左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【ネットフリックス急落】右肩上がりの都合の良い相場を想定しないことも大事!【週末雑感/Q&Aコーナー】

【ネットフリックス急落】右肩上がりの都合の良い相場を想定しないことも大事!【週末雑感/Q&Aコーナー】
タイトルにノヴァヴァックス(NVAX)暴騰と煽りを入れようと思ったのですが、最近はワクチン相場に乗れなかったアンチからの死ね死ねメッセがそれなりに寄せられているので自重しました(ゝω・)vキャピ

で、今140ドルですけど、まだ買える株として今週は言い続けてきましたよねぇ…アライさんは数日前に90ドルレベルで買い増ししてツイートでもリアルタイムで言ってるんですけどおおおおおおおお!!時代はワクチンじゃい!!!(煽り)


流石に今のスッ高値でジャンピングキャッチしろとは言いませんが、多少は持ってないと上昇相場を見ているだけなので、まぁざっくり資金の3割ぐらいは何かを買って見ておいた方は良いと思います。そして3割を2〜20%下げた時にコツコツ買っていく資金として、残り4割は30〜50%の下げといった未曾有の大暴落よう資金ですね。

んで、タイトルにもあるように、特に新興株はそうなのですが、リターンが派手な分、リスクも大きいです。右肩上がりの都合の良い相場なんてそうそうないので、下がった時にどうするか、下がっても買い続けるかどうか、ぐらいは予め投資する前に考えておきましょう\(`・ω・´+)コレダイジ

下がると早々に損切り、上がれば上がったで微益撤退みたいなトレードをしてしまうという相談をいただくことが多いです。あと、このあと上がるんですか下がるんですか問題……1億万回ぐらい質問をいただいてまぁす!!

モデルナ(日足):TradingView

でも、考えて欲しいのですが、今この世の春を謳歌しているモデルナ(MRNA)だって80ドルに上がった後は臨床試験データへの疑義指摘で50ドルまで急落、その後1ヵ月以上60ドル前後でモミ合いが続いて、ここ数日で90ドルレベルに急騰ですからね。

とにかく相場なんてボヤッとしたものなんです。特にワクチン銘柄なんて海の物とも山の物とも分からないものに投資するわけですから、今後の値動きとその時の行動を十分考えた上で投資していただければと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

まぁ何度も言っている通り、底で拾って天井で売るなんていうピンポイントなトレードは神でもなければ不可能ですから、大体でざっくり入って下げれば少しずつ買いつつ、上がれば少しずつ売って利益確定していくしかないんですけどね。

ただ、一般企業なら決算、ワクチンや治療薬なら臨床試験の結果というのが全てですから、それに向けてどう考えるのか、どのタイミングで利食いするのかというターニングポイントは存在します。その辺は日々ブログなどで解説していますし、分からなければ質問していただければお答えします(`・ω・´+)キリッ

\ワクチン銘柄爆上げ中!治療薬・ワクチン株も購入できる!ゆきママも使ってるIG証券/

それから、ワクチン関連だとヴァックスアート(VXRT)どうすか〜という質問が度々寄せられるのですが、まぁ結構怪しいと思います。経口ワクチンという発想は素晴らしいのですが、流石に斬新過ぎるというかw

ガチで成功すれば100倍とか、ほんとそういう領域だと思いますが、ちょっとでも怪しいって話が出てくると超零細企業の株価である2ドル未満に一気の可能性があるので、相当怖いです。失っても痛くない額、1万円とか5万円とか、予算を決めてちょっとだけ買って宝くじ感覚でやるなら良いと思います。

ちなみに、ヴァックスアートはSBIで追加されたようです。楽天、SBI、マネックス、サクソバンクあたりは持っておいて良いかと。あと、ゆきママもどん太も使っているIG証券もお忘れなく(ニチャアフィ…)。


ハイテクからバリューへの逃避!決算は裏切らない?潰れないなら…

この記事では、ここ最近寄せられることの多かった質問について答えていきたいと思います。まず、今週はハイテク株が売られる展開となりました。背景はいろいろあると思いますが、決算前のポジション調整や中途半端なリスクオフ商状が大きいのかなと。あと、実際に決算が出たところではネットフリックスが大幅に売られることになりました。

ネットフリックス(NFLX)は7-9月の新規会員数の見通しが250万人ということで、市場の期待の500万人に遠く及ばないということで10%以上の下げとなりました。

ネットフリックス(日足):TradingView

ここ2週間ぐらい、ハイテク株は異常とも言える暴騰を続けてきたので、値動き的には単なる調整という評価で良いと思いますが、いわゆるコロナ需要に対する過大評価という指摘もあるので、その辺はよくよく考える必要はあるでしょうね。

あとは、テキサス州で再ロックダウンの噂(後に明確に否定)などでリスクオフ(回避)になっている感はあります。まぁロックダウンのような極端な政策が取られる可能性はかなり低いわけですが、感染の拡大が続く中で経済活動の再規制は行われています。

したがって、秋冬に第2波が確実にくるという専門家の指摘する前提に立てば、レジャー・旅行、それに航空や観光、飲食などの産業は長期的にダメージを受け続ける可能性が極めて高いということです。これによって割安感から買い戻されていた航空株、レジャー株は一気に売られました。今見ると不動産系もボチボチ売られてますねぇ(o-´ω`-)フムフム

一方で、これでもダウがそこまで下げなかったのには、銀行株の堅調さがあります。今週発表されたJPモルガン・チュース、ゴールドマンサックスなどの決算では株式・債券のトレーディング収入が絶好調であることが確認され、買いが強まる流れとなりました。

終わらぬパンデミックはない、という楽観的な見方がありますが、コロナで金融危機に陥って銀行が潰れるような可能性がないのであれば、長期で見て割安という判断でしょう。今週は決算的にも手堅い銀行株が人気でした。

やはり今回のコロナは、リーマン・ショックのような金融システムの機能不全から金融機関がダメになることはなさそうですからね。今後も感染の拡大が続くにせよ、根強い銀行株の人気というのは支えになりそうです。

ズームはCFRAの目標株価引き下げで反落!個人的には買い場かと…

ズーム(ZM)は機関投資家向けのリサーチ会社のCFRAが目標株価を215ドルまで引き下げたことで反落しています。まぁ先に書いたようにハイテク→バリューの逃避も影響しているでしょうけどね。あとは、コロナ需要に対する疑義とか。

んで、売りですか、買いですか、どうすれば良いですか、みたいな質問は多いですが、個人的にはひたすら買いなんだよぉ!だってコロナで市場規模は一般レベルまで一気に拡大しましたからね。企業は一気にリモートワークに舵を切っています。

ネトフリみたいに、それなりに名を知られていたのならいざ知らず、ズームなんて大半の人が今年に入って、コロナになってから知った、初めて使ったという方がほとんどでしょうからね。

これまでは市場の1〜2%程度の企業向けだったプラットフォームが、残りの98〜99%の市場にリーチし始めていると!50〜100倍だぞ!!まぁどれだけが有料ユーザーになるか、9月初旬の決算で計算できるかと言えば微妙な部分もありますが、少なくとも当初の想定よりはずっとコロナも拡大しているように見えます|ω'*)ジー

そう考えると、決算の前にある程度は利食いするせよ、それなりにポジを持ったまま決算ギャンブルしても良いかなと思います。悲惨な決算で下げてもせいぜい1日なら10〜20%がせいぜいでしょうからね。決算見て逃げても死ぬ可能性は低いのかなと。相変わらずキャッシュフローは驚異的ですし。

ズーム(日足):TradingView

ズームの目標株価については、300ドルとか400ドルって言ってる会社もあれば、200ドル前後という会社も多いです。平均的には210ドル前後といった感じでしょうか。

流石に200ドルの大台節目を余裕で割り込んでいくとヤバイと思いますが、高値の275ドルから20〜30ドルの調整はそこまで懸念することはないと思います。

エコシステムが弱いとか、いろいろネガティブな指摘も増えてきましたが、これまでもそうだったように、意味なく下がれば買いだと思います。ダメかどうかを見極めるのは、次の決算を見極めてからで十分でしょう。

何度も繰り返しますが、個人的にはまだまだ買いです。もう一段、220ドル前後ぐらいまでの下げは想定して買っていけば良いかなと。


というわけで、今週のバリューへの逃避があったわけですが、結局、リターンを考えればハイテク株に投資するしかないと思いますので、引き続き金余りの現状は米国株を買っていきたいと考えています。

右肩上がりの相場なんて存在しないので、多少の下げでワタワタしないこと。事前に下がった時のことも考えた上で投資していただければと思います。

【米国4,000銘柄】マイナー銘柄も買えるIG証券!ワクチン銘柄投資に

これは強い(小並感)。投資にはゆきママもどん太もIG証券をハードに使っていますが、とにかくどんな相場にも対応しているのが大きなメリットでしょう。FXはもちろんのこと、金や原油といった商品、日経平均やダウなどの株価指数CFD、さらには世界12,000銘柄にのぼる個別株CFDも用意されています( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

最近では日本ではあまり知られていないマイナーな製薬会社、バイオベンチャー企業の株が大きく値上がりしていますが、そういった株の売買ができるのも魅力ですね。楽天証券やマネックス証券、SBI証券などなど、国内の大手ネット証券はどうしても話題になってから追加という形で後追いになりがちですからね。

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは全然良いからオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料などは無料▼
ワクチン相場に今すぐ備えよう!IG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(TakSato/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【11月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で5,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK