙うために5年、10年先を見据えて買うのであれば、楽天証券やマネックス証券を活用すると良いでしょう。一方で、長くても数ヵ月レベル、2枚程度のレバレッジをかけて瞬発力を高めて値幅を取っていくなら、CFDが良いでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
今後、治験失敗でバイオ株が全滅するような相場にも向いてるのだ!絶対に滑らないノースリッページ注文や購入額以上の損失が発生しないノックアウト・オプションもオススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料など無料▼
レバレッジをかけて短期勝負もできるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Roman Samborskyi/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK