普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ

常敗どん太のトレードコラムその17~5%って凄い~

「投資で儲ける方法、それは損してる人間の逆をやることである。」

ということで、毎年大損しているド下手クソどん太の相場に対する考え方や手法をお伝えしていこうと思います!

今回のテーマは5%って凄いです!

どん太
コロナ禍の大底から2倍3倍になった株も珍しくありませんが、本来の投資は利回り5%でも中々のモノです!

今一度、目標を設定したトレードを心掛けましょう!

仮想通貨の短期トレードならGMOコイン
GMOコイン

毎月5%増やしたら天才

投資をやらない人にとって投資のイメージとは、数倍になるか紙くずになるかのようなモノだと思います。どん太もそんな感じでした。

しかし実際には、毎月5%増やしたら天才と言われる世界です。(個別株は一日で数十パーセント上昇することも珍しくないが、そんな銘柄だけピンポイントに掴むのはまず無理)

右肩上がりに成長を続けるアメリカのナスダックやS&P500でさえ、30年の年率平均リターンが10%程度と聞けば、毎月5%の凄さが分かるでしょう。

5%でも複利の力で14か月で元本はほぼ2倍になります。しかし、昨今の金余り相場では「5%?笑わせるなよw」みたいな状況です。

雰囲気に流され利確をためらったり、何倍にもなった感覚が抜けきれず、下がっているのに放置したままの人もいるのではないでしょうか。

優良株は助かることが多いですが、高値まで戻るには時間を要する場合もあります。苦しい人は一旦見切りをつけるのも一つの手段です。


↑ズームの日足・週足。9月の神決算では40%の上昇を記録したが、12月の決算は期待が高すぎたため15%の下落となった。

ゆきママ
私は高値掴みしてないぞ!ズームは120ドルから買ってるから!
どん太
そうですけど、現時点でも年初から6倍近くになってますからね!一部利確したっていいじゃないですか!

ボスが持ち続けると、苦しいのに切れない人がいると思いますよ!

ゆきママ
いやいや、どう考えても好決算の割に下げ過ぎだって!
どん太
まぁ僕がズーム売りを推奨するとだいたい底ですけどね…。

それとモデルナですよ!4日で80%も上がったのに、全ホールドって欲張りすぎです!


↑テスラ・モデルナ日足。テスラは年初87ドル、モデルナは19ドルだった。

ゆきママ
まぁ他のワクチン株は利確したからこれでいいんだよ。
どん太
ボスは20ドルから買ってるからそんなことが言えるんですよ!よいこのみんなは安易なストロングホールドダメゼッタイ!
ゆきママ
まぁ確かに5%の利益ってバカにできないけど、投資額によるよな。

お前みたいに負けても痛くない額だといくら上がっても放置するじゃん?


↑ビットコイン日足。仮想通貨は一瞬で数%動く世界。

どん太
その通りです…。ビットコインであっという間に利益がでましたが、突っ込む額が少なすぎたため放置してます…。
ゆきママ
ほらな!だから言ってるだろ。余裕資金でやるのは前提だとしても、失ったら痛いぐらいの額を入れていくことも大事だって!
どん太
最近はそれを痛感しています。短期でやるならある程度思い切り良く。長期でやるなら積立などで少しずつがいいのかなと。
ゆきママ
お前の場合ほとんど短期なんだから、一気に投資して数%取ったら利確する方が合ってるんじゃねーの。
どん太
FXもそうですね。ビビりながら少しずつポジションを取るので、プラスになっても利確できずに結局負けるという。

日本株ではうまくやれるんですけどね。


↑持っていたソニーは損切りしたが、新たに買ったソフトバンクでカバーした。

あるちゅう
もう日本株以外触るな!うちの会社もコロナで苦しいからボーナスカットだぞ!自力で稼げ!
どん太
コロナ前もボーナス出た記憶はありませんが…。
まとめと補足
・投資で+5%は嬉しいということを再認識しよう
・短期と長期で目的を分けてトレードしよう
・突っ込む金額が少なすぎるとグダグダになる可能性が増す
・ズームは将来的に有望な銘柄かもしれないが、期待先行で上げてきたため高値更新までは時間がかかりそう(どん太)
どん太
ズーム以外にも上がる銘柄はたくさんありますし、下がると思ったら売りから入ることができるのがIG証券です!

米株以外にも日本株、原油、貴金属、FXまで揃っていて選択肢が豊富!

総合口座として持っておいて損にならないので、この機会に是非よろしくお願いします!

↓みんなビビってる今がチャンス!↓

ABOUT US

どん太
どん太
ゆきママ社のゆる社員。女帝のしもべ。大学卒業後、就職するも環境になじめず退職。2年の休職期間を経て不幸にもこの会社にたどり着く。節約しながら親孝行したい。今の目標は投資スキルを上達させること。