左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

FOMC

Tagged
【6月14〜18日の週間相場展望】FOMCと米小売に注目!一時的な株安・ドル高には警戒だが全戻し想定?
いよいよ今週はFOMC(米連邦公開市場委員会)ということで、その結果次第ということになるでしょうね。まぁ市場のメインシナリオは政策、声明ともに変更なしでしょうが、場合によってはワンパンで観測気球ぶち上げて、その後の打ち消...
【買い増しOK】未明のFOMCではハト派姿勢が鮮明に!利上げ観測後退で株高・ドル安へ【3月18〜19日のトレード戦略】
もうこれは突撃していくしかないでしょうね。未明のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、予想に反してゼロ金利政策の継続が示唆されました。 ✅FOMC結果注目のドットチャートは、2023年の利上げ派は7人と控え...
【3月17〜18日のトレード戦略】荒れるのは必然か?未明のFOMCの見所・展望解説まとめ!
昨日は8日ぶりにダウが反落。FOMCを前に利益確定と、あとは寒波の影響を受けて弱めだった2月の米小売売上高を意識した格好でしょうかね。自動車、外食、家具、スポーツ用品などの項目の落ち込みが目立ちました。 これを受けて金利...
【3月15〜19日の相場展望】今週はFOMCに注目!金利次第では暴落も?為替はドル高でもドル安でも円売り継続で…
最大の焦点がFOMC(米連邦公開市場委員会)であるということは、もはや言うまでもないでしょう。今日から夏時間で22:30から米国市場はオープンしましたが、イベントを控えてかほとんど横ばいですね。 米長期金利(日足):Tr...
【FOMC展望解説】ロビンフッダーで大荒れか?余計なことはしない!【1月27〜28日の株トレード戦略】
昨日のNY市場は反発スタートとなったものの、結局は利益確定売りに押されて主要3指数ともにほぼ横ばいの超小幅安で終えています。んで、ドイツの2月消費者信頼感指数が大きく予想を下回ったことで欧州株主導で今日はダウ先も下落、こ...
未明のFOMCはやや期待外れも9,000億ドル規模の追加経済対策で株価は堅調【12月17日】
市場の織り込みがキツかったので一時はどうなることかと思いましたけどね。一時は株安・ドル高に触れるも、結局はどちらもほぼ元通りですからね。背景はいろいろありますが、タカ派的という最悪のパターンは避けたことと、9,000億ド...
【12月16〜17日のトレード戦略】市場も世間もワクチン楽観主義!未明のFOMCの注目ポイントとは?【展望解説まとめ】
先ほど発表された欧州のPMI(購買担当者景気指数)は、なかなか衝撃的な強さでしたね。サービス業の回復は相変わらず鈍いですが、製造業はかなり堅調です。まぁそれだけ中国の景気回復、事実上コロナが消え去って100%以上の状態で...
【12月15〜16日の株と為替のトレード戦略】FOMCの緩和強化とコロナ支援法案成立への期待で底堅い展開!まずは下がれば買いで…
NY州がフル・ロックダウンに入る可能性があるとのことで、昨日のダウは−184.82ドル安の29,861.55ドルで引けました。まぁそこまで下がってはいませんが、週明け序盤はリスクオン(選好)で300ドル近く上げていたので...
【激リバを狙え】大統領選挙へ向け株式市場は阿鼻叫喚!だからこその買い場!?【11月2〜6日の週間株価展望】
いよいよ11月3日は米国の大統領選挙の投開票日となります。開票作業が順調、どちらかが接戦州でしっかり勝ちをおさめるのであれば、日本時間11月4日午後にも大勢が判明する見通しとなっています( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェ...
【安定のパウS株安】未明のFOMCイベントまとめ!今後は株安・ドル高に注意か…【9月17日】
序盤というか、声明と経済・金融政策の見通しの発表は好感されて株高だったのですが、パウエルFRB議長の記者会見が進むにつれて、株価は下がり、ドルはやや買われという流れに・・・パウエルShine!(輝け) まぁかなり織り込み...