左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【解説】最大の焦点は米経済見通し!円高の夏、1ドル=120円のハードルは?【8月1〜2日の為替トレード戦略】

【解説】最大の焦点は米経済見通し!円高の夏、1ドル=120円のハードルは?【8月1〜2日の為替トレード戦略】
先週はドル安と円高が大きく進んだ1週間となりました。背景としては、FOMC(米連邦準備制度理事会)で9月の利上げガイダンス(見通し)が示されず、パウエルFRB議長が経済指標次第としたことがきっかけです(* ˘꒳˘)⁾⁾ウンウン.

また、この後に発表された米4-6月期GDPは前期比で−0.9%と前期に続いて2四半期連続でのマイナス成長となったため、テクニカル・リセッション(一義的な景気後退局面)入りしたことが大幅な金利低下を招き、ドルが売られ、かつこれまでの急激な円売りの反動も出て円高が加速しました。

8月は1ドル=120円といった声も聞かれるようになりましたが、果たして今後どうなるのか、注目のポイントはということで、目先のトレード戦略も含めて解説していきたいと思います。


目先の最大の焦点は景気見通し!強い雇用が示されるかに注目

パウエル議長は、FF金利(フェデラル・ファンド・レート)が目標とする中立金利に近い、また今後は会合毎に政策を決定する時期が来たと発言したことで、9月の利上げ織り込みが後退、金利が低下ということでドルが売られましたq(゚д゚ )↓sage↓

金利の織り込み度合いに関しては、年内に3.25-3.50%程度、インフレが継続すれば3.50%以上といった見方がありました。今回の0.75%の利上げを受け、FF金利誘導目標は2.25-2.50%ですから、年内残り3回の会合で合計1.00%の利上げがあれば、想定通りということになります。

年内3.25-3.50%の織り込みが後退するというのは、ちょっと現状のインフレが過小評価されてるとは思いますけどね。インフレは継続模様で二桁近いわけですから、3.25-3.50%でも不釣り合いなほどです。今後のインフレ指標が急激に下がれば別なんでしょうが。

実際に、FOMC後にダドリー・前NY連銀総裁らは、金利を引き上げるべきとインタビューに答えていましたからね。まぁパウエル議長は中立金利に近い水準としていましたが、株価も上がりましたし、インフレが強ければ躊躇なく大幅な金利引き上げをするでしょう。株式市場を中心に、やや慢心を感じます。

米2年債/5年債/10年債利回り(日足):TradingView

もっとも、金利水準を見れば分かるように、焦点となっているのは今後の経済見通しでしょうか。ご覧のように米国の2年債利回り(短期金利)は9月の利上げを警戒してか、そこまで急落していません。下落が目立っているのは、5年債利回り、10年債利回り(長期金利)ですからね(° ꈊ °)✧キラーン

逆イールド状態(プレミアムの高い長期金利の利回りが高いのが通常だが、その逆になっていること。不況を織り込んでいるとされる)になっているのはもちろんですが、特に先週下げが目立ったのは5年債利回りです。これが何を意味するかと言えば、来年、再来年のごく近いタイミングの不況を織り込んでいるということになります。

したがって、目下の最大の注目ポイントは今後の景気見通しがどうなるかということですね。目先の利上げ云々というより、テクニカル・リセッション入りしたことで、明らかに利上げの継続性が問題になっていると。下手したら来年は利下げもあるんじゃないかと、そういう話ですね。

今週は雇用統計週で毎日のように米国発の重要指標が発表されますし、パウエル議長が不況でない根拠として特に労働市場の強さを挙げていましたから、雇用統計の注目度はいつもより高いですし、相場に与えるインパクトは大きいでしょうφ(•ᴗ•๑)メモメモ…

・パウエル議長が中立金利レンジとしたことで利上げ見通しが修正
・年内3.25-3.50%未満という見方はインフレを過小評価している可能性
・もっとも短期金利はそれほど下がっておらず目先の利上げには警戒
・先週は顕著に5年債利回りが低下、来年の不況を懸念する動き
・日々の経済指標の数字が短期的な相場の値動きに強く影響しそう
\FXも米国株投資もできるオールインワンのIG証券!ゆきママ特製レポートももらえる↓/

全てはドル次第でドル円、クロス円は難しそう!ユーロは必ず売られる運命

やっぱり強い指標が出てこないと、押し目は入ってもドル円は上がって行かないでしょうからね。そういう意味でドル円を含めたクロス円のトレードは難しくなってしまった印象があります。短期的には毎日指標ギャンブルでしかないので。ややリスクオン気味にドル安・円安でクロス円がガリガリ上がってきたら、どこかで売るというのは1つではありますが、核心の持てるトレードではないですからね。

ユーロは戻れば断続的に売りでしょうね。今後はガスの供給次第なのですが、毎日が綱渡りというか、結局ロシアもまた絞ってきましたからね。先週、40%が20%まで減ったわけですから、最終的にゼロになる可能性の方が高いのではないかと。ドイツを中心に東欧の生産活動が停滞してリセッション確定ですからね/(^o^)\オワタ!

先週発表された欧州のGDPは強めの数字でしたが、これまでがクソクソに弱かったからプラスになってるだけで、本質的にはゴミカスですw 米国がいくら2期連続でマイナスと言っても、コロナ禍でも経済活動が活発で企業決算が神だった米国とは比べるまでもありません。しかも、米国以上に欧州のインフレは深刻で、6月も一段と高く悪化していました。

米国はなんだかんだ、インフレが強めでも個人消費も雇用も強いですから、経済の方向性の違いは明白です。ユーロドルの戻り売りが今週以降のトレードの中心となりそう。

ドルインデックス(日足):TradingView

ただ、短期的には経済指標次第ですし、ドルインデックス(主要通貨に対するドルの強さを指数化したもの)も、もう一段ぐらい調整しそうですからね。104.00〜105.00ポイントぐらいまで落ちてくれば、1ドル=130円、ユーロドルも1.050ドルレベルは十分ありそうなので、いずれにせよ損切りは浅めで対応したいです。

ちなみに、円安は限界だとか、もう終わったといった声も多く聞かれますが、ドルの先高観というのは変わらないので、1ドル=120円とか、あまり極端な展望を描く必要はないかなと(ヾノ・∀・`)ナイナイ

なんだかんだ、ドル以外に買える通貨がないですからね。短期的には悪い指標などでドルの調整があるでしょうが、少し長い目で見れば欧州は米国以上に経済が悪いわけで、日本なんて問題外ですからね。先週は何も買えなくてややポンドが押し出されましたけど、ポン円はドル円がゲロ下げになったらぶっ壊れましたし、まぁそんなもんです。

本当にどうしようもないぐらいクラッシュした経済指標が続かない限り、極端な円高・ドル安を考える必要はないので、上昇がニュートラルに戻ったぐらいの認識でいいと思います。

ドル円:全ては指標次第!週明け、材料のない状態で方向性が出れば…

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

先週末は2円反発して1円急落するという荒い値動きでした。135.00円の大台節目レベルを回復してくると、下落も一巡といった感じですが、経済指標などの材料がないと突き抜けるのは難しいのかなと。逆に材料なしにジワジワ買われて135円台という話になると、やはり米ドル買いの動きは相当強いという話になります。

目先の焦点は、一目均衡表の雲・上限(132.818円)を保てるかどうかでしょう。ここをズルズル割り込んでしまうと、やはり断続的に下値を試しそうで、次はフィボナッチ61.8%戻しや89日移動平均線(131.184円)など重要なテクニカルのある131.00〜131.50円レベルでサポートできるかどうか。ここを割れば130.00円の大台節目を試すことでしょう。

まぁトレード的には、現状の水準である133円台前半なら一目均衡表の雲割れレベルに損切りを置いて買ってみるのはアリ。ただ、そんなに推奨トレードでもないですね。指標次第でどう転んでもおかしくはないので。

ユーロ:結局は売られるので、どこかで大規模事故待ち!戻れば損切り浅めで入っておく

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルのトレード戦略は変わらないですね。1.031ドルに損切りを置いて、1.025〜1.028ドルを売り場としてショートでしょう。損切りを抜けた場合は、1.040ドルを試しやすくなるので、まずは様子見で。1.040ドルをあっさり取り返すようなら、1.050ドル抜けて1.060ドルまで見えてくるので少し注意です。

利食いは1.012〜1.015ドルが第一候補ですね。ここを割り込んで行かないようなら、一旦利食いして戻りを待って良いでしょう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円はドル円次第というか、ドル円が下げるなら結局は下方向でしょうからね。合成通貨の悲しさというか。もうタイミング次第なので、どこで売るとかいうのはないですね。138円ぐらいまで上げてきたら、お試しでショートは検討しますけど。139円レベルを超えてくると、流石に底堅くなってきそうなので、損切りして様子見ってイメージですね。

\1Lot取引で4,000円とゆきママ書き下ろしのCFD&FXレポートもらえる!↓/
【DMM FX】申込

まぁドル円が難しいので、他のクロス円も難しいでしょう。指標などが良い結果or悪い結果でトレンドが固まってくれば別として。現段階でトレードする必要はないですし、トレードしても損をしがちかなと。ユーロドルの戻りだけ叩いて、利益を何度か狙えるといいなと。ユーロに悪材料が出て暴落すれば大勝利ですし。

こんなところでしょうかね。今日も最後までお読みいただきありがとうございました。このブログ限定のお得なキャンペーンが複数実施されていますので、ぜひぜひ活用していただければ!俺にヨシ、お前にヨシ、社員にヨシ、で社員一同泣いて喜びます。投資資金にもできますので、この機会に↓。°(°´ᯅ`°)°。オネガイシマス!!!

【18歳から口座開設OK】LINE FXで1回取引最大5,000円!

成人年齢の引き下げに伴い、高校生以外であれば18歳からFX口座の開設が可能になりましたので、ぜひこの機会に!そして、LINE FXで口座開設&新規1回取引で5,000円のキャッシュバックキャンペーンが復活しました!絶対にこの機会にやっておきましょう!!!!!

LINE証券 FX口座開設

LINE FX 1周年キャンペーン

■開催期間
 口座申込対象期間:2020年10月3日(土) 00:00〜
 取引対象期間:口座申込の翌月末まで
 ※終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

■対象者
 口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了したお客様

■1取引するために必要な資金
 LINE FXでは取引通貨単位を1万通貨もしくは1000通貨から選ぶことができます。
 1万通貨の取引を行う場合、「1ドル=100円」のレートであれば、通常1万ドルを購入するために資金として100万円が必要になります。
 しかし、レバレッジの仕組みによって、自己資金が4万円(レバレッジ25倍)あれば、1万ドルを購入することが可能です。
 1000通貨の取引を行う場合、上記と同じ条件で自己資金は4,000円(レバレッジ25倍)で、1000ドルを購入する事が可能です。
 ただし、為替の変動などにより、レートが下がった際に、ロスカット(強制決済)になる可能性があります。 LINE FXの場合、証拠金維持率が100%を下回ったときに発動し、取引を終了させます。

■特典内容
 対象者のLINE FX口座へ以下の金額を入金します。
 ・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
 ・1万通貨以上:5,000円

■特典の付与時期
 取引対象期間の翌月末までに特典付与します。
 [例]2020年11月2日~2020年11月30日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2020年12月末までとなるため、特典は2021年1月末までに付与されます。

※ただし、システム上の都合等により付与時期が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■よくあるご質問
 Q.1,000通貨単位で10回取引しても5,000円プレゼントの対象となりますか?
 A.はい、対象となります。
 取引対象期間中に合計で1万通貨以上のお取引を行っていただくと、5,000円付与の対象となります。1万通貨未満の場合は1,000円となりますのでご注意ください。※通貨ペアは問いません。(※詳しい内容は専用バナー先のランディングページにて必ずご確認ください)
とりあえず、メキシコペソ円なら3,000〜4,000円を口座に突っ込んで1回1万通貨取引すれば5,000円ゲットできますし、500円突っ込んで1,000通貨10回取引でもOKですからね!こんな美味しいキャンペーンは、もはやほとんどありませんから、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ゆきママ
このレベルのキャンペーンはなかなかありませんから、口座を持ってない方はこの機会をお見逃しなく!
▼最短当日で口座開設可!口座開設・維持手数料など無料▼
LINE FXで5,000円キャッシュバック!

ここだけは絶対に持っておきたい口座&やっておきたいキャンペーンまとめ

専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!このブログだけ現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひどうぞです(*・∀・)从(・∀・*)win-win↓

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の米国株投資Wレポート
 

LINE FX】口座開設&1万円以上入金+1万通貨以上の取引5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設
 

外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で2,000円キャッシュバック(対象期間:口座開設月から翌々月末まで)
 

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX
 

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート
 

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX
 

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込
 

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX
 

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット
※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK