左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【6月10日】ECB理事会と米5月消費者物価指数の展望解説!米長期金利の低下が怖い…【警戒】

【6月10日】ECB理事会と米5月消費者物価指数の展望解説!米長期金利の低下が怖い…【警戒】
明日のビッグイベントを前に黄色信号ですね。特に米長期金利(10年債利回り)などは過剰な値動きに思えます。金利低下を受けてハイテク株は上がっていますが、もし下げた時に買えないようなら、ポジションを整理して減らしておく方が無難でしょう。


アライ銘柄はまずまず順調ですが、明日10日の20:45に発表されるECB(欧州中央銀行)理事会の金融政策、それに21:30には米国の5月CPI(消費者物価指数)がありますから、決して油断はできないでしょう。

米長期金利(日足):TradingView

特に米長期金利の低下は懸念すべきかと思います。明日のECB、それに米CPIの数字次第では急激に変動する可能性があります。金利低下を喜んで小幅にナスダック、ハイテク株は上げる流れですが、一気に金利が上がったらと思うと寒すぎます。

値動きの背景については、一説によると明日のECB理事会でパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の出口について示唆があるのではという見方から、欧州債券売り→米国債券買いで米長期金利が低下しているという話です。

というわけで、10日のECB理事会と米5月CPIの展望やトレード戦略について、簡単にまとめておきますので、よろしくお願いします。


株&為替:無風通過もあり得るが、反動が怖い流れになってるので警戒!

ECB理事会に関しては、基本は現状維持見通しですけどね。ただ、いつものごとくドイツのワイトマン独連銀総裁が、さっさと債券買い入れ枠の縮小といったテーパー議論をしろとせっついてますね。まぁこの辺は想定通りというか、毎回毎回の様式美なので、問題視する必要ないでしょう。

ここ最近の経済指標を見る限りでは、まだ欧州は余裕があるというか、そこまで急激に回復している、インフレが加熱している感はないですからね。夏ぐらいには少し怖くなってくるかもしれませんが、コロナも完全な終息には至っていないので、まだ大丈夫かと。

なので、米国よりもテーパー議論が早く始まるのではと言われていたものの、個人的にはECB(欧州中央銀行)はもうちょっと様子を見る可能性が高いかなと。

想定としては、現状維持でテーパーを意識させることもなく、ユーロは横ばいかやや売られ、欧州債券売りからの流れで逆に下げている米長期金利は上がりそうな気がしますね。

んで、さらに問題なのは米5月消費者物価指数(CPI)ですね。これに関しては蓋を開けてみないとなんともですが、前月比で+0.4%、コア指数(エネルギーと食料品を除いたもの)も+0.4%が予想値、前年比では+4.7%、コア指数が+3.4%となっています。

いずれにせよ、前月比で+0.7〜0.8%といった水準以上になると、結構怖いことになると思うんですけどね。この場合は、当然、米長期金利も1.6〜1.7%台に戻しやすく、ハイテク株を中心にダメージを受けそうです。

いくらFRB当局がインフレが一時的といっても、この短期間にポンポンと物価が上がっていくのであれば、消費者はもちろんですが、それ以上に企業が想定する期待インフレというのは止まらなくなるでしょうからね。

木材価格に代表されるように、仕入れ価格はメチャクチャ上がってきてますからね。給付金バブルで消費は強いですから、価格を引き上げるのは今のタイミングからという話になりやすいですし、そうなれば消費者物価指数もさらに上がるわけで。

というわけで、本質的なインフレが一時的にしても、やはり市場の考えるインフレ見通しというのが高まってくれば、それに合わせて実際の経済も動いてインフレになりやすいわけですから、そうなればテーパリング(緩和縮小)が意識されるのは当然でしょう。

FRBも流石に冷やし玉というか、直接的なテーパーはしないにせよ、少なくともテーパー議論ぐらいはしても良いのでは、という話になってくると思うんですけどね。

まぁこの辺は明日のCPIの数字を見てみないと分からないんで、逆に予想並かそれを下回ってくるなら、やっぱりインフレは一時的だよね〜という見方で落ち着くパターンも十分あり得ますけどね。

とはいえ、先月もCPIの上振れで相場が崩れる場面がありましたから、今月も最大限警戒しておいた方が良いのかなと。特に事前の値動きとしては、米長期金利などがインフレを懸念するのと真逆の動きになっていて、反動が大きく出る可能性は高まっています。

特にハイテク株などには注意したほうが良いでしょう。来週はFOMC(米連邦公開市場委員会)も予定されていますし、少なくとも何人かのメンバーは、そこで金利見通しを大きく引き上げることが想定されるわけで、そう考えれば、目先の金利低下に喜んで高値で追いかけていく場面ではないでしょう。

本当にサマーラリーになるなら、明日の数字や来週のFOMCを確認してからでも十分間に合いますので、重たすぎるポジションは整理しておきたいですね。このように明日は株安、そしてドル高に警戒すべき1日かと思います。

LINE FXで1回取引で5,000円!神キャンペーンが大復活!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが復活しました!絶対にこの機会にやっておきましょう!!!!!

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■開催期間
 口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜
 取引対象期間:口座申込の翌月末まで
 ※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

■対象者
 口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了したお客様

■1取引するために必要な資金
 LINE FXでは取引通貨単位を1万通貨もしくは1000通貨から選ぶことができます。
 1万通貨の取引を行う場合、「1ドル=100円」のレートであれば、通常1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。
 しかし、レバレッジの仕組みによって、自己資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 1000通貨の取引を行う場合、上記と同じ条件で自己資金は4,000円(レバレッジ25倍)で、1000ドルを購入する事が可能です。
 ただし、為替の変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ以下の金額を入金します。
 ・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
 ・1万通貨以上:5,000円

■特典の付与時期
 取引対象期間の翌月末までに特典付与します。
 [例]2020年11月2日~2020年11月30日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2020年12月末までとなるため、特典は2021年1月末までに付与されます。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■よくあるご質問
 Q.1,000通貨単位で10回取引しても5,000円プレゼントの対象となりますか?
 A.はい、対象となります。
 取引対象期間中に合計で1万通貨以上のお取引を行っていただくと、5,000円付与の対象となります。1万通貨未満の場合は1,000円となりますのでご注意ください。※通貨ペアは問いません。(※詳しい内容は専用バナー先のランディングページにて必ずご確認ください)
とりあえず、トルコリラ円なら6,000円突っ込んで1回1万通貨取引すれば5,000円ですし、1,000円突っ込んで1,000通貨10回取引でもOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【7月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK