FX

クロス円は悩ましい…引き続き米中貿易摩擦と英議会に注目【9月5日22:38】

ブログがイマイチ更新できてなくてつらたん。。。まぁ不動産の打ち合わせも落ち着いてきたので、明日からはもう少し書けそうです。書けないストレス、リプライ返信できないストレスなどもヤバヤバ。ビットコイン記事も書かないとおおお!こうして普通の主婦は覚醒剤に手を出してしまうのでしょう(´;ω;`)ウッ…

てなわけで、とりあえず手短にまとめ。予想通り今日の東京時間帯、日本株は下落の流れ。上海株が下がってアジア株が全体的に軟調なのは買い叩きの意図を感じる。しばらくは、下げ下げで中間選挙後に爆上げして年末のご祝儀、年明け暴落・・・なんてことを連想。

為替の方は、リスクオフ(回避)になると相変わらずドルが買われる傾向があるので、ドル円は極小レンジでの動き。一方でユーロ円に目を向けると、1円幅の激しい動きとなっています。今日シストレ記事を書いたからってわけじゃないけど、ループ系シストレはかなり美味しい値動き。

【入門編】話題のトラリピを初心者向けに解説!気になる評判&口コミは?

ででで、材料的には新NAFTA合意をめぐるカナダの動向などが注目されていますが、どう考えても米中貿易摩擦問題、ブレグジットをめぐる英議会の方がバリューとしては大きいので、あまり引きずられない方が良いと考えてます。

って書いてたら「英独がEU離脱に関する主要な要求を取り下げる」ということで、合意期待からユーロ高。まじかよw まぁ二転三転あるので、過度に信じないように。

なので、トレード的には引き続きユーロドルを上下両方から押し目買い・戻り売りで攻めたいですね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは再度1.16ドル台へ。今週の記事でも書いたように、1.155ドル辺りは軽く買いたいところ。今日も1.154ドルまで差し込んでおり、21日移動平均線(1.15459ドル)が引き続き機能しています。楽勝楽勝(フラグ)

上は89日移動平均線(1.16672ドル)が壁となりそうなので、1.165ドルぐらいから軽く売って、1.17ドル台前半で追加、損切りは1.180ドルの節目越えのイメージ。目先のリスク材料も踏まえれば売りからの方が安定しそうなので、利食いは50〜100pipsぐらいを大胆に狙いたい。

ただし、今のユーロの上げ材料がブレグジットネタだけに、慎重にトレードした方は良いかもしれませんね。中身次第では一気にぶち抜きパターンもあり得るので。

完全に合意が見える材料なのか、それともいくつかあるポイントのうちの一つで妥協したに過ぎず、まだまだ合意は遠いのか、その辺の見極めですね。

\トラリピ一緒に頑張りましょ!Σd(-`ω´-〃)/