左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株/為替】全ては雇用統計次第!株価は調整、為替はヨコヨコ継続だが…【9月28日〜10月2日の週間相場展望】

【株/為替】全ては雇用統計次第!株価は調整、為替はヨコヨコ継続だが…【9月28日〜10月2日の週間相場展望】
今週の焦点は雇用統計一本ですね。まぁ先週末は民主党のペロシ下院議長がムニューチン財務長官と、別な経済救済策について会談を再開するとのことで反発しましたが、共和党サイド、トランプ大統領が超保守派のバレット判事を最高裁判事に指名するとしていることを踏まえれば、まず合意ということはないでしょう(乂-д-)ダメ

もちろん、取引としてリベラル派の判事を指名する代わりに民主党に譲歩させてコロナ対策法案を成立させるというパターンもあり得なくはないですが、株価がもっと下がって危機感が高まってこないと急がないでしょうね。

というわけで、9月相場は7月末で期限切れとなったにも関わらず新たな救済法案が決まらず、TikTokの米事業の売却も決まらずで米中関係が悪化、欧州でのコロナ再拡大、経済指標の悪化でV字回復期待の後退などなどいろいろありしたが、経済のV字期待については今週の雇用統計で決まることでしょう(`・ω・´+)キリッ

そもそもとして、前回の雇用統計の数字、とりわけ再雇用前提の一時解雇者(レイオフ)の急減が経済のV字回復期待につながったという背景があります(下記記事参照)↓

【為替】雇用統計の評価が鍵?共通しているのは米長期金利への警戒!【9月7〜11日の週間相場展望】

まぁイベント直後は早期の緩和終了観測となって株価の上値を重くしたものの、それは後のFOMCで否定されてますからね。今週は純粋に経済のV字回復という期待を維持できる結果となるかどうかが問われることになるでしょう。

それでは、いつものように今週の株価と為替の相場展望について簡単に解説しておきたいと思います。


株:雇用時計がダメなら日柄調整は続くか?買いたい株をじっくり狙う!

ロビンフッターたちのぶん投げ祭りも大分進んだような印象はありますね。となると、大統領選から年末ラリーへ向けての上昇相場に期待が高まるわけですが、雇用統計がダメならダウを中心に全体的に上値の重い展開が続きそうですね(´・ω・`)ショボーン

まぁ特にV字回復期待で先走りで買われてきた航空、レジャー、金融株は厳しいでしょう。かといって、先週末こそハイテク株は反発、底固めの動きを見せているものの、確信が持てるほどの強さはないですし、買われているのもごく一部の銘柄にとどまっています。


ご覧のように先週末はナスダックが反発したとはいえ、買い戻されたのは不況耐性の強い銘柄というか、コロナ禍であってもしっかりした決算を出してきた会社です。

雇用統計でV字回復期待の高まるような結果になれば、ローテーションで売られてきた株価が買い戻されることになるでしょうが、V字回復が見通せないなら、不況耐性のある決算が強かった銘柄が引き続き買われることになるわけです。

まぁどちらのパターンでもしっかりした決算を出した銘柄というのは、なんだかんだ買われるわけですから、まずはそれを意識して全体の値動きに合わせて押し下げられればチャンスと捉えて、買いたかった好決算銘柄を買っていけば良いだけでしょう。

具体的には何度も繰り返しているように、短期でも中期でもいけそうなズーム(ZM)や、中長期なら配当のあるマイクロソフト(MSFT)エヌビディア(NVDA)、気絶長期ならアマゾン(AMZN)を買っておきましょう。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

指数に関しては、やはり戻し余地の大きいナスダックは売らないほうが良いでしょう。ヘッジで売るのも少し控えたい。コロナの感染拡大など、全体の状況を踏まえれば、今はダウの戻り目を叩く戦略の方が良さそうです。

\ゆきママも使っているIG証券はズームなど新興株にレバレッジをかけて小資金で勝負できる!/

とはいえ、まずは基本方針として決算の強かった特定の個別銘柄、不況耐性の強い銘柄をいくつかピックアップして一本釣りした方が稼ぎやすいと思います。


それから、エミンさんの指摘について質問がありましたので簡単に。調べると22日時点でS&P500のミニ先物は前週から4万枚近い買い越しで合計6万枚近いロングになった一方、ナスダック100のミニ先物は前週から5万枚近いショートを増やし、合計で13万枚を超えるショートに。

ナスダック100のショートに関しては約10〜15年ぶりの規模ということで、ハイテク株に対する強烈な売りが出ているという状況ですね。まぁ目先はハイテク株の上値が重くなるかもしれませんが、いずれにせよジタバタしても仕方ない気はするんですよね。

まぁ投機筋としては、コロナ直後からナスダック100をロング・S&P500のショートで利益を得ましたから、2匹目のドジョウを狙っている感もあります。

しかし、最終的にはどれも上がるわけで、もしこれでハイテク株が上がるようなら、積み上がったショート・ポジションが強烈な買い戻し材料となり、またナスダックは跳ねるのではないかなと。これだけ偏ったポジションを取れば反動も出やすいと思います(☆_☆)キラーン!!

というわけで、結論は変わりません。ハイテク株が下がったら下がったで、それもまた良し。まずは焦らず冷静に買いたかったハイテク銘柄を拾っていくことでしょう。

為替:ドルの買い戻しが継続するか?週末・月末・期末のフローも注意!

リスクオフ気味にドルが買われている状況が続いています。これがどこまで続くのか、というのが目先のポイントでしょうかね。まぁなんだかんだ債券もジリジリ買われているので、リスクオフ商状でドル高は継続しそうな感じですが。

あとは週末・月末・期末のフローが重なりますから、ポジション調整の動きが大きめに出て株価も含めて不安定になるかもしれません。なので、今週は24時のロンドン・フィキシングに向けた動きに注意した方が良いでしょうね。値動きが出たからといって安易についていくと死ねるので要警戒です|ω'*)ジー

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は実に悩ましい値動き。株安からのドル高、そして株価が少し戻したことで円売りが入ってジリ上げ、株価が多少反発しても中途半端なドルの買い戻しは残るので、なんだかんだ跳ねる格好になってしまうと。

目先は21日移動平均線(105.617円)を明確に抜けていけるかどうか。明確に抜ければ106.00円台を試すことになりそうです。今日明日は105.00円と105.50円のオプションに引っ張られる形で上値が重いですが、それ以降は上値はやや軽くなりそうで、よほどの株安かドルの売り戻しがないと上抜けそうな感じがします。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは割と崩れましたね。ドルの買い戻しに加えて、欧州でのコロナ拡大や経済指標の弱さが背景にあります。まぁ下値余地もそれほどないでしょうが、上値も重いのでなんとも悩ましいですね。

トレードするのであれば、状況が落ち着くのを待つしかないでしょう。まずは底を確認したい。流石に現段階で1.150ドルの大台割れは想定しにくいが、どこまで下げるかをまずは確認。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルは1.270ドル前後をどうにか保ってますね。まぁこの200日移動平均線(1.27187)をしっかり割り込んでいくと危ないのでしょうが。

注目のブレグジット問題に関しては、かなりカオス。こんな状況でまとまるとは到底思えないが、それらを踏まえた上で現在のレートということにはなりそうです。

とりあえず、EUのバルニエ首席交渉官と英国のフロスト首席交渉官の間で9回目のブレグジット交渉が9月29日〜10月2日に行われるのが決定したので、これが開催されている間は希望が持てそうで、大崩れはなさそう。場合によっては買われることも。

もっとも、9月30日にはEUが求めている国内市場法案(IMB)の撤回期限ですし、ここでのEUサイドの反応が厳しいと下げる場面も出るかもしれません。

いずれは反発、どこかでは買いたいと思いつつも、なかなか買えない感じですね。まぁ基本的には、ある程度見通しがついてからで遅くないとおもますが、どうしても買いたければ目先の安値更新、1.265ドル割れぐらいに損切りを置いてギャンブルしてみる感じでしょうか。

\LINE FXは9月も1回取引で5,000円の神キャンペーン実施中!先着4万名限定なのでお急ぎください↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
今週も為替に関しては確たるトレードというのは見えてきません。ただ、指標が悪かったりして株安が続くのであれば、やはりドル高と円高意識でのクロス円のショート、ユーロ円や豪ドル円の売りを短期的に試すのは悪くなさそうです。

以上、こんな感じでしょうかね。まぁ今日もがんばり更新です。ちなみに、良かったなと思ったらこの記事を拡散RTしていただいたり、興味があるサービスがあればゆきママのブログのバナーを活用していただけるとやる気が出るので、どうぞよろしくお願いします!

【口座開設申し込みは10月2日まで】LINE FXで1回取引で5,000円!!

きたああああ!というわけで、LINE FXでは1周年記念キャンペーンとして、口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。先着4万名限定なのでお急ぎください(((((っ・ω・)っイソゲイソゲ-!
LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■キャンペーン開催期間
 口座開設申込対象期間
 2020年7月15日(水)~2020年8月31日(月)23時59分
 2020年7月15日(水)~2020年10月2日(金)23時59分
 取引対象期間
 2020年7月15日~2020年8月31日までの口座開設の場合:2020年7月15日(水)〜2020年09月4日(金)NYクローズ
 2020年9月1日~2020年10月2日までの口座開設の場合:2020年9月1日(火)〜2020年10月8日(木)NYクローズ

■対象者
 口座開設対象期間中に口座開設後、取引対象期間中に新規1Lot以上の取引を完了したお客様
 *先着4万名様限定

■1Lot取引するために必要な資金
 LINE FXでは1Lotを1万通貨としているため、「1ドル=100円」のレートであれば、1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。しかし、レバレッジの仕組みによって、資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ現金5,000円を入金します。

■特典の付与時期
 2020年9月中旬〜下旬頃に特典付与します。
 ※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
とりあえず、5万円突っ込んで1回取引すればOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンは、もはや絶滅危惧種!数年に一度レベルですから、ぜひこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!


※トップ画像(Government of Japan/CC BY 4.0

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK