左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

メイ首相

Tagged
【速報】メイ英首相辞任!ポンドへの影響は?ボリス・ジョンソン首相爆誕へ…【5月23〜24日のトレード戦略】
メイ首相が24日に辞任するとの速報が。元々辞任は避けられないとされていたものの、ここにきて相次いで閣僚が辞任したこともあり、もはや政権維持は難しいとの判断でしょう。メイ首相、メイ(5月)に去る! まぁ先日、新たなブレグジット(EU離脱)の計画として発表したプランが、野党・労働党はおろか、メイ首相率いる与党・保...
【ブレグジット】第3回目の本採決へ!メイ首相降ろしは杞憂?今週のポンド相場見通し&トレード戦略まとめ【3月25〜29日】
保守党内でクーデターとのことで、メイ首相の退陣報道(10日ぶり10回目ぐらい)が話題となっています。まぁガーディアンとかは別として、FT(フィナンシャル・タイムズ)を見る限りでは可能性は低そうですけどね。相場への影響もないかと(ヾノ・ω・`)ナイナイ 結局、保守党内部ではメイ首相に退陣してもらう意向で固まって...
【ブレグジット】法的拘束力伴う修正合意でポンド高!しかし合意なき離脱の可能性は高まったか?【3月12日】
いよいよ今日はブレグジット協定案の是非を問う採決(意味のある投票・本採決)が行われます。日本時間でいつになるかというのは不明ですが、前回の本採決は日本時間の午前4:30ぐらいだったように記憶してます(,,・`_´・)キリッ 今回も日付が変わって午前2:00〜3:00以降に行われると考えられます。まぁ決まり次第...
【離脱延期】レームダック化を避けたメイ英首相の真意・今後の問題点とは?【ポンド高】
ゆっきママ!ゆっきママ!!!ポンドドルのロングで10万円近い大勝利でした。エントリーはもちろん、決済のタイミング、レートも含めて完全公開しているのはゆきママだけ(`・∀・´)ノヨロシクドヤ! ここ1カ月ぐらいは負けてないような!なお、ドル円(ry →+36,000円!ポンドドルの完全先出しトレード(2月27...
【ポンド】イケハヤ参戦で大荒れ確定!合意なき離脱も?メイ首相の新プランは…【1月21日のトレード戦略】
“待”ってたぜェ!!この“瞬間”をよォ!! イケハヤ損師が楽天の全米株式インデックスを購入したとのことでテンション上がりまくりのゆきママです、こんばんはぁ!!! クソクソに購入してしまったダブルインバース・・・ドル円のショートが救われる時がついに。。。ほんと天井となって順調に下がることを祈るばかりです。 で、...
【ブレグジット】カオス過ぎて理解不能!いつの間にかグチャグチャ…【1月10日のトレード戦略】
理解不能理解不能理解不能……完全に重ちー状態ですは。。。まぁ2〜3発ぶん殴られれば理解“可能”になるんですかねぇ(白目)。 というわけで、今日は年明けのブレグジット(英EU離脱)を巡る英議会の攻防について書きます。でも、あんまり期待しないでください。オーデスク使って英国在住の方に現状を聞いても、よく分からない...
【速報】メイ首相、不信任投票へ\(^o^)/オワタ 英首相交代も!【12月12日のトレード戦略】
(追記 22:33):当然ですが投票時間3:00〜前後は結果も絡んでポンドは相当荒れることが予想されます。利益が出ているポジションは利食い、損のあるポジションでも耐えられないようなら損切りをしておくなど対策はしっかりとしておきましょう。前後はノーポジが推奨されます。結果が出てからまたトレードしましょう( ˘ω...
【でき婚失敗】メイ首相は既成事実を作る賭けに出るも最悪なら再選挙?【11月15日トレード戦略】
速報!メイちゃん、EU君とズッコンバッ婚に失敗してしまう!!!頭の固い英議会のブレグジット強硬派は無視して、ガリガリEUとの交渉を進めて既成事実を作ってしまい、事後報告すれば何とかなるっしょ、的な発想でしたが・・・\(^o^)/人生オワタ 確かに、野党にとってはプレッシャーにはなり得ます。これを否定したら、交...
【トレード戦略】ユーロ売り大勝利!今日はメイ首相の動向次第?【10月24日】
ゆっきママ!ゆっきママ!今週のユーロ売り戦略は大成功でした(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ! ゆきママも割と乗り遅れてはいたんですが、ツイートでも呟いていた通り、昨日今日とそこそこ売って、まずまずの利益を得ることができました。 そして、今日は繰り返しているようにメイ首相の動向が注目されます。保守党にとって最...
【Brexit】イギリスの政情不安と離脱交渉問題が上値を重くする展開【6月13日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】
イギリス総選挙で保守党が大敗を喫したことから、政情不安が続いています。それでも、元々過半数割れもある程度想定されていたことや、選挙直後に民主統一党(DUP)が連立に前向き、そして大筋で合意とされたことから、ポンドはかなり安定した推移を続けてきました。 このように早期決着が見込まれていたわけですが、現状は未だに...