左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株/為替】絶賛バイデン・シフト!今週も株価の堅調、ドル安は継続しそうだが…【10月12〜16日の週間相場展望】

【株/為替】絶賛バイデン・シフト!今週も株価の堅調、ドル安は継続しそうだが…【10月12〜16日の週間相場展望】
1歩進んだかと思えば2歩下がり、結局コロナ支援法案・第4弾というのは決まらないままですね。トランプ大統領が民主党との交渉を停止した直後、月額1,200ドル規模の給与補償プログラムについてはすぐに合意できるとツイートし、期待感が高まりました。

その後、財政出動規模を1.8兆ドルまで引き上げて再提案したことで、ペロシ下院議長も前向きな発言をしましたが、結局はまとまらずというのが先週末からここまでの流れとなっています。ペロシ下院議長とムニューチン財務長官の交渉は続けられていますが、合意に至ったという話はありません。

結局、選挙でリードをしているペロシ・民主党サイドに焦りはないんでしょうね。一方、政権サイド、トランプ・共和党にもそこまで焦りは見られません。だって、株価が下がってないし焦りはないと……(´・ω・`))´-ω-`))ウン

で、肝心のマーケットの方はというと、先を見据えてる感じで、バイデン大勝利、上院も過半数を民主党が獲得して、より予算規模の大きい財政刺激策が来ることを期待しているようです。この辺はリスクも含めて何度も繰り返してる通りですね。

まぁ次の大統領がスンナリ決まる、あるいは景気が腰折れしないまま、このまま続けば良いですけどね。とりあえず、9月の欧米の経済指標は思ったよりは強いですから、今は大丈夫ですけど、大統領が決まらない、ほぼ7月末で各種給付金がなくなって10月の指標が良くない、コロナの感染拡大で地域によってはロックダウンになる、そんな中で、あんまり強気な展望というのは描けないのかなといった気はします(ヾノ・ω・`)ムリムリ

そんなこんなで、とりあえず今週の大まかな展望・トレード戦略について解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。



株:バイデン期待が高まり強気強気の流れに!今週も堅調か…

困ったら、というか困らなくても市場の声を聞くのは当然ですが、現状では強気ですよね。この辺は想定外です。結局、バイデンとトランプのどちらが政権を取るにせよ、財政出動はやめられないということもあるのでしょう。

バイデンは高所得者、企業の増税を打ち出していますが、高所得者はともかくとして、企業に増税を課したところでテクニカルな節税のできない中小企業が苦しむだけ、GAFAに代表されるようなハイテク企業はほとんど税金を払っていないという現実があります。あとは、バイデンなら対中関税撤廃といった意識もあると。

どちらが大統領になるにせよ、大規模な財政出動は続くし、競争を阻害するような増税はないという見通しで市場は動いているようです。あとは、よほどコロナの影響を軽く見ているか、でしょうね。

コロナに関しては、悲観的過ぎたシナリオの修正に入っているとされますが、個人的にはそうは思いません。夏時点のGSやバンカメなどのレポートを見直すと、かなり楽観でしたからね。このまま欧米で感染が拡大すれば、揺り戻しもあるのかなという気はします。

そもそも、7-9月の経済そのものが、単なるロックダウンからの反動というか、強力な財政刺激策、金融緩和で支えられていたことが大きいわけで、ここから景気が加速して元どおりになると考えるのは、ちょっと疑問です。来年は少なくとも今年よりは良くなるとされていますが、どこまで政府の財政出動もどこかで限界が来るのではと。まぁ先取りするのが相場ですから、今、期待感だけで上げちゃうんですけどね。

そういう意味では、ゆきママは1つの利食い場としてポジションは少しずつ落としていきます。繰り返しているとおり、個別株中心なので、ワクチン・治療薬株を地合いの良いうちにコツコツ利食いして、少し現金多めで次の値動きに備えたいと考えています。

ダウ先物(日足):TradingView

ダウは29,000ドルを視野に入れてますね。ちょっと驚き。抜けると止まらないかもしれません。30,000ドルの大台をつけて大統領選挙というパターンも十分考えられます。ただ、この値幅を積極的に取りに行く相場ではないと思います。指数で勝負するのはリスクも踏まえると厳しい印象があります。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

ナスダックも大幅上昇。バイデン税やGAFA分割は気になるところですが、それよりもまずは財政出動という期待があるのでしょう。こちらも12,000ドルの最高値へチャレンジ!ただ、ちょっとGAFAそのものの戻りが鈍い感じがして、こちらもあまり買っていきたい感じはないです。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・指数トレードは短期は買いだが、リスクを踏まえるとあまりトレードしたい感じはない
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込みにくのでひたすら様子見
今週も何事もなければ小幅に堅調といった地合いは続きそうですね。結果論ですが、先週強気で買ってくのが正解でしたね。個人的には、どうしてもリスクを意識しまって手が出ませんでした。バイデン勝利・民主党が上下両院の過半数を取って、来年は超大型の財政刺激策が実現するという思惑に傾いているようで、それならもうインフレ、お金の価値が下がる(ドル安)は確実ということで株が買われている向きもあるようです。

まぁ日本人は順調に貯蓄ばかり増やしているようですが、米国の家計調査では金融資産の半分以上は株か投信ですから、ここが痛むとどうしても消費は鈍りがちになりますしね。バイデンもそれを理解して、過度な増税などあり得ないという見方もあるようです。うーん、ポリコレ棒で中国共々殴られそうだけど、まだ先の話かw

とにかく、これから始める人は最大ポジション量を10としたら、3ぐらいの力で個別株を買っておくというのは変わりません。何度も繰り返している通り、短期はズーム(ZM)を中心にコロナ禍であってもなくても決算の強いハイテク株中心ですね。ここまで利益が出ている方は、5ぐらいポジションを持っても良いでしょう。

中長期ならエヌビディア(NVDA)マイクロソフト(MSFT)などですかね。GAFAは短期、目先の動きを追いかけるなら良いかもしれませんが、バイデン勝利が一段と高まった時にどうか、という感じもします。10年、20年ぐらいを考えて買っていくなら別ですが。

つみたてNISAに関しては、雨の日も風の日もコツコツ買っていけば良いだけでしょう。ただ、視界は結構悪いので、少し余裕が出ている場合は現金を残しておきましょう。大統領選戦後に大きな変動があるかもしれません。

\ゆきママも使っているIG証券は全世界12,000銘柄!マイナー株にも投資できるのでバイデン投資にぜひご準備を↓↓↓/

いずれにせよ、準備だけは怠らずに。これからはバイデン銘柄も目立ってくるでしょう。個人的には確定してからで遅くはないと思いますが、その時に動けないと意味ないですからね。

ズームもそうでしたが、大体の人は上がりきってから入る人が多いですからね。絶対に初動を取らないといけないわけではないですが、適切なタイミングで動くことが大きな利益を生むことになります。

【ZM】まだ間に合うの?ズームを110ドルから買い続けたら半年で約5倍になった件!【株の買い方講座】

為替:リスクオンのドル安にバイデン期待で加速か?ただし、突っ込むほどでは…

結局はドル安という意識ですかね。バイデン勝利で超絶財政刺激策なら、やっぱりドルの価値は毀損していくだろうと。株価が下がると換金対応などのドル需要は瞬間的に出ますが、大枠としてのドル安という流れは変わりません。

債券売りが出て米長期金利(10年債利回り)が一段と上がれば別かもしれませんが、割と抑制的な値動きですからね。金余りもあるでしょうし、FRBも低金利政策の長期化を約束しましたし、あとは株式市場と違って、債券市場はなんだかんだリスクを意識してそうですからね。

というわけで、バイデン勝利なら超絶財政刺激策で大赤字想定ですが、債券売りは非常に限定的ですから、今週もトータル方向のドル安というのは意識しておきたい。もっとも、あえて突っ込むかというと話は別ですが。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円はやっぱり下がりましたね。トレードしたい通貨ペアではありませんが、引き続き106.00円の節目前後は売りのポイントなんでしょうね。損切りも浅めに106.20円で正解でした。

今週も上がれば叩いても良いですが、値動きは沼なのであえて触りたいとは思いません。まぁ基本的な方向としては下方向なので、中長期なら戻り売りということにはなるでしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルに関しては、ドル安が下支えしていますが、コロナに関しては米国よりも欧州の方が深刻ですから、それが重石になるのかなと。押し下げられる場面があれば、軽く買っても良いかもしれませんが、目先はやめた方が無難でしょう。上値ガンガンはなさそうなので、売りも選択肢ではありますが、現況は非常に悩ましい。

欧州の状況次第では、もう一段下がってもおかしくはありませんし、ここからは米欧の経済指標の数字もポイントとなるでしょう。さらに大統領選挙も控えていますから、今はとりあえず様子見です。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

英国もコロナの感染状況は深刻ですが、こちらはブレグジット問題で合意に達すれば上というコンセンサスがあるので、まずはそれ次第ですね。ドル安の恩恵も受けて素直に上がっています。

ブレグジット問題については、相変わらずといった感じです。まぁボリスが期限に設定した15日に向けて、いろいろな発言は出ていますが、現時点では話し合いを続ける意向です。

今後も何らかの材料が出て下がれば買いたいですが、腰を据えて買うのはある程度クリアになってからで良いでしょう。今の高値で慌てて買う必要はありません。

なんだかんだ、目先は1.27〜1.28ドル台が底として機能しかけているので、まずは1.28ドル台半ばぐらいまで差し込んでくるのを待ちたいところ。損切りも利食いも100〜200pipsぐらいを想定してトレードしたい。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円はあえてやるなら戻り売りだが沼ずっと沼、クロス円も一旦様子見
■ユーロ米ドル
・ドルの動向が読めないので様子見、あえてやるなら戻り売りも
■ポンド米ドル
・押し下げられる場面があれば入りたい、全てはブレグジット問題次第
■豪ドル米ドル
・ドル安の恩恵を受けても伸びきれていないので様子見
■NZドル米ドル
・同様にこちらも様子を見たい
まぁ大きな方向としてドル安というのはあるわけですが、短期的には欧州の状況なども鍵になっては来ますからね。英国などは、引き続き感染拡大が続いていることもあり、さらなる制限というのも検討しているようです。今はブレグジットが前向きに進んでいるのでポンドそのものは買われていますが、これでコロナで欧州も英国もダメ、ブレグジットも進みません、という事態になったら、消去法的なドル買いが復活しないとも限りません

そういうことも踏まえると、あんまり短期的にドル安という方向に傾くのもリスクが出てくるかなといったところで、引き続きポンドドルの押し目買い・ロングは推奨しますが、今の高値、ドル安に傾いている場面でポジションを取っていくのは、あまりオススメできません。一旦待ちですね。

LINE FXで1回取引で3,000円!まずまずの常設キャンペーン実施中!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で3,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■口座申込対象期間:2020年10月3日(土)00:00〜
※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。
・取引対象期間:口座申込の翌月末まで

■対象者
口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設および新規1Lot以上の取引を完了したお客様

■1Lot取引するために必要な資金
LINE FXでは1Lotを1万通貨としているため、「1ドル=100円」のレートであれば、1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。しかし、レバレッジの仕組みによって、資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。

ただし、為替の急激な変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
対象者のLINE FX口座へ現金3,000円を入金します。

■特典の付与時期
1取引が完了した月の翌月末までに特典付与します。
[例1]2020年10月3日~2020年10月30日までに取引を実施した場合、2020年11月30日までに特典付与します。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
とりあえず、4〜5万円ぐらい突っ込んで1回取引すればOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで3,000円キャッシュバック!


※トップ画像(swissmacky/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK