左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【コロナトレード】世界的な感染拡大でリスクオフ!秋冬への懸念を織り込みか?【7月20〜21日のトレード戦略】

【コロナトレード】世界的な感染拡大でリスクオフ!秋冬への懸念を織り込みか?【7月20〜21日のトレード戦略】
一言で表現するならコロナトレードですね。英国の異常な感染拡大や、米国の接種ペースの頭打ちを受けた値動きと言えるでしょう。規制ガバガバな英国はともかくとして、ロサンゼルスでは屋内マスクが復活しましたからね。

世界的に見てもインドネシアで爆発的に感染者数が増えてますし、シンガポールでも感染者数が1年ぶりに増加するなど、変異株による感染への懸念というのが嫌でも高まっているといったところです。

本来であれば、高温多湿の夏場であれば感染者数が減ってしかるべきですからね。じゃあこのまま秋冬になったらどうなるのっと、という話。

しかも、有効率9割超の超絶ワクチンで期待されていた集団免疫、7〜8割接種という目標は先行していたイスラエルですら厳しい状況。米国に至っては、昨日もお話しした通り、打ち止め感が高まっていますからね。

というわけで、米国株を中心に世界的に株価が急落、為替ではポンドが独歩安となりました。原油も8月からの増産を意識して売られていますが、コロナ懸念も反落の要因でしょう。

まぁ株価に関しては、昨日も書いた通りで大きく下がったら買いのチャンスですね。昨日、エヌビディア(NVDA)の急騰を見事的中させましたが、理由もなく他の株より大きく売られていたので買っただけですからね。株は下がればダウンサイドリスクは小さくなるわけですから、積極的に狙っていきたいところ。
S&P500の中で唯一燦然と輝くエヌビデ…( ・´ー・`)ドヤァ… ただし、上値の重い銘柄はどうせズルズルなので買わないのが大事ですけどね。反発しにくいですから。そういう意味では、株価が不安定な今、そんなに慌てて買う銘柄はないかなと。


アライさん銘柄の中では、クラウドストライク(CRWD)が220〜230ドルぐらいまで落ちてくれば、そんなに持ってない人は追加しても良いですし、新規でもこの辺りから入りたいですね。

あとは、短期的にそこまで魅力的な銘柄はありません。どれも随分高いか上値が重たくなってますからね。しっかり調整をこなしてからの買い増しで良いでしょう。

\昨夜S&P500種類の銘柄の中からピンポイントでエヌビディアを的中させたゆきママの投資レポートがもれなくもらえる↓/


原油:ここ1〜2ヶ月での高値更新は難しい!強材料への反応次第だが…

原油は景気回復の織り込みが終わったことと、18日のOPECプラス閣僚級会合で来月8月から増産(減産量を毎月日量40万バレル縮小)、あとは冒頭に書いたようにコロナトレードですね。

WTI原油(日足):TradingView

昨年のコロナショック以後、1年以上も堅調な値動きを続けてきましたが、そろそろ頭打ちですかね。需要面では、世界トップの消費国である米国は引き続き堅調に消費が回復していますが、第2位の中国の景気はかなりギクシャクしてますからね。中国は世界的に見てもいち早くコロナ禍から回復したのに、6月の個人消費は+4.9%と例年の+8%台に戻せていません

そして、第3位のインドに至っては輸入量を削減しています。特にインドはコロナが直撃した格好ですから、嫌でも意識されています。

で、供給面では来月から増産されて増えていくわけですから、上値が重たくなるのも当然ですね。

今後の値動きとしては、まずはどこで下げ止まるのかということと、もう1つは、強材料に対してどれだけ反応できるのかという点でしょう。いずれにせよ、コロナの感染拡大が続くとすれば、秋冬の懸念は一層強まりますから、ここ1〜2ヶ月で高値圏の75ドルを超えていくのは厳しくなったと考えています。


為替:意外とユーロが強い!でもECB次第だが戻り売り戦略は変わらず

もはや米長期金利(10年債利回り)関係なく、リスクオフのドル高が継続ですね。中長期的に見ればファンダメンタルズ、景気の回復速度や金融政策が重視されますが、短期は完全にセンチメントですね。

日々更新している為替のトレード戦略は、デイトレか長くてもウィークリーレベルの話なので、センチメントには注意しながら見ておきましょう。

ただ、今のところは短期でも中長期でも、ドル高というのは変わらないので、まずはそれを念頭に置いてトレード戦略を考えるだけなんですけどね。

まぁ週明けの為替を見る中で、これだけ株価が下がる中でドル高というのは当然の流れ。コロナの感染拡大を理由にここまでポンドが売られるのはやや意外でしたが、それ以上に驚いたのがユーロの底堅さですね。今週はECBイベントがあるので、極端にポジションを傾けにくいというのもあるかもしれませんが。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は触りにくいですね。株価が大きく下がれば円高になるわけですが、同時にドル高でもあるので下げもそこまでではないんですよね。なので、ツッコミ売りはしにくいと。なので、なるべくなら買いたいですが、株価動向がこれだけ不安定だと、どこでというのは悩ましいですね。株価が落ち着くまでは様子を見るしかないでしょう。

これはクロス円も同様というか、株価が下がると円高とドル高でダブルパンチですからね。そういった意味で、現状でクロス円のロングはイミフですね。どの通貨ペアも売り場を探すか、所詮は合成通貨なのでトレードしないようにしましょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ここ最近はトップトレードなのがユーロドルの戻り売りですね。現状で一番安定していると思います。今週のドルの強さを踏まえれば、もっと下で取引されてもおかしくはないのですが、意外と強いですね。まぁポンドが売られ過ぎているので、欧州通貨の中で消去法的なユーロ買いというのも影響したかもしれませんが。

22日にはECBイベントがあるのでポジションは持ちにくいですが、引き続き戻りは叩きたいですね。1.18ドル台に戻してきたら、打診売りでしょうね。1.180〜1.182ドルで軽めに売り、1.184〜1.185ドルで追加、1.191ドルで損切りといった感じ、目標は40〜50pipsぐらいで見ておきたいところでしょう。

まぁECBイベント次第で変わってきますが、基本的に世界的なコロナの感染拡大がリスクですし、ラガルドECB総裁もテーパリング(緩和縮小)を急いでしたいわけではないですから、ユーロ安材料になりやすいかと。新たなインフレターゲットの設定、インフレ上振れを許容するという話もありますから、そうなでばハト派的な認識は広がりやすいですからね。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドは完全に崩れましたね。長期ならずっと持ってれば良いと思いますけど、あくまでデイトレなら、ちゃんと損切りラインで切ってくださいね。先週も書きましたが、ポンドは極端な値動きが多いのでズルズル持ってると致命傷になります。

まぁ行動制限を完全撤廃して、経済も強いので売られ過ぎ感はありますが、相変わらず感染者数は増え続けてますし、ボリス首相が感染して隔離措置などといったニュースも売りに傾かせてるんですかね。

どこかで買いたさはあるものの、まずは底を確認するか、英国におけるコロナの感染拡大は問題ないという認識が広まるまでは手を出せないですね。まぁ1.367ドルといった底が完全に抜けてしまいましたから、ズブズブ沼りそうではあるんですけどね。あとは米ドル、株価次第という話に。

\LINE FXは1回取引で5,000円の神キャンペーン復活実施!ぜひこの機会に↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
オーストラリアでも感染が拡大し、ロックダウンが延長とのことで、テーパリング撤回観測も出ていますね。こうなると豪ドルは買えないですし、豪ドル円なんかは売りを狙ってく相場でしょうね。ただ、株価がどうなるかというのは、なかなか読み切れないですからね。一時的には下げいますが、まだまだアップトレンドにはあるわけで。

というわけで、引き続きユーロドルの戻り売りが手堅いかと思います。あとは、株価が下がるという確信を持っているならクロス円をショートしていくかといったところ。まぁユロルが手堅いとは思いますけどね。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました!ほんと興味のあるサービス、お得なキャンペーンなど、やりたいなと思ったらゆきママのブログのバナーを活用していただけると、ツイッターでの返信やブログの更新モチベがアップしますので、何卒よろしくお願いします。

LINE FXで1回取引で5,000円!神キャンペーンが大復活!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが復活しました!絶対にこの機会にやっておきましょう!!!!!

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■開催期間
 口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜
 取引対象期間:口座申込の翌月末まで
 ※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

■対象者
 口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了したお客様

■1取引するために必要な資金
 LINE FXでは取引通貨単位を1万通貨もしくは1000通貨から選ぶことができます。
 1万通貨の取引を行う場合、「1ドル=100円」のレートであれば、通常1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。
 しかし、レバレッジの仕組みによって、自己資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 1000通貨の取引を行う場合、上記と同じ条件で自己資金は4,000円(レバレッジ25倍)で、1000ドルを購入する事が可能です。
 ただし、為替の変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ以下の金額を入金します。
 ・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
 ・1万通貨以上:5,000円

■特典の付与時期
 取引対象期間の翌月末までに特典付与します。
 [例]2020年11月2日~2020年11月30日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2020年12月末までとなるため、特典は2021年1月末までに付与されます。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■よくあるご質問
 Q.1,000通貨単位で10回取引しても5,000円プレゼントの対象となりますか?
 A.はい、対象となります。
 取引対象期間中に合計で1万通貨以上のお取引を行っていただくと、5,000円付与の対象となります。1万通貨未満の場合は1,000円となりますのでご注意ください。※通貨ペアは問いません。(※詳しい内容は専用バナー先のランディングページにて必ずご確認ください)
とりあえず、トルコリラ円なら6,000円突っ込んで1回1万通貨取引すれば5,000円ですし、1,000円突っ込んで1,000通貨10回取引でもOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【9月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK