左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【全集中の過呼吸】ズーム暴落で息ができん!目先はワクチン・ショックが続くか…【11月10日】

【全集中の過呼吸】ズーム暴落で息ができん!目先はワクチン・ショックが続くか…【11月10日】
ワクチンが成功しそうだから、コロナ問題はもう終わったと考えるのは、あまりに情弱すぎる反応ではありますが、そのショック的な反応がさらなるショックを生み出す可能性は否定できないわけで……はい、とにかく申し訳ありませんでした(土下座)。今日も病室で土下座しながらブログ書いてます。

んで、株価の値動きについてですが、コロナ需要で買われていた株が死んでますね。逆にコロナで死んでいた株が奇跡の大復活を遂げています。航空株、レジャー関連銘柄などなどです。メチャクチャな巻き戻し。コロナというゲームチェンジャーがワクチンというゲームチェンジャーに殺されるの巻。

目先はファイザー/バイオンテック連合の有効率90%のハイパー・ワクチンへの期待感で、これらの流れが継続しやすい感じはします。いつ終わってもおかしくはないんですが、デイトレ、ウィークリーレベルの短期トレードなら、そういうトレードを手掛けるしかないでしょう。

ただし、同時に米長期金利(10年債利回り)も元通りの経済回復期待のリスクオン・債券売りの流れから上昇しており、株価とっては上昇阻害要因となりそうな雰囲気もあるので、銘柄選定とかしつつやる感じでしょうか。完全に上級者向けのゲームに(ヾノ・ω・`)ムリムリ

まぁ金利の上昇で高PERのグロース銘柄はメタメタに叩かれ、ワクチン・ショックも合わさってズーム(ZM)はダブルでクソクソに売られているわけですけどね💩

ズーム(日足):TradingView

💩が降ってくるー!!!ほんの数時間前はプレで515ドル超えてキャッキャウフフドヤドヤしていたのに…誠に申し訳ありませんでした(土下座)。

ズームの株価はどうなりますか、という質問は多いですが、ぶっちゃけ分かりません!まぁテクニカル的に言えば380〜420ドル前後というのは支えれやすいと考えています。だから昨日200株追加したし!383ドルに100日移動平均線もありますからね。

逆にここをあっさり割り込むようだと、320〜350ドルの窓埋めが視野に入ってきますので、それは警戒しておきたいところでしょう。

既に現段階でポジ限界気味、一段下がっても買う余裕がない場合は、一旦リサイズ・一部ポジションの損切り推奨ですね。今年そこそこ利益が出ている場合は、レバレッジ2倍以下にして気絶してても良いとは思いますが。

まぁズームの将来性に関しては、疑う余地はないと思いますけどね。コロナ禍で広がったことは間違いないですが、ライブやスポーツなどのリアルイベントのデジタル化に成功してますからね。コロナが収束した夏場も強かったわけで、ゴチャゴチャ言ってるのは乗り遅れて安く買いたいだけちゃうんかと!!


供給・生産などのボトルネックに市場はいつ気がつくのか?間に合わなくなっても知らんぞ!!

あとは、ファイザー/バイオンテック連合のワクチンにケチをつけようと思えば、ケチはつけられるんですけど、どのタイミングでマーケットが気付くのか問題ですからね。誰か医療ジャーナル団体が舌鋒鋭くクソミソに叩いてくれ…。

そもそも有効率90%の根拠が乏しいというか、投与群とプラセボ群の単純な感染率の比較っぽいですが、2回目の接種から7日後の時点における有効率としているので、相当限定的な条件ではあるんですよね。

インフルエンザのワクチンも徐々に抗体価が減少することが知られており、10月などの早期に摂取した場合、特に高齢者を中心に2〜3月には抗体価が感染防御に必要な基準を満たしていない、といった報告はたくさんあります。

もちろん、これはワクチンの種類、個人差もあるわけですが、毎シーズン摂取しなければならない理由はここにあります。コロナウイルスもインフルエンザと同じRNAウイルスであり、抗体価が徐々に失われていくという報道はあるわけですから、同様でしょう。

つまり、やはりシーズンを通してどの程度、感染防御に十分な抗体価を維持できるのかという問題もあり、なかなか難しい話ですからね。追いワクチンで毎月摂取、なんて話になっても大変なわけですし。

あとは、供給面なんかも課題になりそうではありますね。mRNAワクチンはマイナス70〜80度という超低温で保管しなければならず、一般の冷凍施設レベルだと5日でダメになってしまうとのこと。大病院でもこれほどの冷凍施設はほとんど供えてないとのことで、供給を整えるのが大変そうという話。

まぁ今後はこの超低温設備関連銘柄にでも投資した方が良いんじゃないかと。だだ誰かああああああああ!!!

あとは、少なくとも年内のロックダウンは避けられないでしょうからね。ファイザーは年内の生産が2,500万人分としており、年末年始ぐらいから緊急性の高い医療従事者などを中心に供給を開始するとのことで、全然足りねーじゃん!!

誰がどう考えても、まだまだまだまだコロナ需要は続くんだから、別にコロナ銘柄はそんなに悲観する必要もないんじゃないかと。どうせ世界経済はクソクソ深刻なダメージを受けて、景気刺激策とか金融緩和を実施しなきゃないんだから、どうせ金利は下がるんじゃないかと

ロックダウンが遅れれば遅れるほど、感染者が激増して、より深刻なロックダウンになるから良いんですけどね。いや、でもそこまで目先のワクチンというゲームチェンジャーの到来を好感する流れ、コロナ撲滅という織り込みにグロース・ハイテク株が耐えられるのか…ああ、誰か助けてください⊂(|||×д×)⊃~*

ゆきママShine!死ぬ死ぬ、すぐ死ぬ、どんどん死ぬ!!死ぬ前に市場は早く気がついてくれ!!!!!

ビヨンドミートはクソ決算に沈む!まだまだ安く買えるチャンスはありそうなので様子見!!

ビヨンドミート(BYND)がクソ決算出しててクソワロタw 笑うんじゃねぇ( ‘ Д‘c彡☆))Д´)ノ パーン まぁ予想全部裏切って黒字化する見込みが結局は赤字ですからね。取扱店舗は増えたものの、そもそも取り扱ってるレストランとかが死んでるわけでw

流れとしては、マクドナルドが植物由来の代替肉商品マックプラントで独自の生産ラインを作るという報道から急落しましたが、実はビヨンドミートが技術提供してるとかなんとかで反発、しかしクソ決算を出して時間外で大暴落って流れですね。

ドルインデックス(日足):TradingView

同業他社の参入などもあるらしいですが、技術的にはどうなんですかね。まぁあまり突っ込んだ技術ベースのことは知らないので、もの凄く確信を抱いているわけではないですが、将来的に人工肉・代替肉が覇権を取るのは確定してると思うんですけどね。

冷静に見れば4-6月期の好決算は買い溜め特需でしたから、このクソ決算はその反動と。とはいえ、どうせコロナの感染拡大で10-12月も来年1-3月もクソ化することが確定しているわけで、まだ下げ余地はあるでしょうね。

売られすぎ感はありますが、しばらくは様子見で良いでしょう。買うにしても、非常にゆっくりとしたペースで十分です。あえて今日明日に急いで拾わなければいけない銘柄ではありません。

ただまぁ、どこが天井でどこが底かというのは結果論でしかないですからね。米国内はともかく、海外での伸びは顕著ですし、世界的にネームバリューのあるマックとのコラボで一段と認知が広がり、いきなり神決算を出してくる、なんて可能性もゼロではありません。

なので、軽く買うことは否定しませんが、今慌てて買う必要はないでしょうということで。

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK