左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【変異株でリスクオフ】コロナ感染者数が週間ベースで過去最多!景気敏感株が売られ円高に…【4月21〜22日のトレード戦略】

【変異株でリスクオフ】コロナ感染者数が週間ベースで過去最多!景気敏感株が売られ円高に…【4月21〜22日のトレード戦略】
過去1週間の新規感染者数は約520万人超と過去最多!ワクチン幻想は早くも終焉か…まぁ変異に対応したワクチンを作ることは容易ですが、生産と接種が変異に追いつかないパターンですかね。

というわけで、昨日は世界のコロナ感染者数が週間ベースで過去最多を更新したことから、世界全体の景気回復が想定よりも遅れるという見方が広がり、シクリカル株(景気敏感株)を中心に売り込まれるという流れでした。まぁ全体的に回復期待で買われてた銘柄の決算も悪かったですからね。


ワクチンで全てが元通りになる、V字回復期待の危険性というのは今週の展望記事でも書いたとおりですし、昨日もつぶやいた通りですね。基本的にリアルタイムの相場感、トレードアイディアはアライさん(@pawhara_arai)でやっていますので、フォローよろしくお願いします。


株:おそらく今の高値圏で入る必要はない、10〜20%程度の調整を待ちたい

思ったよりも早めに調整が来そうな兆候が出ているのかなといった印象ですね。月内から来月初旬ぐらいまでは強いと思ったのですが。いずれにせよ、今の高値で買い過ぎる必要はないでしょう。

まぁ高値をしっかり抜けてけば、改めて買っていくことも検討しますが、短期的には上値もかなり重たくなってますし、資金も入りすぎて身動きが取れなくなっている状況かなと。一旦調整的な下落を挟んで日柄調整しないと、なかなか上に行けなそうですからね。景気回復はもう織り込まれるだけ織り込まれましたし。

株価指数(日足):TradingView

今年は相変わらずナスダック総合指数(青線)のパフォーマンスが低調ですが、ついにラッセル2000指数(黄線)ダウ平均株価(ロウソク足)を下回りそうです。景気回復を見込んで中小型株を買うというようなトレードも一旦は終焉を迎えた感があります。原油などの商品も高値抜けできていませんし。

まぁ半年、1年というタームで考えているのであれば、特に何もする必要はないと思いますけどね。フルポジに近い、資金の8割ぐらいのポジションを持って気絶しておくだけ。もし、暴落があればそこでフルポジに仕上げて半年寝てれば良いでしょう。

しかしながら、1〜2ヵ月ぐらいで想定していたり、あまり利益を出していなくて不安という方は、少しポジションを落として4〜6割ぐらいにしておくと安心でしょう。変異株のコロナ蔓延で去年の3月のように思いっきり下がれば全力で買って気絶ですねw


金融株、航空株、レジャーなどが真っ赤っかですね。一方でワクチンの売り上げ期待もあってヘルスケア部門は強めです。ハイテクは小幅安で巻き添え食らった感じですかね。

この辺は何度も繰り返していることですが、コロナが拡大しても収束しても、どちらのパターンでも最終的に買える銘柄を握っておくのがポイントですね。したがって、決算の強いハイテク株を中心にポートフォリオを組んでいます。

ちなみに最近は台湾セミコンダクター(TSMC)をぶん投げてインテル(INTC)を買ってる理由について質問されるのですが、国策かつ過小評価されてることが大きいですね。まぁ22日に決算発表があるので、それを見てから買って良いと思いますが。ゆきママは50ドルから買ってますからね。

半導体事業については、主に回路の設計を行う企業(ファブレス型=工場を持たない、エヌビディアやアップルなど)、製造を手がける企業(ファウンドリ型、台湾セミコンダクター)、設計と製造の両方を行う企業(垂直統合型、インテルなど)に分類されますが、その中でファウンドリだけで見れば50%を超える圧倒的なシェアを誇ってるのが台湾セミコンダクターとなります。

それだけ製造技術で先行しているわけですが、ここで台湾セミに一極集中すると安全保障分野におけるリスクになり得るということで、バイデン政権は多額の予算をつけて国策として巻き返しを図ろうとしているんですね。

まぁ台湾セミも米国などに工場を建設するなど、上手に中国と米国の間でバランスを取ってはいますが、インテルがファブレス化してしまうようでは、長期的に考えれば米国が半導体技術で低迷するのは目に見えていますからね。

EUも域内での製造力・生産力を高める方針を明確に打ち出していますので、国家戦略としての半導体事業という意味で、インテルは買いでしょうね。2023年を目処にファウンドリ事業を強化していくとしていますし、引き続き有望だと思います。

\FXからETF、米国株にも対応できるオールインワン口座!ゆきママのレポートがもれなくもらえる!↓/

為替:はっきり方向感は見えないがリスクオフの円高傾向が徐々に…

米ドル高は一旦限界に達した感じがありますね。米長期金利(10年債利回り)が上昇しても、好調な経済指標、株安といったリスク材料があろうとも、米ドルの買い意欲はあまり高まっていません。この辺は、やはり米国の回復を織り込みすぎた反動なんでしょうね。

あとは、EUもようやくワクチン接種が加速し始めてることがあり、それを意識しているのでしょう。ポンドは元々織り込まれていましたが、数年にわたって売られ続けてきたという背景があるので、米ドル高が緩めばジワジワという流れになるのは当然。ただ、短期的な買い意欲は弱まっています。

まぁ全体的に見れば相変わらず方向感が見られずで悩ましいんですけどね。今日はリスクオフの円買い、やや米ドル買いみたいな動きでしょうか。短期、中期でトレンドが見えない今はトレードが難しいですね。

米ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は難易度高すぎますね。売っても買っても不正解のような。またリスクオンになれば良いのですが、世界的に再度コロナが蔓延し始めたことで、ややリスクオフの動き。今日はそれに米ドル買いというか、欧州通貨が下落したことで米ドルが押し出されたという格好でしょうか。

まぁワクチン期待によるリフレトレードで円売りが加速していたので、その反動が出始めていることを踏まえれば、コロナ沈静化が再度意識されるまでは、戻り売りが有利かもしれません。

トレードアイディアとしては、108.40〜108.60円ぐらいでお試しショート(売り)で、109.00〜109.10円の節目超えで一旦損切りといった感じ。下げ続けている限りは、利益を伸ばし続けて良いと思います。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロは明日のECB(欧州中銀)理事会の結果次第でしょうね。前回の会合では、PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の買い入れ枠を拡大しましたが、同時に過去最大の償還もあり、差し引きでは実質的な買い入れ増になっていないという指摘もあります。

ドイツの長期金利がジワリと上昇する中で、ラガルドECB総裁がどういった政策で金利上昇を抑えるのか、また最近高まっているユーロ高を抑え込むのかが注目されます。

この辺の結果次第で、ユーロ高イベントになるかユーロ安イベントになるのか決まるでしょう。まずは明日の結果を見てからで良いでしょう。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルは1.400ドルの大台定着に失敗して反落してしまいました。長期ではポンドは買いというのは揺らぎませんが、デイトレ、ウィークリーレベルだと上値が重くなっており、いかにももう一段調整しそうな流れなので、押し目買いは待った方が良いでしょう。高値で買っているなら、一旦逃げた方が無難です。

\LINE FXは1回取引で5,000円の神キャンペーン復活実施!ぜひこの機会に↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
こんな感じですかね。豪ドル円を含め、クロス円のロングは一旦撤退でしょうね。徐々にリスクオフの色が濃くなってきていますので、注意した方が良いでしょう。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。また、い皆様の応援RTや興味のあるサービスがあれば、ゆきママのブログのバナーを活用していただけるとやる気アップにつながりますので、よろしくお願いします。

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

外為ジャパンFX】最大23,000円キャッシュバック
【外為ジャパンFX】申込

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK