左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株/為替】コロナ支援法案の交渉決裂も底堅い相場、市場は大統領選後を織り込む?【10月7〜8日のトレード戦略】

【株/為替】コロナ支援法案の交渉決裂も底堅い相場、市場は大統領選後を織り込む?【10月7〜8日のトレード戦略】
予想通りコロナ支援法案の交渉は決裂となりました。トランプ大統領がトップダウンで終わらせる格好でしたが、民主党が譲らないのは目に見えていたわけで、当然の帰結と言えるでしょう(*`・_・´*)ドヤ♪ワタシイイマシタヨネ!

昨日はこれを受けて株売り、債券買い戻しで米長期金利(10年債利回り)低下という値動きでした。もっとも、後に航空会社と中小企業の給与補償プログラムについては即座に合意する余地があるとしたことで、今日のダウ先はまずまず堅調、先ほどのロンドン時間からの円売りもこの訂正があるのかもしれません。


相場の解説、速報などはアライさん(@pawhara_arai)でやっていますので、興味がある方はぜひフォローしていただければと思います。

未明の速報で述べたとおり、下げは限定的であり、マーケットは先を見ている可能性があります。要はトランプ大統領はどうせ負ける、上院も民主党が過半数を越えて、より巨額の支援策が大統領選後に容易に決定されると見ている可能性があるということです|_・)ジーッ

しかしながら、政権を取ると得てして財政規律などを重視するもので、それを不安視する声も少なからずありましたね。まぁ日本も旧民主党が政権を取るまでは埋蔵金などと口当たりの良いことを言っていましたが、結局は消費増税を決定しましたからね。

米国も直近でクリントン政権の例などがあるとされており、一定レベルは警戒しておきたいところでしょう。もっとも、それが明らかになるのは来年1月の就任以降ということになりますから、しばらくは先ということで、今のところ懸念が高まることはないでしょうが…(;´∀⊂)ギリセーフ?

というわけで、昨日今日の流れを踏まえながら、今日明日の展望、簡単なトレードアイディアについて解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。


株:GAFAへの規制懸念がナスダックの重石となるか?ポジは少し整理したい

世界的な金融緩和と財政政策でお金は余ってるんでしょうね。なんだかんだ下がれば買いたい意欲は強いようで、今のところは決定的な下げにはつながっていません。ただ、買えるかというと話は別で、あえて積極的には買いたくないというのが正直なところでしょう。

ただし、何度も何度も繰り返していることですが、ノーポジでは上昇相場を永遠に取ることはできませんし、相場の底と天井をピンポイントで当てるようなトレードも現実的ではありません。分からない時でも、(最大を10としたら)最低2〜3ぐらいのポジションを持ちつつ、下がった時に買い増していくというスタンスが良いように思います。

また、ワクチンや治療薬銘柄については、徐々に利食いを考えていきたい局面ですね。ファイザーのお膳立てもあって、欧州向けレビューの進捗などが順調なバイオンテック(BNTX)が非常に好調で90ドルに迫る値動きを見せています。前回公募の93ドルレベルをあっさり抜けられるなら、100ドルの大台試しから高値更新も十分視野に入ってくるでしょう。

しかしながら、成功するかどうかは全く分かりません。米国で先頭を走るバイオンテックとモデルナの第3相臨床試験データは、11月から12月の間に得られるだろうとありました。当初、バチバチに煽っていた頃からすると進捗状況がやや遅れているので、10月いっぱいぐらいは持っていても良いかもしれませんが、その先でどうなるかは未知数ですから、徐々に畳んでいく、何回かに分けて利食いしていくというスタンスで良いでしょう。

成功すれば10倍銘柄ではあるので、多少はホールドしておきたいですが、最悪、失敗すれば一気に半値未満もあるので、それを踏まえた上で利益を確定させ、どれぐらい握っておくのかを考えましょう。

ちなみに、流石に今からのワクチン・治療薬銘柄投資は、成功期待がある以外だとやや厳しい。あまりオススメしません。後追いなら、確定した企業を買っても良いかと思います。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

ダウは小じっかりですが28,000ドルから上は重く、一段と上がるなら材料が必要そうです。S&P500、ナスダックはGAFAへの懸念で伸び悩む格好となっています。ナスダックも11,300〜11,400ドルをクリアに抜けられず、伸び悩み感も。

背景は米下院の独占禁止違反小委員会がビック・テックの代表格であるGAFA(グーグル、アップル、フェイズブック、アマゾン)に対し、独占的な立場によって競争を阻害しているとし、分割や法規制を求める報告書を提出しました。

現段階では、あくまで規制のあり方を模索しているといった程度ですが、今後、これらの企業に深刻な制約が、法規制が課されるようなことがあれば、相場を牽引してきたGAFA株はもちろんのこと、特にS&P500やナスダックといった指数の上値も相当重くすることでしょう┗(; -`д-)┛オモー

まぁ下手に民主党が大勝すると、この流れでGAFAボコボコパターンもあるので、今が買い場ではないかもしれませんね。年末ラリーへ向けて短期で持っておくなら良いかもしれませんが、中長期の脳死トレードなら様子を見ながら、本当にゆっくり買っていくしかないでしょう。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・指数トレードは様子見
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込みにくのでひたすら様子見
強気相場は懐疑の中で育つという名言もありますが、これまで打ち出された異次元の金融緩和や財政出動の効果が徐々に失われて経済の回復が頭打ちとなる中、気温が下がるにつれてコロナの感染拡大というのはほぼ確実、さらに大統領選ですから、視界はかなり悪いです( ³ω³ )ナニモミエン…

したがって、あえて買うというよりは、上がった株、特にワクチン類を利食いしていく時期かなと。ゆきママは資金の7割近くまでポジションを抱えて、かなりパンパンなので、ここでワクチン・治療薬といった降ろし損ねた荷物は徐々に利益を確定させ、トータルで資金の5割ぐらいまでポジションを整理する予定です。

狙ってる株が大きく下がればまた買っていきますが、今回利食いしたお金はバイデン銘柄などに少しずつ還流させていこうかなと。まぁバイデン銘柄はまだ検討中の段階ですが。

もちろん、コロナ禍でも決算の強かった企業、ズーム(ZM)エヌビディア(NVDA)を買っていくというベース戦略は変わりません。ハイテク株の比率は全体のポジションの半分ぐらいにまで高めていく予定ですが、GAFAに関してはしばらく買いを見送ろうと思います。

\ゆきママも使っているIG証券は全世界12,000銘柄に投資でき、バイデン銘柄投資に!ぜひご準備を↓↓↓/

ちなみに、米長期金利の上昇に対して株価の影響が小さくなっているのは、FRBが長期的な低金利を約束しているのもあるかもしれませんね。市場の許容範囲は高まったということかと。しかしながら、金利の上昇は株にとっては悪材料ですから、今後も慎重に金利の値動きと株価への影響を見ておく必要があるでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

為替:ドル円は相変わらず悩ましい!ポンドは合意期待で買いたいという見方が…

急な円売りでフワッと上昇。昨日のドル高&円高の反動が出る中で、ややリスクオフ(回避)のドル高という動きを残しながら、円売りが入って高値をつけるという、ここ最近のドル円上昇パターンに当てはまる上がり方といった感じです。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

何度も繰り返しているように、今のドル円はデイトレレベルだと、かなり難しいですね。まぁ106.20円に損切りを置いて売ってみたくもなりますけどね。ただ、円売りがどこまで続くか分からないので、まずは様子を見たい。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルは、やはり1.28ドル台では買っても良いと思います。この辺は今週の展望記事で書いた通りです。トレード戦略も変わりません。

【為替】ブレグジットの現在とポンドの見通し解説!相場全体としては巻き戻しも…【10月5〜9日の週間相場展望】

昨日はリスクオフのドル高による押し下げでしたが、こういう材料なら買いやすいと言えるでしょう。なんだかんだポンドのスケベロング勢は多いですからね。

背景としては、なんだかんだ交渉決裂、合意なき離脱の可能性は織り込まれているのだから、逆に電撃合意となればサプライズで大幅高でしょう!というシンプルな期待。あとは、上記の記事でも書いたように目先で交渉決裂となるような決定打が出る可能性は極めて低く、まずは双方が交渉する姿勢を見せるだろうというのが大きいですね。

利食いも損切りも50〜100pipsぐらいをベースに想定すれば良いでしょう。何かポンドにとって良い材料が出て一段高なら、伸ばせるだけ利益を伸ばすというスタンスでも良いかもしれません。なお、その場合は損しないレベルに逆指値のレベルも上げましょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円はあえてやるなら戻り売りだが沼ずっと沼、ポンド円は押し目待ち
■ユーロ米ドル
・いつの間にか沼、基本的には様子見
■ポンド米ドル
・目先は楽観に傾いてきた感もあり、スケベロング戦略もあり、200〜300pipsの上下を想定
■豪ドル米ドル
・ドル安の恩恵を受けても伸びきれていないので様子見
■NZドル米ドル
・同様にこちらも様子を見たい
ユーロは指標の強さで買われましたが、ユーロドルの値動きを見れば分かるように、結局は上値も限定的なんですよね。ドル高の流れがあってから戻し切れておらず、本質的な強さはないです(ヾノ・ω・`)ナイナイ

豪ドルは貿易の数字を見て下落。結局、米中対立が盛り上がるとダメになってしまう通貨。バイデン大統領誕生で米国の対中政策が根本から変わらないと安心して買うのは難しそうです。

\LINE FXは1回取引で3,000円の良キャンペーン実施中!ぜひこの機会に↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
長々なりましたが、今日も最後までお読みいただきありがとうございます。なお、良かったなと思った記事をRT拡散していただけたり、興味のあるサービスがあればゆきママのブログのバナーを活用いただけると更新意欲がアップするので、どうぞよろしくお願いします╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK