左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株/為替】そろそろ大きなチャンスが来そう!米大統領選挙を控えた不安定さに備えつつ…【10月26〜30日の週間相場展望】

【株/為替】そろそろ大きなチャンスが来そう!米大統領選挙を控えた不安定さに備えつつ…【10月26〜30日の週間相場展望】
来週の火曜日、11月3日の米大統領選挙へ向けての1週間ということで、不安定な相場にはなりそうですね。特に大統領選挙のある年は11〜12月に米国株が上昇するというアノマリーもありますから、下がるなら買い場だとは思いますが…(ΦωΦ)フフフ

もっとも、今回は郵便投票が大きなノイズとして絡んでいますので、通常であれば日本時間の4日昼前後に判明する結果についても、下手をすると1週間近くかかる可能性があります。いずれにせよ、コロナで異例の年ではありますから、あまり前のめりになり過ぎずに買っていったほうが良さそうです。

とりわけ、グロース銘柄については、上記の記事でも書いたように米長期金利が大きな上値阻害材料にはなりますからね。もちろん、それでもズーム(ZM)などの決算が格段に強い銘柄は買っても良いでしょう。テスラ(TSLA)は決算が良かった割には上昇力に乏しく、そもそもこれまで異常に買われていた背景もありますから、十分に下がるのを待ったほうがベターか。多少、バイデン銘柄でもあるのでちょっとは持ってて良いですが。

ズーム(日足):TradingView

ズームは500ドルラインは比較的強そうなラインで、ここを割ると次は460〜480ドル前後が見えてきますし、ここも割ると400ドル前後までギューンと下げる可能性もあります。

とりあえず、そんなに持ってなければ現状の510ドルで軽めに追加、480ドルでも軽めに追加、400ドル前後で厚めにウルトラハイパーストロングファイナルナンピンで耐える感じでしょうね。まぁ私も420ドルぐらいまできたら、全力でブチ込んで決算ギャンブルする予定ですw

というわけで、金利がジリジリ上がってきているので、まず買うなら好きなバリュー銘柄で、その次に決算の良いグロース銘柄といった感じでしょうか。

また、モロにバイデン銘柄みたいなのはバイデンの勝利確定を見届けてからで十分です。バイデン有利が伝えられていますが、総取り方式なので全体の支持率はどうでも良く、如何に接戦州(スイング・ステート)で効率良く勝つかが勝負ですからね\(`・ω・´+)コレダイジ

接戦州の動向を見ると、ここ1〜2週間で急速にトランプが巻き返しており、勢い的には資金力で勝るトランプにありますから、どちらが買ってもおかしくはありません。


株:大きく下げればダウ買い、短期のヘッジならナスダック売りで

トランプとバイデンのどちらが勝つかという議論にはあまり意味がないと考えています。どっちが勝つか全くわからないし、そもそもどちらが勝っても、なんだかんだ株は上がるでしょう。トランプの方が長い目で見れば株価にとって良いとは思いますが、バイデンの場合は新政権誕生ボーナス、ハネムーン・ラリーが期待できます(ゝω・)vキャピ

米国には一応、新政権誕生から100日はバッシングしないという紳士協定があるので、なんだかんだ期待感は膨らみやすいんですね。なので、バイデンの勝ちが確定したら確定したで、コロナ支援策であんなことしてくれるかな〜こんなことにならないかな〜で100日ぐらいはルンルンと。ただ、その後、年が明けて実際に就任すると現実というマリッジ・ブルーが襲って株価も伸びなくなるんですけどねw

あとは、経済指標を眺めながら年末商戦への期待、年末ラリー期待が高まるかどうかでしょうね。高まるようであれば、バリュー銘柄がより有利になりそうな雰囲気です。

というわけで、トレード戦略としては、何らかの材料でよほど大きく株価が下がるなら、少し長い目で見て株価指数は買いだと思います。あとは、グロース銘柄をかなり抱えてる場合、金利上昇にも備えて短期でナスダック指数をヘッジ売りという作戦も考えられるでしょう。

ダウ平均株価指数(日足):TradingView

ダウなら、ここから400〜500ドル下げてきたらポンっと買って、27,000ドル前後で追加でしょうね。瞬間的な値動きで26,000ドル試しはあるかもしれませんが、あまりイメージは湧きません。最悪、25,000ドルレベルを想定した余裕残しで、少し長い目で見て大統領選後を見据えて買い下がっていくイメージです。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

ナスダックは米長期金利が0.8%をしっかり割り込んでいくならともかくとして、大統領選前に12,000ドルを超える可能性はかなり低いように思います。とりあえずヘッジで売って、11,000ドル割れを試すかどうか。仮に割れればホールドして、底を確認すれば良いでしょう。

米長期金利が0.8%を割り込んで安定する、12,000ドル台で安定するなら一旦損切りでしょう。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
・目先はバリュー銘柄を少し優先しつつ、決算の良いグロース銘柄も買う
・大きく下がれば大統領選を見据えてダウをロング、短期のヘッジでナスダック売りも
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込みにくのでひたすら様子見
金利が上がる局面では、高PERなハイテク株よりもバリュー株に資金が向かうというのが教科書通りの値動きですからね。ちょっとそういう傾向が見られるので、手堅くいくならそういう戦略でしょうね。もっとも決算が良ければ問題ないですけどね。そういう意味で、ひたすらズームを推しているわけで。まぁ全体的な傾向としてはこうなので、個別株を買う際の参考にしていただければ。

なんだかんだバリュー銘柄はここ1〜2週間、グロース銘柄はここ1ヵ月間ぐらいが買い場になりそうなので、ぜひしっかりと準備しておきましょう。

\ゆきママも使ってる!ズームなど全世界12,000銘柄が1株単位で買えるIG証券↓↓↓/

為替:米大統領選挙を控え米ドルの値動きは見えない、ポンドの押し目狙いで!

為替は相変わらず明確さのないレンジ、とにかく方向感がありません。大統領選でどうなるかという質問がありますが、最近の傾向を見る限りでは結論はなかなか難しいですね。なんだかんだレンジになるとしか思えませんが。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は比較的堅そうだった105.00円の大台節目をしっかり割りこむと、105.00円未満での値動きが続いています。まぁドル円に関しては、株高・株安による円相場云々よりも、単純にドルの上げ下げの方がよほど影響が大きくなっている感じがあります。

先週は株価が下がると出ていたドル買い手当が見られず、ズルズル下げた印象です。ダウがさらに下げて28,000ドルを割り込めばリスクオフ(回避)のドル買いがでるのかには注目しておきたいところでしょう。

もっとも、ドル買いの反応があって反発するなら、結局は戻り売りを試すほかないでしょう。105.50円ブレイクに損切りを置いて、105.00円前後から軽く叩いくイメージ。悩ましい値動きですし、先が読めないので推奨はしません。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

結構誤算だったのがユーロドルですね。昨日の記事にも書きましたが、欧州PMIの予想外の強さでユーロの買い戻しが強まりました。まぁそれ以前にドル売りが加速したことが上昇の背景です。大統領選前にドル売りがかなり出た格好です。

基本的には戻り売りの方が有利そうではありますし、欧州でコロナが拡大して経済活動の制限が強まっていることを踏まえると、今週のECBイベントも内容的にはハト派となりそうなので、それが上値を抑えることにはなりそうなんですよね。

まぁ今週は米7-9月期GDP・速報値の発表もあるので、それらと欧州の経済格差などもフォーカスされるかもしれません。何れにせよ、かなり悩ましい。一旦様子を見たい通貨。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドは高値で買う気はしないものの、大きく下がれば買いという見通しは変わらずですね。やはり、なんだかんだ交渉は続けられそうです。一応の期限を10月31日までとはしていますが、なし崩し的に11月も行われるでしょう。


あとは、ツイートでも紹介した通り、ボリスが大統領選挙の結果を待つという話もありました。トランプは英国のブレグジットを一貫して支持していましたが、バイデンに変わるとどうかという話。窮地に陥った場合でも米国が助けてくれる前提がありましたが、トランプという後ろ盾を失うなら、合意なき離脱を避けるのではないかという見方のようです。

いずれにせよ、最短でも11月半ばぐらいまでは交渉を続けそうですから、大きく下がる場面があれば、損切り浅目で買って見るイメージですね。89日移動平均線(1.28941ドル)割れに損切りを置いて、致命的な材料でなければ1.29ドル台はチャンスと思って買ってみる感じでしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・ドル円はあえてやるなら戻り売りだが沼ずっと沼、クロス円も一旦様子見
■ユーロ米ドル
・先週見事に担がれてしまったので一旦様子見、どちらかといえば戻り売りだが…
■ポンド米ドル
・大きく下がれば買いたい、ここ数週間は押し目待ちで大体正解
■豪ドル米ドル
・中国との対立という大きなノイズがあり、利下げもありそうなので難しい
■NZドル米ドル
・同様にこちらも様子を見たい
こんなところでしょうか。引き続きポンドドルが一番エッジがありそうですね。損切り浅目にして大きく狙えば勝率が低くても問題ないですからね。あとは、大統領選を控えてドルの動きが難しいですから、無理しないで様子見に徹するのも大事でしょう。終わって結論が出てトレンドに乗った方が手堅そうですからね。

\LINE FXは1回取引で3,000円の良キャンペーン実施中!ぜひこの機会に↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
長々なりましたが、今日も最後までお読みいただきありがとうございます。なお、良かったなと思った記事をRT拡散していただけたり、興味のあるサービスがあればゆきママのブログのバナーを活用いただけると最近、下がり気味の更新意欲がアップしますので、何卒よろしくお願いいたします。

LINE FXで1回取引で3,000円!まずまずの常設キャンペーン実施中!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で3,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■口座申込対象期間:2020年10月3日(土)00:00〜
※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。
・取引対象期間:口座申込の翌月末まで

■対象者
口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設および新規1Lot以上の取引を完了したお客様

■1Lot取引するために必要な資金
LINE FXでは1Lotを1万通貨としているため、「1ドル=100円」のレートであれば、1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。しかし、レバレッジの仕組みによって、資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。

ただし、為替の急激な変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
対象者のLINE FX口座へ現金3,000円を入金します。

■特典の付与時期
1取引が完了した月の翌月末までに特典付与します。
[例1]2020年10月3日~2020年10月30日までに取引を実施した場合、2020年11月30日までに特典付与します。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
とりあえず、4〜5万円ぐらい突っ込んで1回取引すればOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで3,000円キャッシュバック!


※トップ画像(swissmacky/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK