左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株安】コロナ給付金でインフレ懸念が再燃?時給15ドルじゃ絶対に働きたくないでござる!【5月11〜12日の株トレード戦略】

【株安】コロナ給付金でインフレ懸念が再燃?時給15ドルじゃ絶対に働きたくないでござる!【5月11〜12日の株トレード戦略】
インフレは一時的だってみんな言ってるじゃんかよぉ!!確定申告シーズンってこともあるんでしょうけどね。今年はコロナで平年よりも1ヶ月遅れで5月17日になってるらしいので、それまでお金を動かせない、今週が底になるとかなんとか、その2(@hirosetakao)が言ってたらしいです。ゆきママは鍵垢になってから見れてませんw

でも、そんな影響を受けるのは個人投資家が大半なわけで、ペニ株みたいなゴミ銘柄はともかくとして、週明けハイテク株の集団自殺状態になっているのは別な要因だと考えます。

そして、やや後付けっぽい話ではありますが、タイトルにもあるようにインフレ懸念というのは高まって株が売られた感じですかね。話を少し戻すと、先週末の雇用統計が衝撃的な弱さとなり、この背景として失業手当に上乗せされる特別給付金が影響しているということは解説した通りです。

【衝撃の米4月雇用統計・解説】弱い数字を好感してハイグロ銘柄復活なるか?まだ荒れそうだが慎重に買い!【5月10〜14日の週間株価展望】

また、ベージュブック(米地区連銀報告)によると、時給20ドル未満の求人には人が集まらないといった指摘があったことも先日の記事でも紹介しましたが、要は給付金の上乗せによって働かなくても時給15ドル程度はもらえることで、これが今後のスタンダード、賃金の最低ラインになるのではないかということです。

賃金インフレというのは硬直化が強い(賃金は一度上がると下げにくい性質がある)ため、FRB(米連邦準備制度理事会)は賃金インフレがあった場合、速やかに対応するというのが常識なんですよね。となると、早期テーパリング(緩和縮小)を意識と…またかよ!!

まぁ求人件数自体は加速していますし、企業が労働者の確保に苦心しているというデータもありますから、この辺が連想されて嫌気されている可能性が高いですね。

それに、ただでさえ高かった商品(コモデティ)市場では、米国のパイプラインがサイバー攻撃を受けたことで原油が一段と上昇していましたからね。コストプッシュ型のインフレも想起させたかもしれません。

インフレ、金利上昇が将来の利益の価値を実質的に減価させるというのはもちろんのこと、人や物の揃ったバリュー銘柄(企業)と、これから人や物を揃えていくハイパー・グロース銘柄(企業)では、ここでも明らかに後者がマイナスですからね。ハイグロには厳しい流れとなりました。

もっとも、冒頭でお話ししたようにほぼ全ての当局筋がインフレは一時的としていますし、これだけV字で伸びてしまうと、来年以降の停滞は当然どこかで織り込まれることになるわけで、今は我慢の時期といったところでしょうか。

\FXからETF、米国株にも対応できるオールインワン口座!ゆきママのレポートがもれなくもらえる!↓/

まだ荒れそう!ポジションがパンパンならリサイズ推奨で!!

嵐はもう少し続きそうですね。今すでにポジパンでピンチな人は減らしてください!持ち過ぎです!!明日発表の米4月消費者物価指数が弱めなら一旦落ち着くかもしれませんので、そこがポイントですかね。ぶっちゃけ、逆パターンもあり得ますが。

まぁぶっちゃけインフレの継続性はないと思いますけどね。結局、時給20ドルが当たり前になって、その状態でみんなが職にありつけば賃金インフレになるわけですが、そうなる可能性は低そうですからね。

無人化もどんどん進む中で時給15ドルじゃ働きたくないとか言ってると、無人化の流れが加速して、結局、それ以下の価値の仕事が残るだけではと。さらに半導体不足によるサプライチェーンの乱れも深刻ですし、そう簡単に雇用問題が片付くとは思えません。
ただ、こんな感じでブレーク・イーブン・インフレ率(市場の期待・想定インフレ率)は、記録的水準まで上昇してます(白目)。特に5年物(上画像)…まぁ企業は価格転嫁するだけなので、基本的にはインフレに強いとされるのが株ではあるわけですが、この急激な上昇が続くと結構キツイかも。やっと米長期金利(10年債利回り)は低下したのにね…;;

というわけで、やっぱりここ1〜2ヶ月ぐらいは厳しそうかなと思いますね。嵐が去るのがいつかというのは難しいですが、個人的にはその2が想定する17日以降というのは甘いような気がします。やはり最短でも来月のFOMC、長いと8月末のジャクソンホールぐらいまで尾を引きそうな感じがしますね。当局から明確にインフレは一時的である、テーパーはまだ先という見通しが示されないと厳しそうです。

主要株価指数(日足):TradingView

先走りすぎぃ!!まぁダウ(ローソク足)ナスダック(青線)の乖離というのは、必ず埋まるのが歴史なわけですが、ダウが下げて埋まるのか、それともナスダックが上げて埋まるのか…最悪パターンだと、やっぱり前者になるわけです。全部調整下落みたいな値動きも十分あると。

う〜ん、今の市場の織り込みって完全に生き過ぎだと思うんですけどね。リーマン・ショック以降、インフレらしいインフレがないですからね。賃金インフレからFRBが早期テーパー観測とか、インフレの暴走みたいな見方は、ちょっとおかしいですよね。

とはいえ、そんなことを言っても相場が正しいわけですから、あんまり喧嘩しても仕方ないですけどね。しばらくはダウの押し目を狙ったりシクリカル(景気敏感株)セクターを買ってヘッジするのが正解に近そうではあるんで。トレーディングが得意なら、そんな感じで。

あとは、現時点でポジがパンパン気味で余力がない、押し目で買えないようなら持ち過ぎなので、ポジションをリサイズするなど、調整推奨です。現物なら気絶でも良いですが、そうでない場合、底が見えない現状は警戒した方が良いでしょう。

まぁ下がった下がった言ってもナスダックは高値から5%ぐらいしか下げてませんからね。上昇を考えれば10%ぐらいの調整は当たり前にあるわけで、個別銘柄はもう一段、二段下落が加速する可能性があるということになりますので、そうなった時にラストナンピンぐらいできる余力は残しておきましょうということで。

あとは、これから投資しようという方にとってはまたとない調整チャンスになる可能性があります。何度も繰り返していますが、株は暴落した時が初めどきとなりますので、準備だけはしっかり整えておきましょう。

IG証券は米国株や株価指数、FXも金も原油も取引でき戦略の幅が広がる!

ゆきママもどん太も使ってるIG証券は米国株やダウやナスダックといった株価指数の取引はもちろんのこと、FX、原油や金などの商品トレードにも使えるオールインワン口座です。CFDなので売りからも気軽に入れるのが大きなメリットでもあります。

個別株で1年以上の長期の積み立て前提以外であれば、あらゆるトレードに使えるので、どんな相場にも対応できるのが魅力ですね。持っておくだけで戦略の幅がだいぶ違うと思います。

この他、レバレッジをかけられる他、ノックアウト・オプションといったさらに資金効率の高い取引もできますから、少ない資金で勝負をしたいという方にオススメしています。

弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券はオールインワンの総合口座!(公式サイトへ)


※トップ画像(Khakimullin Aleksandr/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【6月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK