【ナウシカ】今日はジブリの日!雇用統計とパウエルFRB議長の発言に注目【1月4日】

間違いなく金ローは凍死家を殺しにきてますね(´・ω・`))´-ω-`))ウン 昨日はフラッシュクラッシュ、そして今日は雇用統計かつジブリの日です。ジブリの日は円高アノマリーがあるので、まぁ反発してくれば売りたいところでしょう。

ちなみに、雇用統計の展望やトレード戦略については、いつものようにMONEY VOICEの方に寄稿させていただきました。数字が良くても悪くても、どちらにせよ理由をつけて株は売られる場面が出てくる可能性が高いですから、ドル円&クロス円はショート・戻り売りということになるでしょう。

関連記事:
【12月米雇用統計】米国のリセッション入りを懸念!結果に関係なく市場の警戒ゆるまず=ゆきママ(外部サイト:MONEY VOICE)

ただ、今日は雇用統計の他にパウエルFRB議長のインタビューがありますから、その辺もしっかり見ておく必要があります。これらを受けて一時的にせよ株価が大きく反発すれば、ドル円もクロス円も上値を伸ばす場面というのは出てきますからね。

今日の流れとしても、日経平均は昨日のNYダウの下げの割には底堅かったですからね。この背景には政府・日銀の緊急会合期待(結局、何もなかったけれども)や、中国の李克強首相が預金準備率の引き下げ(金融緩和)&減税政策を打ち出したことが挙げられます。

なんだかんだ、世界的な株安をどうにか食い止めようと小細工はしているので、一時的な反発は想定しつつトレードしていくことが重要にはなってきそうです。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

上記はドル円の5分足チャートとなります。下値を切り上げている感もありますが、108円台の攻略すら満足にできないことを踏まえれば、まだまだ上値は重いと考えることができるでしょう。

上値のポイントとしては、目先は108.00円や108.30円、108.70円などがポイントとなるでしょう。まずは、この辺りを目処に軽く売りポジを追加していく感じでしょうか。

109円台をあっさり回復して110.00円の大台の節目を目指すような動きになると、短期的には下値一服となる可能性がありますから、手堅いトレードをするのであれば、売りの手を緩めて状況を精査しながら様子を見るのがベターでしょう。とはいえ、個人的には110.00円を越えない限りは売り続けるつもりです。

下値も株価次第ではありますが、500〜600ドルを超えるようなダウの下げでもなければ、107円台では下げ渋りそうです。短期的には107円半ばがサポートゾーンですから、108円台に顔を出してきたらコツコツ売りで叩いて、107円台に差し込めば利食いといったトレードが短期的には良さそうです。

こんなところですかね。ユーロドルは1.140ドルラインを挟んでの相変わらずのレンジですし、トレード的にはこれまで通り、1.140ドルより上ではショート、1.140ドルより下ではロングといった感じでやっていくしかないのかなと。

まぁでも、今はクロス円の売り場を丁寧に探していじってるのが良いのかなと思います。まだまだ下値に警戒しなければならない相場ですし、クラッシュすれば美味しいですからね(*゚∀゚)=3 ウマー!

※トップ画像(Shutterstock.com)

コインチェックで電気代が最大7%もお得に!同時に仮想通貨の積立投資にもなります!

コインチェック

ビットコインが2ヵ月で2倍に急騰中!投資ブログで報告している通り、この相場で220万円プラスになりました完全無料のゆきママ投資ブログ

でも、仮想通貨投資ってちょっと怖い、そんな方はコインチェックでんきを利用するのがオススメです。

毎月の電気代の最大7%分のビットコインがもらえます。また、ビットコインで支払えば電気代が最大7%割引になるプランも!作業は口座開設後、申し込むだけなので簡単です。

毎月の電気代の一部がコツコツ積立られていくので、仮想通貨の手堅い投資法の1つかと思います。