左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

ECB

Tagged
【速報】日銀現状維持!ドラギ辞任!そして波乱のECB理事会へ…【7月21日】
日銀は予想通りの現状維持でしたね。政策に特段の変更はありませんでしたし、黒田日銀総裁も金融緩和を継続するとしました。従来通りの見解ではあるのですが、円安に関する質問に対し、「今の円安はドルの独歩高であり、金利を少し上げたら円安が止まるとは到底考えられない」と、利上げを完全否定したことですね。 やはり米国、FR...
【ドル高】異例の1.00%利上げの道開く!米小売次第で1ドル=140円の大台達成も?【7月15〜16日のトレード戦略】
連日24年ぶりの円安水準と騒がれていますが、以前の記事にも書いたように1ドル=360円時代より日本の円の価値は下がってますからねw iPhone30万円どころか40万円、50万円と日本人の平均月給を遥かに超えていくことも現実的ですので、一定レベルの対策はしておきましょう。 →【岸田インフレの背景】1ドル=36...
【1ドル=135円へ】円独歩安が止まらない!黒田日銀総裁はパンドラの箱を開いたか?【6月8〜9日のトレード戦略】
為替レートについては財務省の管轄ですから、別に黒田日銀総裁のせいではないんですけどね。とはいえ、先週の記事でも書いたように、今週の7日の参院財政金融委員会における黒田っちの発言というのを海外勢は一定レベル警戒していたんですよね。 しかしながら、週明けの講演で飛び出してきたのは「金融引き締めを行う状況にはまった...
【米国株/為替】ウクライナ危機継続!インフレとの戦いは…これからだ!!!【3月10〜11日のトレード戦略】
停戦交渉をすると言ったな…あれは嘘だ!欧州市場では、早速ロシアのラブロフ外相の発言が突き刺さる展開でスタート。まぁ仕方ないですね。そろそろキエフを包囲できそうだし、優勢になってきたら停戦する意味とかロシアには微塵もないわけで。俺たちのゼレンスキー…オワッタ…;; 🚨【悲報】🇷&...
【為替FX】円売りが確定的!ECBスタンスが180度変わったユーロ買いを狙う【2月8〜9日のトレード戦略】
為替は円売りが確定してきた感がありますね。まぁ世界的なインフレの流れに巻き込まれてはいますが、まだまだ日本の物価高などはマイルド。そして、相変わらず景気は欧米と比べても弱いということで、金融緩和、ゼロ金利政策など継続しそうな点が意識されているのでしょう。 それでも日本も値上げラッシュではありますけどね。これか...
【為替FX】FOMC・ECB・BOEを終えた相場展望とトレード戦略について【12月7日:ドル円/ユーロドル/ポンド/豪ドル】
米国株とかいうクソゲーに見切りをつけ、今後は為替中心にやっていきます!まぁ株は中長期見ての投資だし、為替とは投資方針が違うんで(震え声)。 で、余談ですが米国株の昨日の下げは、基本的にアドビ・ショックという認識で良いと思います。これでSaaS銘柄全部がぶん投げられて、さらにアップルが独自の無線チップを開発する...
【為替】FOMCでのドル高は確定的!しかしドル円・クロス円には株安・円高リスクがつきまとう【12月13〜14日のトレード戦略】
今週はFOMCをはじめ、ECB理事会、さらにBOEイベントも予定されています。まぁ日銀イベントもあるのですが、これは華麗にスルー。米欧英の金融政策イベントが注目されることになります。 まぁ言うまでもなく、一番の注目はFOMC(米連邦公開市場委員会)なんですけどね。FOMCについては、発表前日に詳しく解説記事を...
【9月9日】本日のECBイベント見通し解説!買い入れペース減で短期的なユーロ買いはあっても…【為替トレード戦略】
為替は今日の20:45に予定されているECB金融政策・声明発表次第ですね。まぁほぼほぼ現状維持になるでしょうが、今日はECBスタッフの経済見通しも発表されるため、その数字を見ながら次の展開を読んでいくというのがメインシナリオですね。 経済見通しが前回時点よりも強ければ、徐々にECB(欧州中央銀行)によるテーパ...
【欧州解説】ドイツの財政政策とECBの金融緩和でユーロ高!サプライズでドル安と株高も継続【6月5〜6日のトレード戦略】
欧州発で織り込まれてなかった材料がポンポン出てきて相場を押し上げましたね。昨日のECB(欧州中央銀行)イベントもそうですが、いきなり緩和方向に舵を切ってきた感じですね。この辺はドイツの態度が軟化していることも大きいのでしょう╭( ・ㅂ・)و̑ グッ! 要は欧州の経済状況が相当悪いということの裏返しでもあるん...
【セルインメイ】各国の経済再開スピード、金融政策などを眺めながら…【4月27日〜5月1日の相場展望】
正直、今週も分かりませぇん!まぁ市場のテーマとして、来週からの欧州のロックダウン(都市閉鎖)緩和や、今週は本日の日銀金融政策決定会合、28-29日のFOMC(米連邦公開市場委員会)、30日のECB(欧州中銀)理事会が予定されていますから、各国の金融政策や中央銀行の示す今後の見通しなどを眺めながら、ということに...