左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【為替】雇用統計の評価が鍵?共通しているのは米長期金利への警戒!【9月7〜11日の週間相場展望】

【為替】雇用統計の評価が鍵?共通しているのは米長期金利への警戒!【9月7〜11日の週間相場展望】
昨日の米国はレイバー・デー(祝日)でお休み。相場の方は欧州株が堅調だったことでダウ先も上昇という流れですが、本質的な値動きではないので油断は禁物か。株価に関しては、今日のNY市場の動向を確認したい。

どうなるかは、ハッキリ言って分かりません。高過ぎるという指摘は散々ありますが、ほとんど押し目らしい押し目を作らず上昇してきたのも事実で、買いそびれた投資家にとっては押し目でしょうからね。個人的に大崩れという相場観は持っていません(*´∀`*)セーフ♪

もっとも、仮に調整局面になるとすれば、最終的には握力勝負というか、資金力の勝負となります。パンパンにポジを抱えて身動きが取れなくなると、そこで試合終了になってしまいますから、ポジションを整理するなり、ヘッジで少し先物指数を売るなどして調整していただければと思います。

まぁソフトバンクのオプションがオプションがーと騒がれていますが、一旦下げたい、下げて欲しい人が騒いでるようにしか見えませんけどね
(*´·ω·)(·ω·`*)ネー

あとは雇用統計の数字と米長期金利についての懸念する声が結構あったので、その辺を少し噛み砕いて解説しつつ、今週の為替のトレード戦略について簡単に解説しておこうと思います。


米8月雇用統計への見方は様々ですが、失業率の急低下で警戒感が…

先週末発表された雇用統計の数字にはいろいろな意見があります。まぁ平均時給もしっかりで見た目上には概ね良いというのが一般認識だと思いますが、実は今回は国勢調査の臨時雇用がNFPを23.8万人も押し上げているので、そんなにそんなに楽観できる数字ではないんですね。実際、結構厳しい見方をしているエコノミストも多いです( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪


一方で、いわゆる再雇用前提の一時解雇者数(レイオフ)は急減しました。一時期は1,806万人というとてつもない数字を記録しましたが、8月時点では616万人にまで減っています。特に前月7月から300万人以上の減少、急回復となったことが緩和継続への疑義につながったという指摘があります


つまり、仮に9月、10月、11月と同様のペースでレイオフ人員が減少すれば、ほぼコロナ前の水準に戻ってしまいます。FRBの2大目標は物価の安定と雇用の最大化ですから、そのうち片方は比較的早期に達成されることになるわけです。これにより、緩和政策が本当に続くのか、という疑義が生じて株が売られる要因になったという話( ゚д゚)ハッ!

もっとも、話はそう単純ではなく、この辺は以前から書いている通りPPP(給与保証プログラム)の絡みがありますからね。PPPとは、融資実行後、8週間以内に75%を給与関連に使うこと(後に24週以内か12月31日まで、60%に緩和)で返済が免除されるローンのことです。

とりあえず、ローンを組んで従業員のレイオフを解除して給与に使ってやれば返済しなくても良いという大盤振る舞い。見通しとしては厳しく、そこまで仕事がなかったとしても、とりあえず従業員を呼び戻して使っているなんて企業も結構あったでしょう。

実際問題として、航空会社は9月いっぱいは政府の資金援助で雇用を継続していたものの、10月からは人員削減、リストラに動くことが相次いで発表されていますからね/(^o^)\ナンテコッタイ

【リアル半沢状態】アメリカン航空が人員削減へ!米経済のV字回復はない?【8月26〜27日のトレード戦略】

特に航空・レジャー関連は長期にわたって低パフォーマンスが続くことが想定されますから、今秋から再び雇用の崖、レイオフやリストラの嵐が再度吹き荒れることになるでしょう。なので、個人的にはほとんど心配していませんが、こういう見方も株価の押し下げにつながったということを覚えておくと良いでしょう。

共通している米長期金利への警戒感!為替はポンド安主導でドル高

金利高は単純に株価にとって悪材料なので、米長期金利(10年債利回り)の動きに注意というのは市場関係者の一致した見方となっています。先に書いたようにレイオフ人員の職場復帰加速で緩和政策の打ち切り懸念が強まったことも金利を押し上げ、株安要因となりましたからね。まぁ金利も単純に動いているわけではなく、入札状況といった需給バランスなども当然意識されているわけですが。

ででで、為替の値動きとしては、ポンド安がドルを押し上げる格好ですね。まぁここから動いていくのでしょうが、株価の値動きに比べれば圧倒的に小動きで方向感がありません。

ポンドにしてもハードブレグジット、合意なき離脱が意識されたと言われていますが、何を今更感があります。値動き的にはポンドの調整の範囲内で、あまりどうこうということもないように思うのですが(ヾノ・ω・`)ナイナイ

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は米長期金利の上昇やポンド安によるドル高と、株安による円高でヨコヨコといった状態です。まぁドル円に関しては、個人的にトレードのしようがあるんかいな、って感想ですけどね。

やはり89日移動平均線(106.868円)を抜けて107円台でしっかりできるかというと、そこまでの材料はなさそうですからね。107.20円ぐらいに損切りを置くなら、106円台ではひたすらショート・戻り売りで良さそう。

もっとも、それほど下値余地もあるわけではなく、一旦は105.50円前後で止まりそう。今後も決定打がないと小動きを続けそうで、まずはそのつもりで見ておくしかないでしょう。中長期的に見ればやや下方向だとは思いますが。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

下げ渋ってはいますが、上値の重さは明らかです。直接的なユーロ買い材料が新たに出てこない限りは、しばらく様子見で良さそうです。中長期的には上方向だと考えていますが、7月・8月の指標は欧州よりも米国の方が良さげになってきましたし、欧州でのコロナ感染拡大も気掛かり。

あとは今週の10日木曜日のECB理事会次第でしょう。一部ではECB(欧州中銀)がユーロ高を心良く思っていないとの報道がありましたから、ユーロ安誘導があるかどうかに注目したいところでしょう。タカ派的なら買い戻しもあるでしょうが、見かけだけは良好な米雇用統計のせいでドル安も後退で上値も限定的でしょうね。

短期トレードとしては、1.174ドルに損切りを置きつつ、1.176〜1.178ドルに差し込んでくるなら買ってみたいですが、いずれにせよECB前には整理しておく方が無難でしょう。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドはブレグジットで売られた売られた言われてますが、ずっとあんな感じですけどね。まぁチキンレースというか、ギリギリになってからが交渉の本番みたいなw 今のところ北アイルランドとの協定が非常に疑問視されていますが、前回のようにどこかで力技で電撃合意するような気がします。

ポンドはEU離脱後の経済というのがなかなか見えないですが、少なくともブレグジット問題については一旦去年底を見たというか、瞬間的に1.14ドル台まで差し込む場面もありましたが、概ね1.20ドル前後が大底でしたからね。

仮に合意なき離脱になったとしても、下がったとしてもその程度という見方もあるんでしょうかね。FRBが超異次元緩和継続ならドル安も支えとなりますし、なんだかんだ底堅そうではあります。

まぁトレードアイディアとしては、1.298ドルレベルに損切りを置いて、ゆっくりコツコツ買って様子見で良いような気はしますけどね。スタグフレーションっぽさも感じられますが、なんだかんだコロナとブレグジット鎖国で輸入物価が上がって小インフレみたいな流れなので、BOE(英中銀)のマイナス金利導入という話は遠のきました。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円なら戻り売り、クロス円は様子見姿勢で
■ユーロ米ドル
・上値が重くなりドル安の支えも後退、まずは下値確認
■ポンド米ドル
・ブレグジット懸念が徐々に本格派するか?様子見
■豪ドル米ドル
・ドル安が支えだが、米中対立などあからさまなリスクがあるので様子見
■NZドル米ドル
・同様にこちらも様子を見たい
今週の為替は完全に様子見モードですね|ω'*)ジー まぁユーロドルを損切り浅めで試して、ダメなら撤退ぐらいで割り切って良いと思います。

というわけで、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。ちなみに、興味がある会社・サービスがあれば、ぜひぜひゆきママのブログのバナーを活用ください。更新意欲がアップしますΣ(☆∀☆〃) キラーン!!

【延長決定】先着4万名の激アツキャンペーン!LINE FXで1回取引で5,000円!!

きたああああ!というわけで、LINE FXでは1周年記念キャンペーンとして、口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。先着4万名限定なのでお急ぎください(((((っ・ω・)っイソゲイソゲ-!
LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■キャンペーン開催期間
 口座開設申込対象期間
 2020年7月15日(水)~2020年8月31日(月)23時59分
 2020年7月15日(水)~2020年10月2日(金)23時59分
 取引対象期間
 2020年7月15日~2020年8月31日までの口座開設の場合:2020年7月15日(水)〜2020年09月4日(金)NYクローズ
 2020年9月1日~2020年10月2日までの口座開設の場合:2020年9月1日(火)〜2020年10月8日(木)NYクローズ

■対象者
 口座開設対象期間中に口座開設後、取引対象期間中に新規1Lot以上の取引を完了したお客様
 *先着4万名様限定

■1Lot取引するために必要な資金
 LINE FXでは1Lotを1万通貨としているため、「1ドル=100円」のレートであれば、1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。しかし、レバレッジの仕組みによって、資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ現金5,000円を入金します。

■特典の付与時期
 2020年9月中旬〜下旬頃に特典付与します。
 ※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
とりあえず、5万円突っ込んで1回取引すればOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンは、もはや絶滅危惧種!数年に一度レベルですから、ぜひこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!


※トップ画像(swissmacky/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK