左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株】相場は感染拡大とワクチン期待で一喜一憂!今やるべきことと今後のシナリオは?【11月13〜14日のトレード戦略】

【株】相場は感染拡大とワクチン期待で一喜一憂!今やるべきことと今後のシナリオは?【11月13〜14日のトレード戦略】
疲れた…バンカメ、ゴールドマンサックスのウルトラ手の平返しレポートを読み込んでいたのと、ここ2週間ぐらいで5,000万円、2〜3日で3,000万円ぐらい溶けて死んでました。まぁ昨日は流石にズーム(ZM)も自立反発して1,000万円ぐらい増えて億り人に復帰しましたが。

ツイートした通り、11日は退役軍人の日で債券市場が休場ですから、鬼の居ぬ間にリサイズ・損切りをして正解だとは思います(´・ω・`))´-ω-`))ウン


大事な話、相場関連の話題はアライさん(@pawhara_arai)でやっていますので、よろしくお願いします。まぁテスラ(TSLA)300株をぶっ飛ばして一息。100万円ぐらいしかプラスになりませんでしたが、重めのポジションを切れたのは良かったかなと。

テスラを切った理由としては、ツイートした通りで決算がイマイチだからですね。10年に1度と言われる神決算を出したズームはともかくとして、テスラは決算そのものは平凡ですからね。覇権は確定しているわけですが、あの決算でズーム以上のPER(株価収益率:1株当たり純利益の何倍か)が正当化されるのは厳しいのかなと。

とにかく、決算に少しでも傷のあるハイパー・グロース銘柄、あとはこれ以上の上昇が期待できないワクチンも全部ぶっとばして戦線を縮小しました。ただ、ツイートした通りズームは2,000株持ったまま決算突入する予定。最悪、ズームが0ドルになったとしても、今年の収益はプラスなので。


ギリアド(GILD)は超高配当かつ低PERのキャッシュフローの塊なので、これはもう長期でどんなことがあろうと握り続けていきます。

バイオンテック(BNTX)は一時1,600株ぐらい保有していますが、現在は400株ぐらいです。モデルナ(MRNA)はワクチンの承認機体もありますし、そもそもバイオンテックのワクチンが承認されれば十分勝ちなのでホールドしています。

AMD、エヌビディア(NVDA)はコロナ禍の後押しもあったとは言え、十分に好決算でした。インテルがずっこけてるのも大きいですし、今日発売のPS5のチップセットがAMD製。それにエヌビディアは次世代のAIの中核技術を持っていますから、押さえておいて損はないかなと。両方ともPERはそこそこ。

アップル(AAPL)は直近の決算が弱めでしたが、iPhone12が想定よりも売れており、iPadの部品を流用することで生産台数を確保しているとの報道もありましtから、次の決算は期待できるのかなと。まぁPERもそこまで高くないというか、かなりバリュー寄りなのでGAFAの中では目先で一番安定感があると考えています。

保有株については、こんなところでしょうか。目先でオススメがあるとすれば、ワクチンの成功、失敗の両睨みでアップルかなという気はします。そこまでPERも高くないので、金利上昇にも強く、上値余地はそれなりに高いでしょう。次期決算が期待できるのもポイントです。


期待通りのワクチンが完成するかが最大の焦点!

昨日はダウが3日ぶりの反落となったことからも分かるように、コロナの感染拡大やワクチンの有効率や供給体制への疑義が、やや巣篭もり銘柄を中心としたハイテク株の買い戻しにつながったようです。また、今日は金利がやや低下しており、グロース銘柄の買い戻しは入りやすいかもしれません。

もっとも、だからと言って決して安心できる状況ではなく、今後も感染状況とワクチンのデータ・効果を睨みながらの一喜一憂する不安定な相場が続きそうです。

やはりワクチンの報道で、バリュー銘柄とグロース銘柄のコントラストは鮮明となりつつあります。特にここ数日強かったのが、バイデン銘柄でもありバリューの筆頭であるエネルギー関連、次いで金融や工業、素材などが続いています。

NIAID(米国立アレルギー感染症研究所)のファウチ所長は、ファイザー/バイオンテック連合のワクチンについて、向こう1週間から10日で緊急使用許可を得る可能性が高いとし、モデルナのワクチンについても効果はほぼ同じで数日から1週間程度で第3相臨床試験の初期データが出てくるだろうとしています。

有効率90%は眉唾にしても、70〜80%というスーパー・ワクチンがこの短期間で開発され、使用許可が下りるとすると、相場の前提条件が大きく変わることは間違いありません

目先は、この期待通りの結果になるかどうかに注目しておきましょう。仮に期待通りになるとすれば、マーケットは再度称賛することになるでしょう。

米長期金利(日足):TradingView

今日の金利は落ち着いていますが、やはり1.0%の大台節目を超えてしまうと、特に高PERなグロース株が売られることになりますから、最大限警戒しておきましょう。

ダウ平均株価(日足):TradingView

個別のグロース銘柄を多く抱えている場合、やはりヘッジするならダウ平均株価のロングということになるでしょう。ただし、米国はロックダウンをしないからこその値動きとも言えるわけで、ロックダウンが徐々に増えてくれば、バリュー銘柄の高値も叩かれることになるでしょう。

緊急承認直後が一番の山場!決算の強い企業が極端に売られるなら…

今冬のコロナ禍に対しては、ワクチンは直接的にほとんど関係ないことが確定しています。したがって、目先はコロナの感染拡大によるロックダウンによる経済の停滞見通し(金利低下)と、ワクチン成功による将来的な経済の回復期待(金利上昇)という、相反する材料を市場がどう評価し、どう織り込んで行くかが注目されます。

個人的には、まずワクチンの緊急承認時が経済回復期待のピークになると考えており、期待通りのスーパー・ワクチンが完成したと発表されれば、それへの織り込みが急ピッチで続くのかなといったところです。

もっとも、繰り返しいっている通り、供給や効果については課題や疑問が多いため、徐々に期待感が剝落していくのかなと。そういう意味で言えば、ここ1〜2ヵ月はロックダウンの状況にもよりますが、グロース銘柄にとっては大きな試練の時になるかもしれません。

逆説的に言えば、グロース株を買い漁るなら、ここ1〜2ヵ月が1つの好機になる可能性も十分ですから、それに備えるというのも良いでしょう。

あとは、短期的というか、やはりワクチン成功を念頭に置くなら、エネルギーや銀行株といったバリュー銘柄を買っておくのが王道になります。

ただし、少し長い目で見た時にコロナがどうなるか、ワクチンがどれぐらいの成果を上げるかというのは全く未知ですから、ある程度、コロナ禍でブーストがあるとは言え、決算が非常に強かった企業の株が大きく売られるなら、それはそれでチャンスということです。

コロナ感染状況やワクチンの実戦における効果というのは誰にも分かりませんが、決算は分かっています。それは決して軽視するべきではないと思います。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
・ヘッジでダウをコツコツ拾っていく
・決算の少しでも冴えないグロース株は全決済、戦線縮小
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込みにくのでひたすら様子見
というわけで、結論から言うと戦線縮小です。今のうちに100倍を大きく超える超絶高PERな銘柄は持高を減らしておいた方が良いでしょう。

今までの好決算の全てを否定する必要はないですし、ワクチンが失敗する可能性もありますから、ポジションを持たないという極端なことをする必要もないですが、どんなに持っていても最終的に10持つとしたら5ぐらいが限度でしょう。

これまで利益が出ていない、これから相場を始めるような人は、10のうち2か3にして様子を見ましょう。ゆきママもだいぶポジションを整理して、5ぐらいに減らしています。

\ゆきママもどん太も使っているIG証券!米国株CFDからFXまで総合口座として使えます/

それから、大きな下げ局面では必ず言っていることですが、こういった極端な下落のある相場になった際は遅れてきたフレッシュな投資家が非常に有利です。高くて買えなかったと後悔している方は、ボチボチ証券口座を作るなどして準備しておきましょう。大きなチャンスが来ることになるでしょう。

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK