左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

市況概況まとめ

Category
【NVDA】エヌビディアが利益警告!ゲーミング部門が致命傷、今は買い時or売り時?【シリコンサイクル】
エヌビディアの決算見通しの大幅引き下げが話題に。株価は瞬間的には−10%近い下げとなったものの、その後は持ち直して−6.3%の−11.96ドルでフィニッシュ。まぁ私はエヌビディアとか125ドルから買ってるから別にね…地獄を見てきた塾生にとってこの程度の下げは別にね…(震え声)。 $NVDA: NVIDIA 2...
【米7月雇用統計】ドルも良い感じに調整したし、ハードルは低めなのでドル買い【8月5日】
今日の雇用統計については、基本的にはドル円なら押し目を狙って良いのかなと。ドルンデックス(主要通貨に対するドルの強さを指数化したもの)は、それなりに調整した状態ですし、ハイテク企業のレイオフ(一時解雇)や求人件数の急減などが指摘されており、ハードルとしては低そうなんですよね。 ドルインデックス(日足):Tra...
【1バレル=380ドルも】ロシア産に上限価格設定?原油相場の現状と今後の展望を解説まとめ【7月16日】
今日は質問のあった原油の話でもしていこうかと思います。コモデティ(商品)は難しい部分も多いので、初心者向けではありませんが、何かの参考にしていただければ。トレードするとなると岐阜暴威先生みたいになりかねませんので、ご注いただければと思います。 現状はリセッション懸念を意識して上値が重たくなっているなんだかんだ...
米6月雇用統計は良好な結果でリセッション懸念払拭!ただ、株価もドル円も伸び悩む…【7月8日】
注目の米雇用統計は非常に好調な数字。相変わらず米国の労働市場はタイトで、米国発のリセッション(景気後退)懸念が本格化するのは、まだ先といった印象ですね。もちろん、これによって米ドル高・円安のトレンドは継続でしょう。 ちなみに株価に関しては、リセッション懸念が払拭された一方、金利が上がったことでナスダックを中心...
【原油急落】しつこいインフレと利上げ、そしてリセッションのいつものテーマで株安【6月22日】
昨日から今日にかけてのNY市場はいい感じだったんですが、時間外のダウが下げてアジアもダメで欧州でトドメみたいな流れになっちゃいましたね。 背景はいろいろありますが、原油が急落したことが大きいんでしょうね。先週末からの流れではありますが、各国中銀の利上げによる景気引き締めというリセッション(景気後退)懸念が台頭...
【円安】大規模緩和継続の日銀イベントまとめ!為替相場の潮目が変わるタイミングは?【6月18日】
スイス中銀の大幅な利上げを受け、取り残された日銀もついに重い腰を上げるのでは…なんていう憶測が海外勢にはあったようですが、俺たちの黒田日銀総裁は空気を全く読まず、当然の如く現状維持でした! スイス中銀利上げから催促相場気味の円高だったわけですが、ちゃんと日銀の動向を見ていれば、ほぼ現状維持であることは当然予想...
FOMCの見どころと展望を解説!どう転んでも引き締め、ドル高、株は上がらない…【6月16日】
ECB(欧州中銀)の緊急理事会でドル円相場が大きく崩れました。そこまでユーロ高になっていないのに、あれだけ崩れるのはFOMC前のポジション調整ということもありそうですが、この程度でこんなに崩れちゃうとなかなか悩ましくなってきます。 で、ECBが緊急理事会をしたのは利上げということではなく、イタリアの債券暴落へ...
円安とインフレによる値上げラッシュは今後も継続!適切な資産形成を今すぐ始めたい【月1,000円からでもOK】
本日も黒田日銀総裁の円安容認発言、1ドル=130円、1ユーロ=140円と円安の流れは止まりません。さらに世界的な物価高により、特に輸入に頼っているエネルギー、ガソリンや光熱費、食料品の値上がりが止まらず、家計が相当苦しくなったという方も多いと思います。しかし、黒田っちは値上げ許容…;; 結論を言ってしまえば、...
【株中期展望】上がっていくタイミングは?雇用の悪化と9月利上げ休止が目先の焦点!【米5月雇用統計】
米5月雇用統計は強めの結果でしたね。もっとも中身を見ると悩ましさも残すわけで、一見して強い結果で金利高上昇、しかし景気に対する見通し不安も払拭されず、なんだか消化不良な感じがします。 【世界最速訂正】🇺🇸米5月雇用統計(21:30発表)・非農業部門雇用者数⭕&#x...
【2022Q1決算解説】米大手小売ウォルマート&ターゲットがインフレの波に飲まれて大暴落!絶望の不況確定へ…【5月19日】
インフレの闇堕ちから、いよいよ不況を織り込む流れになってきました。昨日は目新しい材料はなかったものの、米国株はフリーフォール状態でダウは−1,000ドル超の大暴落。背景にはウォルマート(WMT)、そしてターゲット(TGT)といった小売の決算があるように思います。 それでは、この2社の決算を解説しつつ、暴落の背...