左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【8月30日〜9月3日の週間相場展望】ハト派なジャクソンホールを終え、次の焦点は雇用統計へ!【株高・ドル高】

【8月30日〜9月3日の週間相場展望】ハト派なジャクソンホールを終え、次の焦点は雇用統計へ!【株高・ドル高】
ジャクソンホールについては、ツイッターでまとめた通りです。解説にも書きましたが、びっくりするぐらい超ハト派で、想定よりも慎重姿勢を感じたマーケットは好感、株高・ドル安の値動きとなりました。FOMCのまとめについては、以下のツイートのツリーを確認していただければと思います。


パウエルFRB議長はハト派的な見解を示した一方で、他の連銀総裁はテーパリング(緩和縮小)を織り込ませようとタカ派、強気な発言を繰り返しているわけですから、それを踏まえると、経済指標や想定を超えたコロナの感染拡大でもない限りは、早ければ年内、遅くとも来年初めにはテーパーということになるのでしょう。市場はそれを十分織り込んだ上で、ハト派的との判断を下しています。

日程を踏まえれば、今週末9月3日発表の米8月雇用統計が良ければ、実際にそうなるかは別として、少なくとも9月21〜22日のFOMC(米連邦公開市場委員会)でテーパー示唆が行われるということを、市場は改めて織り込んでいくことになるでしょう。そういう意味では、週末の雇用統計は非常に重要ですから注目しておきましょう。

まぁいずれにせよ、テーパリングは時間の問題なわけですから、為替的にはドル高という大きな方向は変わらないでしょう。株価に関しても、十分に織り込み済みでしょうから、多少は荒れる可能性はあるものの、暴落を想定して行動するほどではないかなと思います。その辺を踏まえながら、今週の株価と為替の展望について、簡単にまとめておきたいと思います。

\テンバガー誕生、今年イチオシのCRWDはナスダック100採用!そんなゆきママのレポートもらえる↓/

株:調整下落の可能性は否定できないが、今年は全く下がらない相場

荒れる荒れる、暴落暴落言われてますけどね。確かに、実際にテーパリングが発表されれば、それなりの調整、前回もテーパータントラム(金融市場が大きく動揺した事象)がありましたから、8年前のトラウマが市場を襲うとか、熱心に株エコノミスト芸人は解説してますけど、どうなんですかね。まー、はっきり言って分かりませぇん!そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。

ただ、8年前もコツンと下げて、その後は利上げが行われるまでずっと堅調だったわけですから、そこまで懸念することはないと思います。要はテーパーというのは、緩和的な経済政策から徐々に脱却していくだけで、利上げに代表されるような引き締めとは全く違うわけですからね。多少上値が重くなり、上昇力は落ちるかもしれませんが、そんな中でも買われる株は買われるわけで、とりわけGAFAMなんかは利上げも関係なくガンガングングンズイズイ上昇してきたわけでして。

米主要株価指数(日足):TradingView

ハイテクハイテクゥ!やはりハイテクは全てを解決する。というわけで、ここに来てナスダック総合指数(青)の騰勢が目立つようになってきましたね。高い成長性を維持したハイテク銘柄は金利の上昇にも強いですし、中でも去年のコロナ禍をくぐり抜けた銘柄というのは買われやすいですね。

一方で、勢いは徐々に弱まっているものの、相変わらず米国のコロナの感染者数、入院患者数、ICU患者数は増加傾向にあるわけで、秋冬に向けた不安も残すといったところでしょうか。ダウ(ローソク足)は冴えず、バリューとグロースの綱引きは、結局、グロースの勝利となっています。

まぁこの傾向は続くでしょうね。確かに今後テーパー局面で想定される金利上昇というのはグロース銘柄にとってアゲンストですが、それ以上に重要なのは各企業の成長性ですからね。20年、30年前のドットコムバブルとは違い、成長性がないのに極端な成長を先取りするのではなく、今は約束された成長性がありますからね。


アライさん銘柄は、今年イチオシのクラウドストライク(CRWD)を中心に順調ですねぇ(ニチャア…)。まぁ31日(日本時間9月1日早朝)に決算が発表されますから、まだ持ってない人はそれ見てからでも良いと思います。よっぽどクソな決算出さなければ、まず買いでしょう。問題なければ普通に買いですし。

あとは、エヌビディア(NVDA)は十分高いですが、まだ伸びそうなので持ってなければ少しずつ買っていけば良いでしょう。ズーム(ZM)もぼちぼち狙い目だと思います。いずれも一気には買わず、最低でも3〜5回ぐらいに分けて、2ヶ月ぐらいはかけてコツコツ買い進めていただければと思います。

まぁ今週末は大注目の雇用統計もありますし、不安な方、握力が赤ちゃんで弱めな方は少しポジションを整理する、利食いしてキャッシュを確保しておくのは悪いことではないでしょう。もっとも、10割近くポジションを持ってるなら別として、せいぜい落としても1〜2割ぐらいでしょうね。今年は5%の下げもなく、非常に堅調で押し目がない相場ですから、安易に落としすぎると乗っかれないですからね。少なくともベースポジはガッチリ確保してください。

それから、一発逆転を狙いたい、みたいな相談が割と来るんですけど、そういう人こそ、ポジションを少し大きめに減らしてキャッシュを多めに確保して、下がるのお祈りでしょうねw ガッツーンと指数で5〜10%レベルの下げが来ることを祈りましょう。個別銘柄的には10〜30%ぐらい下げるかもしれません。そうなれば、下がるたびにひたすら買い増してって、最後に下げの頂点、みんなぶん投げたタイミングで思いっきり買って気絶するだけですね。ポジ3割、キャッシュ7割ぐらい残して暴落お祈りチャレンジするのはアリ。

これ以外はあまりオススメしないですねw 相場も十分高いというか、流石にこれ以上のペースで加速して上昇するという想定もしにくいので。この銘柄しかねぇ!って気持ちでカンカン強気でスッ高値でオールインして、ズームの悲劇再びになりかねません。そういうことなので、一発を狙いたい方は少し多めにキャッシュを確保して、握力弱めな人はちょっと減らして、握力が強めな方は下がった時に買うための2〜3割キャッシュを残してホールドしておけば十分です。

為替:雇用統計次第だが中銀スタンスを踏まえれば結局はドル高!

まぁ長めのトレンドで見れば、米ドル高で良いと思うんですけどね。ECB(欧州中央銀行)はテーパーの兆しすらないわけですから。とはいえ、短期的にはジャクソンホールでドル安方向に巻き戻されましたので、一旦はどこまで戻すかといったところでしょう。

短期的に見れば、引き続きユーロドルの戻り売り・ショート戦略を中心に、テーパー意識での株安からの円高、さらにドル高を想定すれば、クロス円なんかは売り場探しなんですけど、豪ドル円やNZドル円の場合は政府がゼロ・コロナ政策を止めるという大きな方針転換をしたので、様子を見ながら押し目を狙った方が良いのかなと。ユーロ円、ポンド円、その他新興国通貨のクロス円はは売り場探しでしょう。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は悩ましいというか、方向性は今後もあまり出ないんでしょうね。これだけの株高で、この程度の値動きですから上も限られてますし、かといって売っていくのもなんだかなぁといったところで。まぁデイトレでも数銭ポチポチ取る程度でしょうし、どうこうということはないですね。

目先は109.50〜110.20円ぐらいをコアレンジとして想定し、レンジ下限に近ければ買い・レンジ上限に近ければ売り、ぐらいのざっくりした戦略しかないですね。こんなんどうやって取るのって感じしかしないので、どうしようもない通貨ペアになってると思います。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

まぁ結局は売るんですけど、早めなら1.178ドルブレイクで一旦切りとしていましたから、切っていた人は売り場探し。遅めなら1.183ドルブレイクの損切り想定で、今の水準で売り追加でしょう。

まだローソク足全体が上抜けた状態ではないですが、もう一段はありそうですからね。1.183ドルを抜けると、1.190ドルレベルまでの反発はありそうなので、そのつもりで売り場探しといったところ。下値は21日移動平均線(1.17694ドル)、1.173ドルレベルがサポートとなりそう。

とりあえず、週明け序盤の値動きを見ながら、もう一段の反発がありそうなのか、それとも雇用統計に備えて一旦下がるのかを見たいところです。最終的には雇用統計次第になるので、売るにせよ買うにせよ、利食い幅は小さめでしょう。

LINE FXで1回取引で5,000円!神キャンペーンが大復活!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが復活しました!絶対にこの機会にやっておきましょう!!!!!

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■開催期間
 口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜
 取引対象期間:口座申込の翌月末まで
 ※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

■対象者
 口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了したお客様

■1取引するために必要な資金
 LINE FXでは取引通貨単位を1万通貨もしくは1000通貨から選ぶことができます。
 1万通貨の取引を行う場合、「1ドル=100円」のレートであれば、通常1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。
 しかし、レバレッジの仕組みによって、自己資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 1000通貨の取引を行う場合、上記と同じ条件で自己資金は4,000円(レバレッジ25倍)で、1000ドルを購入する事が可能です。
 ただし、為替の変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ以下の金額を入金します。
 ・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
 ・1万通貨以上:5,000円

■特典の付与時期
 取引対象期間の翌月末までに特典付与します。
 [例]2020年11月2日~2020年11月30日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2020年12月末までとなるため、特典は2021年1月末までに付与されます。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■よくあるご質問
 Q.1,000通貨単位で10回取引しても5,000円プレゼントの対象となりますか?
 A.はい、対象となります。
 取引対象期間中に合計で1万通貨以上のお取引を行っていただくと、5,000円付与の対象となります。1万通貨未満の場合は1,000円となりますのでご注意ください。※通貨ペアは問いません。(※詳しい内容は専用バナー先のランディングページにて必ずご確認ください)
とりあえず、トルコリラ円なら6,000円突っ込んで1回1万通貨取引すれば5,000円ですし、1,000円突っ込んで1,000通貨10回取引でもOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK