左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

Q.トライオートETFでロスカット・大損しないためには? A.ロスカットラインを計算しろこのド○○がァーーッ!

Q.トライオートETFでロスカット・大損しないためには? A.ロスカットラインを計算しろこのド○○がァーーッ!
「このアフィリエイター オレをナメてんのかッ!何回やりゃぁ理解できんだコラァ!まずロスカットラインを計算して運用しろ この……ド○○がァーーッ!」

いや〜こんなのが認定ビルダーとか、正直オワコ…いやいや凄い始まってるw まぁトライオートETFでめちゃくちゃ損しましたとか、そういう声が寄せられるんですが、そりゃあ当然っていうかね。だって、まともにロスカットラインすら計算できないのに紹介してるんだもん。認定ビルダー()
インヴァスト証券「トライオートETF」

ロスカット計算式

日本銘柄
ロスカットまでの値幅 =(有効証拠金-必要証拠金)÷保有口数

米国銘柄
ロスカットまでの値幅 =(有効証拠金-必要証拠金)÷保有口数÷円換算レート(ドル円)

買い建玉は現在価格からいくら下がるとロスカットになるか=現在価格-ロスカットまでの値幅
※トライオートETFのロスカットは、有効比率100%で執行されます。
公式ページにはロスカットまでの値幅、つまり、どれぐらい下がったらロスカットされるのかを計算する式が紹介されています。ちょっとややこしいですが、1つ1つやっていけば難しいことはありません。

ゆきママはS&P500ETFのカウンターを推奨していますので、この米国銘柄のロスカットまでの値幅を計算してみたいと思います。

ちなみに、“有効証拠金=口座にあるお金”で、“必要証拠金=最大保有口数×平均約定レート×円換算レート÷5”で割り出すことができますので、そこからやっていきましょう。

有効証拠金はいくらでも良いのですが、注文をするときに最低でもこれぐらい口座にないと注文できないという、推奨証拠金があるので、それを採用したいと思います。S&P500ETFカウンターの場合は、セット数1(注文1回あたりにセットされる口数)で現在約42万円です。

有効証拠金が分かったら、あとは必要証拠金の計算になるわけですが、これはちょっとだけ面倒なので実際の注文を見ながらやっていきましょう。
注文画面の右下、青枠で囲んだエントリー価格に注目してください。エントリー価格1は相場が右肩下がりで一直線に下がった場合に注文が約定するレート、逆にエントリー価格2は相場が右肩上がりで一直線に上がった場合に保有するポジションのレートだと考えてください。

まぁこの辺がやや悩ましいというか、トライオートETFの仕組み上、ポジションを保有する際のレートというのは一定ではないので、運用しているうちにズレてくることになります。

そのため、運用状況によっては修正の必要もあり、あくまでもロスカット値というのは目安になります。が、この目安が分かってないと運用すらできないですから、そのつもりで。

で、今回は擬似的にエントリー価格1の最低値とエントリー価格2の最大値の中間を平均約定レートとして採用します。今回の場合、最低値が337.25ドルで最高値が394.67ドルなので、(337.25ドル+394.67ドル)÷2=365.96ドルとなりました。

で、最大保有口数はS&P500ETFカンターの場合は仕掛ける本数が20本ですから、セット数が1なら20、2なら40となります。今回はセット数1なので20本となります。あとは計算式を当てはめていくだけ!

・必要証拠金=最大保有口数(20)×平均約定レート(365.96ドル)×円換算レート(106円)÷5(レバレッジ)=155,167円
・ロスカットまでの値幅 =[有効証拠金(420,000円)-必要証拠金(155,167円)]÷保有口数(20)÷円換算レート(106円)=124.92ドル

というわけで、推奨証拠金ギリギリの42万円でS&P500ETFカウンターをセット数1で運用開始した場合、平均約定レートから124.92ドルぐらい下落するとロスカットにかかることが分かります。現段階でS&P500ETFの価格は380ドルぐらいですから、これが240ドルぐらいになるとロスカットという話ですね。
S&P500は比較的安定しているので、今回のコロナ・ショックレベルなら、まずまず耐えられるでしょう。ただ、リーマン・ショックのように株価が半額ぐらいになると耐えられなくなってしまうので、証拠金は余裕を持って60万円ぐらい持っておくと安心かもしれません。これなら半値レベルのショックにも耐えられます。


ナスダックトリプル()、ハイリスク・ハイリターン()、認定ビルダー()クソクソクソクソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

というわけで、安易にアフィリエイターの言う通りやっていると大損するので気をつけましょう。まぁ60万円ぐらいをトライオートETFで普段運用しつつ、30万円ぐらいは残しといて、最悪、半値レベルになるような暴落ショック相場が来たら、そのまま1倍台の低レバでETFを購入するのが良いのかなと思います。

手動で購入するようなこともトライオートETFはできますからね。まぁ米国の長期的な相場を分析すると、20〜40%下げの後に60〜120%上げるという値動きを繰り返しているので、そういうことを頭に入れつつ投資行動に生かしていただければと思います(アフィッアフィッ!)



※トップ画像(Ascannio/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【4月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

外為ジャパンFX】最大23,000円キャッシュバック
【外為ジャパンFX】申込

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK