左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

ドル円

Tagged
【為替】円売りは止まらない!引き続き各国金融政策スタンスと市場の織り込みに注目【10月20〜21日のトレード戦略】
為替は円売りが止まりません。ドル円なんかは、114.50〜115.00円がかなり重たくなってますけどね。他通貨の織り込みが進んでいることと、ちょっと調整的なドル安も入っているので、ドル円は上値が重めですが、クロス円は倍速で上昇! ドルインデックス(日足):TradingViewドルインデックス(主要通貨に対す...
【為替】円売り継続!エネルギー価格とインフレ・経済指標がポイント【10月18〜22日の週間相場展望】
週明けはややスピード調整で始まりましたが、それでもこれまでの上昇を踏まえれば、本当に軽微な調整下落に止まっており、なんだかんだドル円・クロス円の上昇、円売りは続きそうだという感想ですね。先週も調整あるかと思ったらほぼなかったので、そんなものなのかもしれません。 米金利2年/5年/10年債(日足):Tradin...
好決算を理由にダウ大幅高!為替は円売り継続でドル安でも小じっかり、クロス円も大幅上昇【10月15〜16日のトレード戦略】
昨日は株高&円売りという非常に分かりやすい値動き。もっとも、米長期金利(10年債利回り)が大幅に低下しても、米短期金利が高値圏にあるため、円売りそのものは継続で、ドルが多少安くなろうが関係ないですね。クロス円は倍速で上にぶっ飛ぶという流れになっています。 米金利2年/5年/10年債(日足):TradingVi...
【為替】ドル円は1週間で3円のスピード違反で上昇!一体何が起こっているの?【10月13〜14日のトレード戦略】
ドル円は約1週間で3円上昇し、2年10ヶ月ぶりの水準まで上昇しています。背景について質問が増えてきたので、簡単に解説していきたいと思います。まぁ基本的には日米金利差、米国の短期金利上昇が大きいのですが、豪ドル円といった通貨ペアでも豪ドルが主導して上昇したのも大きかったですね。 米金利2年/5年/10年債(日足...
【為替】雇用統計は戦略的中!弱い数字でもテーパー織り込みで今週もドル高継続か【10月11〜15日の週間展望】
非農業部門雇用者数が予想を大幅に下回りましたが、やはりドル高、米長期金利(10年債利回り)上昇によるドル円アゲアゲの流れは止まりませんでした。アライさん(@pawhara_arai)の実況は完璧でしたよねえええええ!!! 雇用統計(続き)・平均時給:⭕️→前月比+0.6%/前年比+...
【株高・ドル高】債務上限の一時引き上げ可決でリスクオン!雇用統計がテーパリングの最終試練に【10月8〜9日のトレード戦略】
共和党の11名の議員がフィリバスター(議事妨害)回避に賛成票を投じたことで、ギリギリで2/3の賛成を確保、無事上院では債務上限の一時的な引き上げが確定しました。10月12日に下院を再招集して可決で確定。まぁ下院は民主党が過半数持ってるのでゴリ押しでOK。これにより、一応12月3日までは持つそうです。まぁやりく...
【岸田ショック】バイデンの男気でダウ反発も日経平均8日続落!庶民の嫉妬が経済を破壊する?【10月6日のトレード戦略】
岸田ショックじゃないとか言ってたら、完全に岸田ショックでしたw 大変申し訳ございません。フィナンシャル・タイムズまで岸田ショック呼ばわりし始めましたからね。これはもう完全に岸田ショック! →Japan stocks suffer ‘Kishida shock’ as new leader suggests t...
日経7日続落、一時1,000円超下落!岸田ショック?いいえ、パウエルショックです【10月5日のトレード戦略】
金融所得課税見直しを表明した岸田ショック、などとも言われますが、まぁどちらかというとパウエルショックなのかなと思います。 というのも、クラリダFRB副議長が新型コロナウイルスへの政策措置を示す声明を発表する前日に、債券ファンドから株式ファンドに100〜500万ドルの資金移動したことが報じられていましたが、これ...
【投資の日→凍死の日】日経平均は高低差600円安超で6日続落!騰勢を一度失うと…【10月4日相場レビュー】
先物も下げ止まらず、日本株終了のお知らせ。週明けの東京市場は中国恒大集団の株式売買が停止されたとの報道が重しとなり、急落しました。もっとも、これは後に共に取引が停止された子会社の株式の51%を売却するとのこと。しかし、株価は戻らずで一部では早くも海外勢が新政権に失望しているとの声が上がっています。 まぁ良し悪...
【10月4〜8日の週間為替展望】ドルは米雇用統計次第、円は債務上限問題などリスク懸念を意識する展開
言うまでもなく今週は週末の米雇用統計が注目材料です。これがコケるようだと利上げはもちろんのこと、テーパリング(緩和縮小)の後ズレ観測にもつながってドルが売られる可能性もあるわけですからね。関連指標も含めて動向を見ておく必要があるでしょう。 もっとも、よほど悪い結果にならない限りは、ジリジリとした米ドル高の流れ...