【おはぎゃあ】植田日銀総裁のマイナス金利解除報道で円高・株安!今後の相場への影響は?【9月11〜12日のトレード戦略】

【おはぎゃあ】植田日銀総裁のマイナス金利解除報道で円高・株安!今後の相場への影響は?【9月11〜12日のトレード戦略】
9月9日早朝の読売新聞の報道により、週明けのドル円相場は最大2円幅近い調整下落でスタートしました。一応、NY時間帯には伝わっていたので影響は軽微と考えていましたが、思っていた以上に大きな値動きとなったな、という感想です。

マイナス金利解除「物価上昇に確信持てれば選択肢」…植田日銀総裁インタビュー(外部サイト:読売新聞オンライン)

植田日銀総裁はマイナス金利解除に言及し、年末までにデータがそろう可能性はゼロではないとし、最短で年末という可能性を示唆しました。もっとも、じゃあ実際に年末にマイナス金利解除が行われるかと言えば、その可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

なぜなら、日銀のフォワードガイダンス(政策変更の見通し・変更条件)には、賃金の上昇も含まれており、来年の春闘の結果を見ないことには正当化しにくいという背景があります。

では、なぜこのタイミングでこのような発言をしたかというと、(1)円安けん制の政権サイドからの要求、(2)アドバルーンによって市場の反応を見極め、この2点が考えられます。(1)は言わずもがなで、原油高と円安のダブルパンチでガソリン価格が高騰し政権批判が殺到していますから、この円安に対するけん制的な意味合いがあったのかなと。

(2)については、あえてこのようなサプライズ発言をすることで、市場の反応を見極めながら、いずれかのタイミングで実施したいということでしょう。

そもそもマイナス金利の導入は、リーマンショックで世界的な金利引き下げと量的緩和による影響の緩和、通貨安(円安)による株高を狙ったことによるものでした。あとは国民に対しても、貯蓄しても金利は付かないので、消費を促進する意味合いもありました。まぁいずれも失敗に終わったわけですが。

それどころか、逆に金利全般を低く抑えすぎることで基金の運用が難しくなったり、銀行も低金利での貸し出しを迫られるため利益を出しづらいなど、副作用の方が大きくなっていますからね。

なので、世界的に金利が上昇する環境下の中で、日本も許されるならそろそろ副作用の方が目立つようになったマイナス金利は止めたいと言うことでしょう。

ただし、これが金融引き締めにつながっていく、金利の引き上げになっていくかと言えば、それはNOでしょう。なぜかというと、日本のインフレはすでにほぼほぼ終わっているからですね。インフレではないので利上げの必要はなく、利上げという金融引き締めを行うと逆に不景気になりかねないわけで、やはりあくまでも正常化の一環であって引き締めではないという話に落ち着くかと思います。

したがって、目先は円高や株安で反応しているものの、一巡すれば落ち着く可能性が高いかなと。今後はマイナス金利解除のハードルの高さが意識されていくことになると思います。

為替:米金利が下がりにくい状況は変わらず!ドル円は押し目狙い

為替は円高で反応しましたが、結局、目先は金利差ですからね。今日は日本の長期金利(10年債)利回りが0.7%台まで上昇したにも関わらず、日銀は国債買い入れ(買いオペ)を行わずで円高が進行する場面もありましたが、また明日も上昇するようであれば買いオペを実施することになるでしょう。そうなれば、やはり緩和的との見方から円安になりやすいかなと。

米2年債/5年債/10年債利回り(日足)

あとは、今週も米企業の起債ラッシュで需給的に米金利は底堅く下がりにくいですから、とりあえず13日の米8月消費者物価指数、14日の米8月小売売上高の発表前までは米金利高による米ドル高は続きやすいのかなと思います。あとは経済指標の数字次第ですね。

ドル円(日足)

米指標が強ければ一段とドル高パターンなので、まずは押し目買い方針で良いと思います。流石に145.50円レベルをあっさり割り込んでくるなら撤退でしょうが、今の水準なら軽く買いつつ、146.00円前後で追加するイメージです。

上値は147.00円前後が重たくなっていますので、まずはここを抜けられるかどうかでしょう。抜けられれば147.50円ぐらいまでは戻しやすいので、そこで利食いできればと思います。


今日も完全先出し実況!ざら場のトレードはゼルイさん(@araisanfx)で実況していますので、ぜひフォローよろしくお願いします。トレード実況専用のアカウントとなります。

まぁ為替はドル円ぐらいしかトレードできそうなものがないですね。米経済指標が下振れてドル安だと、ドル円の下げでクロス円も全部下げそうですし。ドルストもドル高がボチボチ限界には近いので、今の流れについていくというよりは、どこでポンドかユーロを拾えるかという話かと思います。

株:押し目のチャンスという認識は変わらず!強気で握り続けたい

今日はマイナス金利解除ネタで日経平均が大きく下げましたが、冒頭で解説したように金融引き締めではありませんから、徐々に回復していくことになるでしょう。株価に対して強気な見解は変わりません。

日経平均株価CFD・日経225(日足)

十分買える水準かと思います。新規勢にとってはチャンスでしかないので、今の水準で4割ぐらい買って、32,000円前後で追加すれば良いでしょう。下値は最悪で31,000〜31,600円を見ておけば問題ないように思います。

ナスダック100指数CFD(日足)

米国にとって9.11は特別な日ですから、今日は株価が非常に上がりやすい1日です。今週も起債ラッシュで金利が下がりにくく上値が抑制される展開が予想されますが、13日の米CPIが下振れれば一段高となってもおかしくないので、やはり新規の人も3割ぐらいは買っておきたい。下がるパターンなら、15,000〜15,200ポイントで追加。底は14,600ポイントで変わらずです。

最後になりますが、FXからCFDまでトレードできる会社で、それぞれ1Lot取引するだけで4,000円ずつ、合計8,000円もらえる超絶お得なキャンペーンをやってますので、ぜひぜひ活用していただければ。リアルアライさんが今後も生きていけるかどうかは皆様にかかっています!口座をお持ちでない方はこの機会に↓

【PR】10月からステマ規制開始!このブログは宣伝とアフィリエイトにまみれてます

ステマ規制で広告と分かるように記載しろとか、お上から意味不明なことを言われてます!過去の記事も全て直せと。人の心とかないんか?当ブログはステルスマーケティングなど一切せず、常にアフィ魂丸出しのダイマ(ダイレクトマーケティング)でやってます!9月も超絶お得なキャンペーンを実施中です。インフレに苦しむリアルアライさんの生活のためにも、ぜひともよろしくお願いします。みんなも現金キャッシュバックがもらえてWIN-WIN!

【宣伝】トレアイ参戦でもお馴染みのGMOクリック証券【FXネオ】で、タイアップ限定キャンペーンとして1万通貨取引で4,000円がもらえますので、ぜひこの機会に!

ちなみにGMOはCFDでもミニ単位、ナスダック100miniなら最小単位だと現在22,000円前後の証拠金からトレードできますので、S&P500など小資金でトレードしたい人にもオススメです↓

▼最短5分で申込完了!もちろん口座開設は0円、維持手数料も無料です▼
GMOクリック証券で最大304,000円ゲット!

【広告】それから、アラママがFXのトレードに使っているDMM.com証券では、日本225(日経平均連動型CFD)や米国NYダウ30(ダウ先物連動型CFD)、米国ナスダック100(ナスダック100先物連動型CFD)、米国S&P500(S&P500先物連動型CFD)がトレードできます。FX口座を持っていればCFD口座の追加は簡潔で、ログインするだけで追加完了しますので、ぜひこの機会に!
【DMM FX】申込
さらに1回取引するだけで4,000円と私の書いたFX&CFDの攻略レポートももらえますので、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!なんとCFD攻略レポートももらえるんですって!日経CFDが話題になる中でめっちゃちょうど良い神キャンペーンじゃないですか、ビックリですね(アフィッアフィッ↓)

▼最短約5分で入力完了!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
DMM FXで4,000円とゆきママ特製FX&CFDレポートをGET!

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK