左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

日経7日続落、一時1,000円超下落!岸田ショック?いいえ、パウエルショックです【10月5日のトレード戦略】

日経7日続落、一時1,000円超下落!岸田ショック?いいえ、パウエルショックです【10月5日のトレード戦略】
金融所得課税見直しを表明した岸田ショック、などとも言われますが、まぁどちらかというとパウエルショックなのかなと思います。

というのも、クラリダFRB副議長が新型コロナウイルスへの政策措置を示す声明を発表する前日に、債券ファンドから株式ファンドに100〜500万ドルの資金移動したことが報じられていましたが、これを受け、民主党のエリザベス・ウォーレン米上院議員(民主党)がSEC(米証券取引委員会)に対し、調査するよう要請しました。

すでに2名のFRB高官(カプラン・ダラス連銀総裁、ローゼングレン・ボストン連銀総裁)が金融取引に絡んだ倫理問題で退任していますが、そろそろ大きな問題に発展しそうな匂いです。

要するに、これまでは非常にハト派でインフレは一時的とするパウエルFRB議長が再任されるとの方向で動いてきましたが、責任が問われることはほぼ確実で、風向きはかなり怪しくなってきました。

ただでさえ不安定な金融市場にとって、この後任人事が決まらないことはリスクでしかないですからね。最悪、タカ派的な人物が議長になるとインフレを嫌気してテーパリング(緩和縮小)が加速、利上げの時期も前倒しみたいな流れになりかねません。そうなれば、金利上昇でハイテク株が死ぬと。

こんな感じで、また新たな問題が相場に襲いかかっていますので、株の押し目買いは一旦落ち着くまで控えた方が良さそうです。それでは、今日明日の相場を振り返りながら、トレード戦略について解説していきたいと思います。

今日はISM非製造業景況指数が注目されますが、むしろ、それ以外の問題も山積しています。


株:債務上限など一定の問題をクリアするまでは様子見か

債務上限問題もまだまだ気の抜けない状況になってきましたね。共和党、民主党の双方が非難合戦のチキンレースですからね。最悪、18日を過ぎるシナリオも考えられますから、プチクラッシュは十分想定されるところです。

この他、昨日はタイ米通商代表部(USTR)代表が講演し、中断している中国との貿易交渉を近く再開する方針を表明。中国の企業向け補助金などに踏み込んでいく模様。また、合意の履行も不十分であるとし、中国サイドに是正を迫る構えで、米中対立が再び加熱する可能性も出てきました。

さらに、OPEC(石油輸出機構)プラスの閣僚級会合で原油の生産拡大が期待されていましたが、ペースはこれまでと変わらずということで、インフレ懸念も強まり、ハイテク銘柄を中心に打撃を受ける流れとなりました。

米主要株価指数(日足):TradingView

割高なハイテク株が売られる流れは変わらずで、ついにナスダック(青)は主要指数の中で今年最も低いパフォーマンスとなっています。ただ、去年安値から80%高と他の指数を圧倒していたことを踏まえれば、これぐらいの下げは甘受すべきと言えるのかもしれません。

とはいえ、激しく厳しい値動きになってきました。まだ下げ止まりを意識するような段階にないので、まずは様子見でしょうか。


といいつつ、フライング気味に昨日データドッグ(DDOG)は135ドル台で買い増したんですけどねw 1,000株買う予定だったので、これで5割です。残り5割は今月、来月ぐらいでゆっくり買う予定なので、あとは無理しません。

シーズナリティ的に言えば、11月は1年間の中で2番目に株の高い月(1番は4月)ですから、債務上限問題などがクリアされれば少しは買い増しておくのが良いでしょう。

年初から半値レベルになったテンセントやアリババといった株については、そろそろ機関投資家も買いを入れ始めており、ボチボチ底感というのはありますからね。諸問題がクリアになった段階、まずは債務上限問題が解決した段階で順次買い下がっていく、ただし、さらに下げると手が出しづらくなるレベルまでポジション量を増やさないようにしておきましょう。

ちなみに、短期的なヘッジとしてCFDなどで指数を売る戦略も悪くはありません。しかしながら、両建ては資金量がないとコストが嵩む分コントロールが大変ですし、実際に今現在進行形で欧州のガス価格が大暴騰してガス関連を手がける機関投資家がマージンコール(追証)を求められているという報道もありました。

なので、まずは現物かETF、やるにしても低いレバレッジで買うというのを心がけていただければと思います。結局、株価は上がるようにできているので、長く持てば持つほど買い手有利ですからね。

\10銘柄からモデルナでテンバガー誕生!今年イチオシのCRWDはナスダック100採用で暴騰!そんなゆきママの投資レポートもらえる↓/

為替:全体的に大きな変動はなし、貿易黒字継続で豪ドルはしばらく強い可能性も

株の乱高下とは対照的に為替は静かですね。今日はRBA(オーストラリア準備銀行)から政策・声明の発表がありましたが、メインシナリオで2024年までは利上げの環境が整わないという見解を示したことで、豪ドルは売られています。また、オーストラリアの航空会社が新規に旅客機100台以上をオーダーという話も実需的な豪ドル売り意識に働きましたかね。

ただし、オーストラリアの貿易収支は過去最大の黒字となっており、経済自体は絶好調なんですよね。まぁヨーロッパ向けLNG(液化天然ガス)は年初から3倍以上の価格ですからね。市場予想を思いっきり上回るのも納得といったところ。今年の冬ぐらいがピークでしょうが。

英国も混乱が落ち着くにつれ、ポンドは反発してきました。まぁ今年の秋冬は伸びないかもしれませんが、やはり豪ドルとポンドは売れる通貨ではないように思います。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は111円前後で停滞。米長期金利が1.45-1.48%ぐらいで落ち着いてしまったのが痛いですね。1.50%以上になれば、またジリジリ伸ばしていく展開だと思いますが。しばらく様子見でしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは、やはり1.16ドル台半ばぐらいで叩いていくイメージですね。安値を攻めきれていないので、1.160ドル前後で下げ渋るなら、一旦利食いでしょうか。

まぁ概ね為替のトレード戦略は週間相場展望で示したものと変わりません【10月4〜8日の週間為替展望】ドルは米雇用統計次第、円は債務上限問題などリスク懸念を意識する展開

\1Lot取引で4,000円とゆきママ書き下ろしのCFD&FXレポートもらえる!↓/
【DMM FX】申込

今日もこんな感じですね。株は様子見、為替はユーロドルが戻した段階で叩いていくイメージですね。ユーロ円もドルが緩めば、もう少し戻し余地ありそうなので、待ちですね。

LINE FXで1回取引最大5,000円!神キャンペーンが大復活!!

てなわけで、LINE FXで口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが復活しました!絶対にこの機会にやっておきましょう!!!!!

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■開催期間
 口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜
 取引対象期間:口座申込の翌月末まで
 ※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

■対象者
 口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了したお客様

■1取引するために必要な資金
 LINE FXでは取引通貨単位を1万通貨もしくは1000通貨から選ぶことができます。
 1万通貨の取引を行う場合、「1ドル=100円」のレートであれば、通常1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。
 しかし、レバレッジの仕組みによって、自己資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 1000通貨の取引を行う場合、上記と同じ条件で自己資金は4,000円(レバレッジ25倍)で、1000ドルを購入する事が可能です。
 ただし、為替の変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ以下の金額を入金します。
 ・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
 ・1万通貨以上:5,000円

■特典の付与時期
 取引対象期間の翌月末までに特典付与します。
 [例]2020年11月2日~2020年11月30日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2020年12月末までとなるため、特典は2021年1月末までに付与されます。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■よくあるご質問
 Q.1,000通貨単位で10回取引しても5,000円プレゼントの対象となりますか?
 A.はい、対象となります。
 取引対象期間中に合計で1万通貨以上のお取引を行っていただくと、5,000円付与の対象となります。1万通貨未満の場合は1,000円となりますのでご注意ください。※通貨ペアは問いません。(※詳しい内容は専用バナー先のランディングページにて必ずご確認ください)
とりあえず、トルコリラ円なら6,000円突っ込んで1回1万通貨取引すれば5,000円ですし、1,000円突っ込んで1,000通貨10回取引でもOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【11月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で5,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK