【速報・ブレグジット】EU離脱案は大差の否決!ポンドドルが全戻しということは?【1月16日】

買いって言いましたよねえええええええ!押し目買いが良いって言いましたよねええええええええええ!!!まぁ想定していても、実践するのは難しいですね。流石にここまで大差の否決だと、ちょっと手が止まる。でも、予想通り初動売りからの大反発・・・狙いも1.26ドル台て・・・入ればよかったああああ!!!

関連記事:
【ポンド】本日採決!ブレグジットの今後と相場展望について解説【1月15日のトレード戦略】

というわけで、先ほど英議会で行われたEU離脱案の採決については、賛成202票・反対432票の圧倒的な差で反対が上回り、否決されました。相場の方は全戻し、ポンドドルを中心に大反発となっています。

ポンドドル(30分足)のチャート:外為どっとコム

1.26ドル台で買うだけの簡単なお仕事・・・分かってたのに・・・分かってたのにいいいい!!!まぁメイ首相が合意なき離脱は避けたいとしたことも影響したんでしょうかね。上記の関連記事にも書いたように、どちらかが譲歩して合意するだろうという読みがあるのかもしれません。

これもツイートしたんですけど、事前に売られ過ぎましたよね。分かってたんだよ本当に。。。そして、こうなると、もう合意なき離脱という見方が相当に強まるまでは、ポンドは売られにくいでしょうね。

最大野党の労働党が内閣不信任案決議を提出とのことですが、これはこれで否決される可能性が大、問題ないでしょう。逆に内閣不信任案が成立すると、解散総選挙からの合意なき離脱という流れもあり得るため、目先の不透明感からややポンドは売られやすくなるかもしれません。

これ以外だと、目先でポンドが極端に売られる展開は考えにくくなりましたね。ドル安もサポートとなっていますので、懸念レベルで1.27ドルのミドル、1.26ドル台に落ちてくればチャンスと捉えて押し目を狙っていきたいと思います。まずはファンドマネージャーの言っているように、1.25ドルレベルが下限になりやすそうです。

※トップ画像(Shutterstock.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です