左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【2月15〜19日の週間株価展望】下げても限定的な相場環境が続くか?しばらくはワクチン展開と経済回復を期待!【日経平均3万円】

【2月15〜19日の週間株価展望】下げても限定的な相場環境が続くか?しばらくはワクチン展開と経済回復を期待!【日経平均3万円】
日経平均が30年ぶりに30,000円の大台を回復!ここまで下げ幅が限定的だと、ショートで勝つことはかなり厳しいですからね。まずは買いつつ、押し目があればすかさず買うというスタイルしかないと思います(´-ω-)ウム

もちろん、相場が上がれば上がるほどダウンサイドリスクは高まるので注意しなければならないわけですが、持っていないと儲からないことも事実ですからね。

トルコのその1とかD高橋とかが下がる下がる煽ってますが、そりゃいつかは下がるし、突然思いっきり下がる可能性は結構あると思います。これだけバブル気味に上がってるわけですから。問題はタイミングなわけで、時間軸のない予想は超絶無意味ということで(*'Θ`*)イミフ!

それでは、現状の相場と今後の展望について簡単に解説しつつ、トレード戦略を考えていきたいと思います。

\FXからETF、米国株まで自由に投資できるオールインワン口座!ゆきママのレポートもらえる↓/

ワクチン接種が進展し、経済回復期待が再び高まっている模様

いつの間にか米国の新規感染者数もデイリーで10万人を下回るようになってきましたね。遅行スパンの死亡者数も減ってますし、まずまず良い感じです。リスクの高い高齢者へのワクチン接種が進んで一安心と言ったところでしょうかε-(´∀`*)ホッ
米国のコロナ感染はピークアウトか。背景にはロックダウンを継続してきたことや、ワクチン接種もあるのでしょうが、最も大きいのはクリスマスといった大規模な新規感染イベントがなかったこととされています。流石にメリケン人もクリスマス以外は家で大人しくしていたと。おかげで経済はメタメタですがw
上記は国民1人あたりのワクチン摂取回数ですが、英国も米国も非常に順調ですね。英国ではすでにリスクの高い国民への摂取目標を達成したと報じられており、この辺がポンド高要因でもあるのでしょう。

大体のワクチンは2回摂取が前提ですが、1回摂取しただけでもそこそこの効果は得られます。英国は約22%、米国は約15%の国民が1回目の摂取を終えた感じですね。一方で、欧州の主要国はまだまだ遅れていますし、ブラジルやアフリカなどはお察しレベルですね。

まぁ一部ではワクチンの供給不足もあるようですが、基本的に米英のワクチン接種は継続していくでしょうし、今後は気温も徐々に上がってきますから、なんだかんだ減ってく流れだと思いますね。

となると、やっぱりしばらくは経済の回復期待が先行して、コロナ禍で売られていた銘柄が買い戻される流れでしょう。シクリカル銘柄(景気敏感株)、指数で言えばラッセル2000指数(黄色)は強いままかと。
ダウはどうしても重いですね。まぁ工業の時代じゃないというのと、コロナ禍であってもなくても好決算を出せたハイテク銘柄と比べ、先行きは不透明ですからね。コロナが終息すれば回復することは間違いないですが、航空業界が順調に回復して完全に元通りになるかといえば、それもなかなか難しそうですからね。爪痕、ダメージが深過ぎる感じがするので、そういった銘柄はあまりオススメしません。

目先はコロナの関係なかったハイテク銘柄や、現段階でまずまず回復を見せている中小型株が買われやすいでしょうね。そういう意味では、やっぱり中小型株の代表的な指数であるラッセル2000は強そうです。

最終的には実際に決算が強い銘柄が正義!ただ、目先はリスクの高い銘柄にもチャレンジ

どの銘柄を買ったら良いですかという質問は毎日のようにありますが、手堅くやる、ベースにするなら、やっぱりアップル(AAPL)とかGAFAMに代表されるようなブランド企業が良いでしょう。なんだかんだ、どんなことがあっても強いですからね。最大30%ぐらいの下落を想定して買い進めていけば、まず問題ないように思います。

値幅を狙っていくなら、ズーム(ZM)も良いでしょう。ただし、3月1週目の3月1〜5日にかけては、いわゆるSaaS銘柄の決算が集中しています。ズームそのものは強くても、SaaSの決算が全体的に下振れれば、それに引っ張られるシナリオもあり得るのかなと。前回、少しそういう場面がありましたからね。

なので、買いのタイミングとしては今から軽く拾いつつ、下がれば買い下がって、最終的な買い増しは3月1週の決算ラッシュを確認してからという感じで良いでしょう。タイミングとレートを分けて、最低でも3回ぐらいに分けて買うことを心がけていただければと思います。

ユニティ(U)も買って良いと思います。なんだかんだ、覇権は確定しているわけで。AR、VRが一般化してくれば大化けすると思います。成長性も新興企業にしてはやや物足りなさもありますが、基本的に安定しているかなと。買い増して良いと思います。

【速報】ユニティ(U)第4四半期決算発表でアフター暴落!予想を上回るもアップルのIDFAアップデートなど…【Unity】


高いけど、半導体関連も良いと思いますけどね。国策インテル(INTC)は過小評価されすぎだと思います。既にゆきママが購入してから1ヵ月足らずで10%以上も上昇しています(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ.

Dが半導体需要は既に織り込まれると言ってたらしいですが、今後は織り込まれていることが実際にそうなるパターンと、織り込まれていたことがそうならないパターンで運命が分かれるように思いますね。多分、半導体はこれからも作り続けられるし、強い需要が継続するのはほぼ間違いないと思います。ビットコインも上がりまくってますしね。バブル!

一方で、コロナ終息前提、景気回復期待で買われているような銘柄は、実際にそうなるかどうかは分かりませんからね。既にワクチンの誘導する中和抗体をすり抜けるような変異も確認されつつあるわけで、今年の秋冬にロックダウンがないかと言えば、なかなか微妙なところかと思います。

まぁただ、これはかなり先の話なので、目先はリスクをバリバリにとって決算が先行して回復しそうな中小型株、バイデン銘柄のEVやクリエネ、次世代の宇宙開発・ドローン銘柄に突っ込むのが正義っぽいですけどね。

でも、これらの銘柄はポートフォリオの10〜20%に留めておいた方が良いでしょう。最悪、半値でも5〜10%のダメージならリカバリー可能ですからね。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
・ワクチンの進展、景気回復期待が高まっており、指数はラッセル2000優位か
・強めの値動きが続いているので、少しリスクの高い銘柄にも投資する
■日経平均(日本株)
・出遅れていた日本株の買い戻しが本格化、指数で勝負するなら選択肢の1つ
基本は買いでしょうね。ハイテク株は米長期金利(10年債利回り)の上昇などが気になりますが、1.20%前後でヨコヨコならまずは正当化されそうです。一足飛びに1.4〜1.5%ぐらいまで上昇すると、グロース銘柄は注意ですが。

あとは、基本的には楽観してみておくことでしょうかね。仮にバブルだとすれば、直前までは急激に上がり続けるものですからね。日本では暴落くるくる芸人が騒いでますが、米国では逆ですからね。どちらかというと、今の相場を正当化する声のほうが大きいです。儲かるか儲からないかの差は、メンタリティにあるのかなと。少なくとも悲観的では絶対に取れない相場。

というわけで、少しポジションを買い増して、保有ポジション:現金余力を6:4ぐらいにしておく感じですかね。リスク銘柄も少し買って、このバブルに乗っかっておくのも良いでしょう。

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

外為ジャパンFX】最大23,000円キャッシュバック
【外為ジャパンFX】申込

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK