左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【雇用統計週】米上院議員選挙に注目!短期はプライスアクション重視【1月4〜8日の週間株価展望】

【雇用統計週】米上院議員選挙に注目!短期はプライスアクション重視【1月4〜8日の週間株価展望】
日本は三が日明け、海外はクリスマス休暇明けの今週からマーケットは本格化します。まぁ今週は米国の雇用統計週ということで重要指標目白押しですが、それ以上に注目なのが5日に行われる米国の上院議員選挙の決選投となります(*・д・)ジー

残り2議席を民主党候補と共和党候補がそれぞれ一騎討ちで争うことになり、2議席とも民主党が勝てば50:50のイーブンに。議会が50:50の場合は副大統領が最後の1票、決定権を持つことになりますから、こうなれば実質的にねじれ解消で上下両院、そして大統領も民主党というブルーウェーブ(青い波)という話になります。

今のところ、ブルウェーブになると富裕層・企業への増税やGAFA解体が意識されて株安という見方があるだけに注意が必要なイベントですね。まぁ今までは上院は共和党が過半数というねじれ前提で株高が進んでいた面もありますから、巻き戻しには警戒ということですφ(*'д'* )メモメモ

もっとも、単純に民主党が2議席勝利で株安、共和党が1議席以上獲得で過半数だから株高かと言えば、なかなか悩ましいですけどね。共和党が過半数だと、積極的な給付金は夢のまた夢。今は大規模なばら撒き・財政政策を期待する形で相場が上がってきた面もあるので、共和党勝利なら、その辺がどう作用するかですね。

選挙結果と株価への影響

民主党勝利(2議席獲得の完全勝利なら50:50だが、副大統領の投票で実質51:50)
・富裕層や大企業への増税、GAFA解体意識
ねじれ想定で株高となってきた分、巻き戻しもあり得る
・給付金追加などばら撒き型の財政政策期待
経済回復期待でバリュー銘柄の上昇も、一方、金利上昇によるグロース銘柄の下落も

共和党勝利(1議席でも獲得すれば過半数の51議席確保)
・小さな政府を志向、抑制的な予算になりやすい
国債増発回避で低金利、グロース銘柄にとってはプラスか
まぁこんなところですかね。メインシナリオとしては、やはり共和党有利が伝えられているので共和党が過半数獲得です。また、今回もコロナで郵便投票メインですから、接戦となった場合は数日から1週間程度、結果が判明するまでにかかる見通しとなっていますので、その辺も注意したいですね。

\米株投資にはIG証券が便利なので、ぜひゆきママのレポートをもらって始めましょう!↓/

基本的には堅調相場を想定!しかし軸足はディフェンシブに傾けて…

特に短期的なトレードにおいては、プライスアクションには逆らわない方が良いと思います。やはり上がっているものは上がりやすいですし、下がっているものは下がりやすいというのは自明の理ですからね。したがって、ショート、売りで入るということはあり得ません。ビットコインなども同様です。

しかしながら、冒頭で解説した上院議員選挙の決選投票など、大きなノイズもありますので、現金比率は高めておきましょうということですね。20日にはバイデン大統領の就任式もあります。いよいよ、バイデン政権が始動するわけですが、ボケ老人のバイデンで大丈夫か…ざわ…ざわ…という空気も出てくるでしょうしw

まぁ今週も株価指数に関しては、堅調想定がメインシナリオですけどね。ダウ(ローソク足)S&P500(赤線)は上昇力こそやや弱いものの、高値は更新し続けています。ナスダック(青線)は勢いに陰りも見えますが、なんだかんだ困った時のハイテク株といった感じで、パフォーマンスそのものは、年間、直近数ヵ月のどこで見ても主要指数の中で最も高いです。

9月以降の上昇力では主要指数を圧倒的に上回ったラッセル2000指数(黄線)は、ここ1〜2ヵ月で強く買い推奨してきましたが、年末は売り手不在という特殊要因もあったので、やや慎重スタンスで見ています。日経平均も海外勢不在、売り手が不足していた感は否めませんので、少し注意が必要でしょう。

う〜ん、指数トレードに関しては、下がった指数を押し目で買っとけば儲かってるような気はしますけどね。中でも上値が軽いのは、ナスダックやラッセル2000指数ですから、下がった場合は優先して狙っていくのが良いかもしれません。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
・引き続き現金比率を高めておく、下がればナスダック、ラッセル2000指数を狙うのもあり
■日経平均(日本株)
・週明けからは売り手不在の相場に変化が、上値の重さを確認したい
気になる個別銘柄に関しては、短期的にはプライスアクションに逆らわないというのが最も儲かると思います。したがって、ポジションが重すぎて切っていくなら、パフォーマンスの良い銘柄を優先して残し、悪い銘柄から切っていくということになります。

そういう意味では、ズーム(ZM)も目先は厳しそうですし、例外ではありません。ただ、個人的には年末の機関投資家不在の値動きにあまり振り回されたくないですし、ホールドしておきます。

まぁコロナウイルス消滅でズームの需要急減、そして経済が回復すればコロナ禍でダメダメだった企業が好決算連発という、このコントラストでズームが売られ、中小型株の買い戻しという流れになっているわけですが、ちょっと先回りし過ぎではという気がします。

ただ、短期は他の株を優先した方が良いでしょうね。あとは、AMDとかはそろそろ利食いで良いでしょう。上値も重くなってきましたし、1月26日に決算を予定しています。多分、良好な決算が出ても成長はかなり織り込まれているので下げそうです。決算が良ければ、そこから買い直しても良いですからね。

あとは、IPO銘柄は初回の決算見てからでも十分間に合うと思います。あとは、スクエア(SQ)とかどうですかという質問がありましたが、個人的にはペイパル(PYPL)の方が良いと思います。なんだかんだ、口座数が圧倒的なので、ビットコインを決済対象にしただけでポンポン決済量が伸びまくってますからね。

今年は金融系のIPOが予定されていますが、そういう影響で下がるならペイパルを拾っておいて良いかと思います。戦いは数だよ兄貴!まぁこれはズームにも言えることなんですよねぇ(ニチャア…)。数があれば、アレンジ1つで利益がクソクソに伸びるんですよね。

という感じですね。長々なりましたが、何度も繰り返しているように、目先はある程度、ポジションを利食いするなりリサイズするなりして、ポジションと現金比率を1:1にしていただければと思います。今後、大きな調整があれば喜んでコツコツ拾っていきましょう。

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK