左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【次期GAFA】アーム買収のエヌビディア(NVDA)を買い!次世代コンピューティングの覇者か?【9月16〜17日のトレード戦略】

【次期GAFA】アーム買収のエヌビディア(NVDA)を買い!次世代コンピューティングの覇者か?【9月16〜17日のトレード戦略】
テスラ(TSLA)が暴騰して1.2億り人復帰!昨日は+46.9ドルで今日もプレでアゲアゲから上昇しまくりです。億トレ復帰はテスラだけじゃなくワクチンの上昇も大きいですけどね。

ってか、下がったら嫌な予感がしていたとか後出しする日本のアナリストは楽で良いなああああああ!!しかも、後出しでも負けてるというwww そこまで見えてるなら買い推奨しろと。そろそろクビで良いんじゃないんですかね(*`・_・´*)ドヤ♪

冗談はさておき、昨日はリスクオンの買い買いモードで相場全体が大きく上昇しました。Armをエヌビディアが買収したことや、TikTokとオラクルが提携することなどを前向きに受け止めたようですね。

まぁTikTokに関しては買収ではなく、あくまでライセンス契約なのでトランプ大統領が満足するかといえば…?突然、怒り狂ってちゃぶ台返しをする可能性もあるだけに警戒が必要です:(;゚∀゚)゚∀゚;): ヒィィィ─!

あとはArmの買収に関しても、英政府が介入する可能性に言及するなど、いろいろと課題は多そうですけどね。とはいえ、Arm買収でエヌヴィディアは欠けていたCPU、省電力プロセッサを手に入れることができるため、非常に魅力的なディールに見えます。


全然動かないマイクロソフト300株を全部売ってエヌヴィディア(NVDA)に乗り換えました。マイクロソフトも180ドルから買っていたので、8,000ドルぐらいは利益出てたんですけどね。FOMCを控えて目先の動向がわからないので、今は控えめにやっていきます。

というわけで、簡単にエヌビデの話でもしながら、目先のトレード観について簡単に解説しておきたいと思います。


株:エヌヴィディアは次期GAFA?ディープラーニングで競争の中心に!

少し前、といっても10〜20年前まではCPUの開発競争の方が熾烈だったというか、複雑な計算を順序良く処理することのできるCPUがコンピューターの中心でした。ところが、ここ10年ぐらいで状況が一変します。ご存知のようにAI、機械学習やディープラーニングでGPUの並列処理能力への需要が急激に高まったからですね( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

一昔前、といってもやはり10〜20年前は、エヌビディアを中心とするGPU、画像処理に必要なグラフィックボードなんてのは3DのPvPネトゲ廃人だけが買い求めるような商品だったわけですが、今や4ヵ月で2倍のペースでディープラーニング研究用の計算量が増加してるとのことで、エヌビデ株がクソクソに買われていると。バンカメは目標株価を650ドルぐらいに設定してますからね。

計算に使うGPUサーバーなんかを含めてGPUリソースの需要増で買われまくっているわけですから、そりゃ株価も上がるというわけですね。AMDは元々CPUを開発していた会社ですが、ATIというGPU(グラフィックボード)開発会社を2006年に買収しており、それでこちらもクソクソに買われているとヽ(`Д´)ノボッキアゲ!

インテルはこのGPU戦争に完全に置いてかれているので、全然株価が伸びていません。インテルは今年に入ってようやく単体GPUを発売した程度ですからね。単純に半導体ベンダーとしては昨年トップなんですけどね。次のテーマ、っていう意味で相場を先取りする市場からはやや置いてかれてる感ありますね。

うん、なんか書いて行くとクソ長くなりそうなので端的に述べると、エヌビディアはArm買収したことで今後のコンピューティング戦争を有利に戦えることになりそうってことですね。なんだかんだCPUもGPUも同じ半導体で混在しつつ進化を遂げてきたわけですからね。

小型・省電力でスマホから家電、自動車などありとあらゆるものに搭載されているArmが設計したCPU、省電力プロセッサはすでにモバイルコンピューティングという最近のトレンドを強く捉えているわけで、次に来るであろうモバイルとAIの融合というテーマが買いに繋がりそうだな〜って話ですね。

というわけで、短期でも中長期でも良さそうなエヌビディアもちょっとずつ買っておきたい。余裕がなければズーム(ZM)だけでも良いと思いますけど。

まぁ特にエヌビディアはデータセンター部門がクソクソ好調でコロナで決算が相当加速した部分がありますから、コロナが収束すると決算が悪化して一時的にガリガリ下げる場面が出そうなので、どっちかっていうと短期よりも中長期目線で買っていくことを心がけた方が良いと思います。

うまく短期で上がったら、それはそれで半分利食いして、あとは死ぬまでホールドみたいな感じで。ゆきママも50株しか買ってないのはそのためです。あくまで次世代を見据えてじっくり狙っていきます。
そして、株価全体の話をすると、なんだかんだダウもS&P500もナスダックもどれも上がり下がりのタイミングは一緒なんですよね。伸びが違うだけで。なので、結局はハイテク株を買うしかないと考えています。この辺はいつも言ってる通りです。

ただし、問題は目先でハイテク株はコロナの恩恵をフルに受けて決算が強いからこそ買われているという背景はあります。ワクチン成功でコロナが収束に向かうであれば、一時的にこれから決算が良くなる企業、コロナで売られていた割安な株が買われる場面も出てくることでしょう。

そういう意味では、あまりポジションを持ちすぎる、あるいは自身の持っている株のポートフォリオを少し整える、バランスを考えると良いかもしれません。ゆきママがテスラを少量買ってるのは、そういう面もあります(ΦωΦ)フフフ…

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・指数トレードは様子見
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込みにくのでひたすら様子見
昨日今日としっかり株価が伸びているので、買え買えモードなのかといった質問が寄せられますが、GAFAが微妙に弱い気がするんですよね。今買わないと間に合わねー!買えー!!ぐらいの勢いがないと、勢い的には本物じゃないと思います\(`・ω・´+)コレダイジ

なので、ポジションとしては余裕残し、資金が10あるとしたら多くても5か6ぐらいのポジションでしょう。ゆきママはマイクロソフト全切りで純粋にはポジ落としてますからね。スタンスとしては依然として慎重です。

\ゆきママも使っているIG証券はズームなど新興株にレバレッジをかけて小資金で勝負できる!/

為替:基本的にはドル安基調が続く!明日のFOMCでどうなるか…

昨日からドル安の流れが続いています。やはりFOMCを意識してなのでしょう。とはいえ、まずは結論待ちでしょうか。今夜は少し調整が入ってる感もありますからね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは伸び切れずの展開。ツイッターでも述べた通り、1.185ドルのオプション絡みが今夜の下落の要因とされていますが、これだけドル安の恩恵を受ける中で1.190ドルレベルで伸び悩むのは、明らかにユーロ買い材料が乏しいということ。やはり経済指標で欧州経済の強さ、盤石さが確認されないと上値にも限界があるでしょう。

引き続き、十分引き付けての買い推奨。1.180〜1.182ドルで軽く、1.176〜1.178ドルで厚めに買い、損切りは浅めの1.174ドルで。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は株高にも関わらず、全く支え切れずにジリジリという流れですね。コロナの第2波の軽視やワクチン成功の楽観論が高まっていますが、このシナリオが大きく崩れれば、やはりなんだかんだコロナでも安定してる日本、円高は避けられなさそうですから、基本的には売りたいんですけどね。

もっとも、動きの鈍さを考えれば安値圏で突っ込んでいくのは無理でしょう。少なくとも105円台後半、106.00円台に戻してくるのを待ちたい。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドはドル安の恩恵を受けても伸ばし切れずですね。それもそのはずで、EUと合意した離脱協定の一部を無効化するIMB(国内市場)法案の審議が可決されたからですね。これに対して、EUは9月末までに撤回することを要求しています。仮に撤回しない場合、9月末で実質的な合意なき離脱ということになります。

今後、上下両院で審議となりますが、仮に法案が成立となれば、その時点で実質的に合意なき離脱ということになるでしょう。まぁトレードするなら基本的に売りからですが、火中の栗を拾うようなものなので、状況がもう少しスッキリするのを待つのがベターでしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円なら戻り売り、クロス円はかなり難しいので様子見
■ユーロ米ドル
・基本的には押し目待ち、明らかに伸びが弱い
■ポンド米ドル
・ポンドはもはや買えない、法案の審議内容、採決の行方といった展望が見えるま様子見
■豪ドル米ドル
・米中対立などあからさまなリスクがあるので様子見
■NZドル米ドル
・同様にこちらも様子を見たい
こんなところですかね。ポンドは怪しさ満点ですが、法案が可決されない前提なら買いのチャンスもありそうで、その辺を精査してトレード戦略を決めたいですね。ただ、安易に手を出すと大火傷確定なので要注意です。

\LINE FXは9月も1回取引で5,000円の神キャンペーン実施中!先着4万名限定なのでお急ぎください↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
長々なりましたが、今日も最後までお読みいただきありがとうございます。なお、良かったなと思った記事をRT拡散していただけたり、興味のあるサービスがあればゆきママのブログのバナーを活用いただけると更新意欲がアップするので、どうぞよろしくお願いします╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK