左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【展望解説】FOMCでテーパリング示唆は既定路線!サプライズはドットチャートか?【9月22〜23日のトレード戦略】

【展望解説】FOMCでテーパリング示唆は既定路線!サプライズはドットチャートか?【9月22〜23日のトレード戦略】
今日はいよいよFOMC(米連邦公開市場委員会)の政策・声明が発表されます。日本時間で23日の午前3:00からですが、明日は秋分の日で休日ですから、見れる人は見ましょう!ちな、3:30からはパウエルFRB議長の定例記者会見も予定されています。

で、注目されるのはテーパリング(緩和縮小)開始の足固め、地ならしのような声明文、発言があるかについてですが、これについてはほぼ織り込み済みなので、サプライズにはならないでしょう。あるとすれば、ドットチャート(各メンバーの想定する金利水準をグラフ化したもの)ぐらいでしょうか。

なので、極端な話で言えば、今回のイベントは想定するだけ無駄というか、市場の反応出たとこ勝負というか受け止め方一つですね。まぁ不安定であることを踏まえれば、何があってもネガティブに捉えて相場は下げやすいと思いますが。

ただ、以前から繰り返しているように、テーパリング示唆で相場はコツンと下がりやすいですが、あくまでも引き締めではなくてシャバシャバに緩和する流れを少しずつやめていくというだけなので、そんなにそんなに株価がプレッシャーを受けることは想定しなくて良いでしょう。本当にプレッシャーを受けるのは、金利の引き上げからですね。

【FOMC解説】テーパリングは大丈夫?前回のテーパー示唆から相場の動きを考察!【6月16〜17日の株トレード戦略】

それでも、一応は今日のFOMCの見所やポイント、トレード戦略について具体的に解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。ちなみに、今日もアライさん(@pawhara_arai)がFOMCのリアルタイム実況を行いますので、お楽しみに!


FOMC展望:基本的には株安からの円高、利上げ想定でドル高意識のイベント

マーケットとしては、今回の9月でテーパーの地ならし、11月発表、12月or来年1月開始、みたいなのを完全に織り込んでますからね。まぁ多少前後する可能性はありますが、遠くないというか、近い将来必ずくるものといった感じです。これが大幅に後ズレするような話になればサプライズですが、それはないでしょう。

で、注目となるのは利上げ後の展望、四半期に一度発表されるドットチャート(ドットプロット)ということになります。これに関しては、パウエル議長が「個々の解釈の寄せ集め」であり、「将来の金利動向に関する優れた予想ではない」「慎重に受け止めるべき」、などと市場を牽制するような発言をしていますが、そうは言ってもやっぱりこれしか手がかりはないわけで、嫌でも注目されます。

まぁFRBメンバーでも影響力のあるメンバーと、そうでないメンバー、いろいろいるわけですから、どこの誰が打ったか分からない点(ドット)を見て将来を占っても仕方ないんですけどね。それでも、これを見て織り込んでいくわけですから、大きなポイントにならざるを得ないというわけです。
で、上記は前回6月のFOMCで示されたドットチャートですが、今回はこの2022年の利上げ0回という予想が1回となり、2023年の利上げ予想が2回で合計3回になる、というような予想が多いですね。こうなれば、まずまずタカ派・強気見通しとなるでしょう。

なので、これ以上の利上げ回数見通しとなるのであれば、結構なサプライズにはなるでしょう。具体的には2022年の金利水準が0.375%以上(0.25%の利上げ1.5回分相当)、2023年の金利水準が0.875%以上(3.5回相当)でしょうね。そうなればそうなったで、パウエル議長も牽制するでしょうが、市場の反応というのは結構厳しいものになると思われます。

相場の値動きとしては、やはり不安定なだけに株安になりやすいイベントですから、為替は円高、そして利上げ織り込み加速のドル高を想定して臨むイベントではあるでしょう。

逆に前回と同様に2022年の利上げが0、2023年に2回の合計2回程度という話になれば、ハト派・弱気見通しということで金利低下からのドル安、ハイテク株は買われやすそうか。

株:底当てゲームをしても仕方ないので、下がれば買い場の意識で

昨日は序盤は自立反発的な値動きでしたが、結局ダウは下げました。まぁここまでの下げを踏まえれば機械的な買いも入っているといった感じでしょうか。中国恒大集団は相変わらず重しになっていますが、まずリーマンショック級の問題になる可能性はほとんどなく、あとは冷え気味な中国経済にどの程度影響するかといったところでしょう。

今日のダウ先は堅調ですから、とりあえずFOMC前は買いが入る格好でポジション調整、徐々に反落してFOMCイベント。これで大きく下げずに通過すれば株高になる場面もあるとは思います。

米主要株価指数(日足):TradingView

ダウ(ローソク足)のやられっぷりが目立ちますが、S&P500(オレンジ)ナスダック(青)は、まだ騰勢を保ったままです。タカ派で利上げ前倒しみたいな話になると、もう一段ぐらいは下げるかもしれません。

どこが底かというのは誰にも分かりませんし、どうなったら落ち着くかというのも分かりません。それでも、下げた下げたといっても指数は高値から5%程度ですし、特に慌てることはないように思います。買いたかった株を安く買うチャンスということでしょう。

仮に今日のイベントで大きく下がっていくなら、欲しかった銘柄を買い増すタイミングでしょう。1割ぐらいは買い増して、さらなる下落があるのか様子を見たいところです。さらに下がるなら、そこでまた追加していけば良いでしょう。


アライさん銘柄では、データドッグ(DDOG)は強いですね。相場環境が良くなれば、もっと上を目指せそう。クラウドストライク(CRWD)は高値を抜けず、相場環境も悪いので、やや勢いは失われていますね。エヌビディア(NVDA)も同様です。ただ、この2つの銘柄は、仮に今日下げるなら買い増ししても良いと思います。データドッグはさっさと3〜4割は買っときましょう。

この他の上値の重い銘柄は、慌てて買わなくても良いと思います。状況を見ながら慎重に。でも、全体の下落に巻き込まれて暴落するなら買っておきたいですね。

\10銘柄からテンバガー誕生、28ドル→449ドルのモデルナ!今年イチオシのCRWDはナスダック100採用!そんなゆきママのレポートもらえる↓/

為替:FOMCはドル高想定!恒大集団の着地点を見極めるまでクロス円はショート

為替は意外とセンシティブですね。今日は恒大集団の支払い遅延が報じられてリスクオフ(回避)的な円高が強まるも、その後に社債利払い実施というヘッドラインに反応して円売りといった感じです。まぁ少なくとも恒大集団の問題がどう着地するか分からない以上、ドル円、クロス円は買いにくいですよね。

しかも、FOMCでサプライズがなければ、かなりの確率でドル高地合いは続くわけですし。となれば、クロス円かユーロドルのショート・戻り売り、というのが基本戦略というのは変わりません。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円も、どちらかというと戻り売りなんでしょうね。110.00円台から上は明らかに重いわけで。今の水準で売って、110.00円台にあっさり戻してくるなら撤退か、109.80〜110.00円まで戻りを待って、110.50円を超えたら損切りといったざっくりとしたトレードで良いかと。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルについては、ずっとショート・戻り売りは変わりませんが、キビキビとも下げていかず、ユーロ売り圧力は弱め。ドルインデックスも重く上値ブレイクせずですから、やはりここは戻り待ちで良いでしょう。21日移動平均線(1.17994ドル)の手前、1.178〜1.180ドルぐらいまでは待ちたいところ。ここまで戻せばとりあえず売って、早めなら1.183ドルブレイクで損切り、頑張るなら1.186ドルぐらいまで売り続けても良いでしょう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円はいい位置まで戻してきた感はありますね。チャレンジするなら、今の水準から売って見て良いかもしれません。ただ、FOMCを控えているので損切り浅めにすると即狩られそうで、かといって深めにすると反転が怖いですからね。なんだかんだ、ドルインデックスを見ても高値ブレイクはしていないので、FOMCを確認してからということでしょう。

なので、とりあえずは様子見で、ドル安にならずにリスクオンで円売りになった時に129.00円前後まで戻してくれば、とりあえず売ってみるといった姿勢が良さそう。損切りは浅めなら21日移動平均線(129.600円)200日移動平均線(129.630円)の重なる129.60円水準ブレイク、深めなら今月高値の130.75円、89日移動平均線(130.745円)ブレイクまで頑張ってもいいですが、いずれにせよFOMCがハト派でドル安になったら、まずは即撤退でしょう。

\LINE FXは1回取引で5,000円の神キャンペーン復活実施!ぜひこの機会に↓↓↓/
LINE証券 FX口座開設
ポンド、豪ドルはどこかで買いたいですけどね。ポンド円、豪ドル円もスイング前提で買いたいですが、まずは恒大集団のソフトランディングを確認してからで遅くはないでしょう。それまでは、様子を見るしかありません。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。また興味のあるサービスなどありましたら、ゆきママのブログのバナーをお使いいただけると更新意欲、質問返信意欲などの各種やる気がアップしますので、よろしくです。1回取引で5,000円がもらえる神キャンペーンなども実施中ですからね。FXをやっている方はもちろん、やってない方もこの機会に!↓

LINE FXで1回取引で5,000円!神キャンペーンが大復活!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが復活しました!絶対にこの機会にやっておきましょう!!!!!

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■開催期間
 口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜
 取引対象期間:口座申込の翌月末まで
 ※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

■対象者
 口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了したお客様

■1取引するために必要な資金
 LINE FXでは取引通貨単位を1万通貨もしくは1000通貨から選ぶことができます。
 1万通貨の取引を行う場合、「1ドル=100円」のレートであれば、通常1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。
 しかし、レバレッジの仕組みによって、自己資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 1000通貨の取引を行う場合、上記と同じ条件で自己資金は4,000円(レバレッジ25倍)で、1000ドルを購入する事が可能です。
 ただし、為替の変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ以下の金額を入金します。
 ・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
 ・1万通貨以上:5,000円

■特典の付与時期
 取引対象期間の翌月末までに特典付与します。
 [例]2020年11月2日~2020年11月30日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2020年12月末までとなるため、特典は2021年1月末までに付与されます。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■よくあるご質問
 Q.1,000通貨単位で10回取引しても5,000円プレゼントの対象となりますか?
 A.はい、対象となります。
 取引対象期間中に合計で1万通貨以上のお取引を行っていただくと、5,000円付与の対象となります。1万通貨未満の場合は1,000円となりますのでご注意ください。※通貨ペアは問いません。(※詳しい内容は専用バナー先のランディングページにて必ずご確認ください)
とりあえず、トルコリラ円なら6,000円突っ込んで1回1万通貨取引すれば5,000円ですし、1,000円突っ込んで1,000通貨10回取引でもOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【11月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で5,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK