左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【出遅れ推奨】元気に米株暴落!デッド・キャット・バウンスの可能性も?【9月9日のトレード戦略】

【出遅れ推奨】元気に米株暴落!デッド・キャット・バウンスの可能性も?【9月9日のトレード戦略】
「億り人とは−−ただの言葉 陽炎のように……近づいたら消えてなくなりました」(宮本幸恵)

今日も元気に米株暴落!流石にここまで下げてくると予定変更ですね。まぁすかさず買っても良いかなと考えていましたが、底を確認してからで十分でしょう(´・ω・`))´-ω-`))ウン

まぁコロナの2番底を試しにいくとは思いませんが、ここから20%、最悪で瞬間的に30%ぐらいの下げはありそうですからね。今は少し落ち着いていますが、デット・キャット・バウンス(高いところから落とせば、死んだ猫でも跳ね返る)の可能性も否定できません。要は急落の一時的反発の可能性があります。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

ナスダックは先週末安値である10,875ドルはギリギリ守った格好ですが、ここを割るともう一段はほぼ確実か。10,000ドルの大台割れがあるかもしれません。

もっとも、それでも買える余力を残しておけば、ほぼ問題ないでしょう。レートを分散し、大きな下落で押し目を買っていけば、かなりの収益を得ることが可能です(`・ω・´+)キリッ

何度も繰り返しているように、資金が10あるとしたら3でとりあえず買い、残りの3で5〜20%の下げをコツコツ取っていく、最後に残した4で20%を超える大暴落を拾っていく資金分割方が良いと思います。

というわけで、底をピンポイントで拾うのは難しいので少しずつ買っても良いと言ってきましたが、予定変更です。まずはどこまで下げるのかを確認しましょう|ω'*)ジー 買うのは下げ止まったという確信が持ててからでも遅くはありません

ここから20%ぐらい下げても拾えない場合は、少し持ち過ぎなのでポジションを減らす、リサイズするなどして余力は残しておきましょう。ヘッジでナスダック指数などを軽くショートするのも良いでしょう。

ただし、指数ショートはあくまで短期トレードとなりますから、放置してはいけません。上がっていきそうな兆候が見えたら損切りです。損切り注文(逆指値)は入れておきましょう。トレードが苦手という方はリサイズのみにとどめましょう。

まぁある程度は株を持ってないと上昇局面を取ることは絶対にできませんから、ノーポジションになるなど極端なことはせず、買える余力を確保して押し目のタイミングを待つというのが今の戦略ですね。

\ゆきママもどん太も使っているIG証券!米国株CFDからFXまで総合口座として使えます/

それから、大きな下げ局面では必ず言っていることですが、こういった下落相場になった際は遅れてきたフレッシュな投資家が非常に有利です。高くて買えなかったと後悔している方は、ボチボチ証券口座を作るなどして準備しておきましょう。大きなチャンスになりそうです。

ちなみに、ゆきママはズーム(ZM)だけひたすら買っていく予定です。テスラ(TSLA)はしばらく様子を見た方が良いでしょう。まぁ下がったと言っても年初からズームは5倍、テスラも3倍ぐらいにはなってるんですけどね。

てなわけで、ここからは握力勝負、資金的な余裕を作って振り落とされない投資家が勝つでしょう。資金の余力を残すように努めましょう。

【株の買い方について】IG証券はレバレッジをかけれるのもメリット

ゆきママは米株のトレードにIG証券を使っていますが、レバレッジをかけられるメリットがあるからですね。まぁメリットとデメリット、買い方のイメージについて簡単に解説しておきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

ちなみに、ゆきママはとりあえず3割ぐらいの資金で買って、下がった時に3割の資金で買い増し、残りの4割は暴落用資金として余裕残しの投資法を推奨しています。

具体的には、100万円の資金があるとすれば、とりあえず買うのは30万円までですね。これはレバレッジをかけずにで、30ドルの株なら100株程度までのポジションにとどめるということですね。残り30万円は下がった時にコツコツ買う用の資金、残り40万円は温存です。

まぁこれぐらい慎重にやっていても、本当に暴落が来るとポジがパンパンになるか資金は足りなくなりがちなので、レバレッジをかけられるIGを使っている感じですね。もっとも、株の場合は2倍以上のレバレッジは危険なので、入金しているお金の2倍以上のポジションを立てないように、100万円口座にあるとすれば、200万円以上の株を買うと結構危険です。

ちな、ゆきママは合計で40万ドル(6,000万円)ぐらいの買いポジションを建てているのですが、これで大体1日4,000円以上コストになります。1日だと0.007%満たないコストですが、30日で0.2%ぐらいになってしまいますし、1年とかだと2%かかるので長期保有には向いていませんが、レバレッジがかけられる、言い値で気軽に売買できるのは大きいと考えてます。

CFDのメリット・デメリット

■メリット
・レバレッジがかけられる
・スピーディで簡単に売りからも入れる
・スプレッドが狭く取引コストも減にも
■デメリット
・長期保有には向いていない
配当を狙うために5年、10年先を見据えて買うのであれば、楽天証券やマネックス証券を活用すると良いでしょう。一方で、長くても数ヵ月レベル、2枚程度のレバレッジをかけて瞬発力を高めて値幅を取っていくなら、CFDが良いでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
今後、治験失敗でバイオ株が全滅するような相場にも向いてるのだ!絶対に滑らないノースリッページ注文や購入額以上の損失が発生しないノックアウト・オプションもオススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料など無料▼
レバレッジをかけて短期勝負もできるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Roman Samborskyi/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK